ピクシブ百科事典

ネオジオモス

ねおじおもす

ネオジオモスとは、ウルトラマンダイナに登場するスフィア合成獣の一体である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:68m
  • 体重:7万9千t
  • 別名:超宇宙合成獣
  • 出身地:大阪城公園付近ビジネスパーク

概要

第36話「滅びの微笑(後編)」に登場。
地底に逃走したジオモスの本体がTPCの攻撃にあったときにから脱皮し進化した形態。
ジオモスとの違いは直立姿勢の完全な二足歩行形態となり、に亜空間バリヤー発生器官という発光体が付き、顔の両側にはが、背中には無数のが生え長い尻尾もついている。

その目的はネオ・フロンティア計画の一環である太陽系の各惑星に人工衛星を設置し、巨大な宇宙ネットワークを構成するという「コスモネット計画」の妨害であり、TPCと共に計画を進める民間企業「WPI」を狙う。
武器はジオモス同様の破壊電磁波に加え、更に頑強になった亜空間バリヤー、長い尻尾を駆使した巻き付け攻撃と尻尾の先端から発射する電流、額から発射する赤色破壊光弾とさらに豊富になっており、怪力だけでなく知能も非常に高い。
総合的な強さを見ても、ダイナ本編に登場する怪獣の中でもトップクラスに入る。

殻を囮にして地底に逃げた後大阪城公園に出現し、ビジネスパークに迫る。強力な亜空間バリヤーで以前ジオモスの亜空間バリヤーを破った反マキシマエネルギーやウルトラマンダイナのフラッシュサイクラーを防ぎ、ソルジェント光線を受けても倒れないほどの強さを見せつけた。

だが、援軍として駆けつけたGUTSのムナカタ元副隊長が搭乗するガッツウイングEX-Jがさらに強力な反マキシマエネルギーを照射したことによって亜空間バリヤーを破られ、電磁波まで封じられてしまう。
その後はバリヤー発生器官と額の光弾発射口を壊され、ストロングタイプタイプチェンジしたダイナによって尻尾を引きちぎられ、ボロボロの状態になった所にさらにバウンスシューターとストロングエルボーの連続攻撃を受けて倒れる。
そしてウルトラリフターでベイエリア上空に運び込まれ、旧GUTSとスーパーGUTSの反マキシマエネルギーとガルネイトボンバー・シューティングバージョンを受け爆死した。

余談

着ぐるみの頭部はデキサドル、胴体はデマゴーグの改造。

この回は阪神淡路大震災の復興応援企画でもあり、神戸でもロケが行われた。『ダイナ』の劇中設定は2017年であるため、震災から22年ですっかり復興した旨のセリフがある。また、震災の被災者に配慮して建物が破壊されるシーンは描かれていない。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 スフィア合成獣 ジオモス
ゴモラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオジオモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 991

コメント