ピクシブ百科事典

ガッツウイングEX-J

がっつういんぐえくすとらじぇっと

ガッツウイングEX-Jとは、ウルトラマンティガに登場する戦闘機。
目次[非表示]

スペック

  • 全長:30m
  • 最高速度:マッハ7(合体時)、マッハ5.3(α号)、マッハ5.8(β号)
  • 乗員:6名(α号4名、β号2名)


概要

ガッツウイング2号をベースにしたα号と新しく開発された小型戦闘機β号が合体して完成する汎用中型攻撃機。
ガッツウイング2号のデキサスビームでも破壊できないイルドの塔を破壊するため、初めて実戦に投入された。

α号にはハイパーレールガンがオミットされた代わりに機首部分に小型戦闘機β号と合体する機能が新しく追加され、この分離合体の機能を生かした「ウイングオーバーアタック」等の連携攻撃を駆使し、怪獣や宇宙人と戦う。
α号の武装は主翼先端に追加装備されたビーム砲から発射するハイパーブラスターとハイパーコールドビーム、ハイパーレールガンの代わりに装備した火炎放射器。β号はレーザー砲とハイパーメルトガン。
これまでと同じく各車両を搭載する格納庫もあるが、ハイパーレールガンが無くなった為若干広くなっている。

問題点として空中での再合体はプログラムこそできるものの実戦投入できるレベルには未だ達しておらず、本来搭載する予定だったハイパーレールガンが配備されず火力も落ちてしまった。
それでもハイパーコールドビームとハイパーメルトガンを合わせることで、デキサスビームの通用しなかったイルドの塔の破壊には成功した。

この空中での合体という問題点は、ネオフロンティア時代においてガッツイーグルが解決する事となった。

イーヴィルティガとの戦闘で落とされた他、48話ではTPC高官に化けたメンジュラに乗っ取られてしまい、そのままウルトラマンティガの攻撃で破壊されている。
最終決戦では、唯一残った機体としてイルマ隊長がβ号に乗りゾイガーと戦い、α号は作戦のサポートに回った。

ネオフロンティア時代では量産化が進み、新たにネオマキシマエンジンが搭載され世界中に配備されている。
またウルトラマンダイナ第36話では西アジアに配属されていたムナカタ元副隊長が搭乗し、スーパーGUTS、シンジョウとホリイのガッツウイング1号と連携してネオジオモスを倒した。

関連タグ

GUTS
ガッツウイング1号 ガッツウイング2号
ガッツイーグル

コメント