ピクシブ百科事典

ガッツイーグル

がっついーぐる

ガッツイーグルとは、ウルトラマンダイナに登場する戦闘機。
目次[非表示]

スペック

全長24m
全幅24m
最高速度マッハ6(大気圏内)、マッハ50(宇宙空間)
乗員8名(α号2名、β号4名、γ号2名)

概要

特捜チームスーパーGUTSが保有する多目的大型戦闘機。
α号、β号、γ号の3機の小型戦闘機で構成されており、汎用性・信頼性の高さから偵察、哨戒、輸送、攻撃と数多くの目撃に使用される。
ガッツウイングに変わる次世代GUTSの主力機として2013年から開発され、2015年にロールアウト。TPC総合作戦本部でスーパーGUTS基地「グランドーム」に配備されているほか、クリオモス島と言った数多くの施設にも配備されている。
宇宙進出を果たした人類を襲う脅威に対抗するために3機全てにネオマキシマエンジンが搭載されているため、宇宙では光速を超える速度を出すことができる他僅か1日で太陽系の外に出ることまでできる。

最大の特徴はガッツウイングEX-Jのデータを基に改良を加えた前述した3機の小型戦闘機に分離する事が出来る点であり、戦闘中の高速分離、合体を可能にしたほか戦闘中のフォーメーション攻撃、被弾した部分を分離してのダメージ軽減、高速分離する事での攻撃回避を実現させた。

主な武装はアートデッセイ号の主砲デラック砲以上のパワーを持つトルネードサンダーや、ジオモスとの戦いの時に使用された反マキシマエネルギー。またペイロードの高さを生かしたオプション装備、大型施設輸送が可能。

先端に合体するα号の代わりにコネリー07との合体も可能で、ガッツディグやガッツマリンとの連結輸送もできる。

モデルはウルトラホーク1号

各機体紹介

ガッツイーグルα

ガッツイーグルα号


全長13m
全幅8m
最高速度マッハ7
乗員2名
ガッツイーグルの先端部分を構成する高速偵察機。イーグルジェットとも呼ばれている。
武器はレーザー熱線砲「ジーグ」のみだが、ガッツウイング1号同様下部ハッチにMk-1ミサイルやビーム砲といったオプションを装備する事が可能。
アスカ・シンがよく搭乗するため撃墜率が非常に高く、カリヤやコウダ、リョウが乗っても撃墜される確率は変わらず。ウルトラマンサーガでもタイガ・ノゾムの機体がバット星人の小型円盤から子供を守る為ぶつかった事で破壊されてしまった。
またガッツイーグルに合体してもピンポイントで破壊される等散々な目に合う事が多い。
そのためか当時発売されていた玩具には、スイッチを押すことでスプリング機能でコックピットブロックが飛び出るというギミックが付いていた。

ダイナ本編から15年後の『ウルトラマンサーガ』ではカナード翼が展開できる火星型がスーパーGUTSマーズに配備されている。

ガッツイーグルβ

全長6m
全幅24m
最高速度マッハ5.5
乗員4名

ガッツイーグルの中央部、主翼部分を構成する作戦司令機兼爆撃機。イーグルウイングとも呼ばれている。
指令機であるため、ヒビキやコウダ、ナカジマが乗ることが多い。
両翼に熱線「ボルキャノン」と爆雷を装備する。

ガッツイーグルγ

全長13m
全幅10m
最高速度マッハ6.5
乗員2名

ガッツイーグルの後部を構成する重武装戦闘哨戒機。イーグルガイとも呼ばれている。
機体の半分以上を占める砲身部分にレーザー熱線砲、ホーミングミサイル、冷凍ミサイル、アンチプラズマ弾、大型ビーム砲「ガイナー」を装備する。

αスペリオル

全長14m
全幅9m
最高速度マッハ11
乗員2名

α号の後継機。市街地戦での戦闘を想定し、命中精度や機関出力を中心に強化されている。
武器はα号のジーグを改良したネオジーグ、大型ネオデキサス砲スパークボンバー。
訓練学校ZEROでアスカのライバルだったフドウ・タケルがテストパイロットに選ばれたが、機体のトラブルが原因で殉職した。
後半からアスカがよく乗ったほか、旧GUTSのシンジョウが乗ったこともある。
ダイナ最終回で時空の歪みの中に消えたダイナと共にアスカがそれまで乗っていた機体も巻き込まれてロストしていたが、『ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA』では久々に再登場した。

古代に蘇る巨人』では量産化が進んでおり、ネオスーパーGUTSの訓練機として使われマドカ・ツバサが搭乗した。

モデルはジェットビートル

関連タグ

スーパーGUTS

pixivに投稿された作品 pixivで「ガッツイーグル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401

コメント