ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

レイキュバス


別名宇宙海獣
英表記 Space Sea Monster REICUBAS
身長65m
体重7万2000t
出現地南極

概要

第25・26話「移動要塞(クラーコフ)浮上せず!(前編・後編)」に登場。

宇宙海獣  レイキュバス


謎の宇宙生物スヒュームによって操られる水棲の宇宙怪獣
エビカニを合成したような外見で、前脚はシオマネキのような左右非対称の大きさのハサミになっている。計六本の脚を持つが、歩行に使うのは逞しく発達した後ろ脚のみで、中脚は細く自重を支えるのに向かないため、ほとんど動かさない。

高熱と冷気の両方の特性を持ち、目が赤く光った時は火球を、目が青く光った時は冷却ガスを口から放つ。火球は成層圏の標的を地表から狙撃できるほどの射程を持ち、ガスはダイナを一瞬で氷漬けにするほど強力。
甲殻類だけに防御力も折り紙付きで、GUTSイーグルの爆撃はおろかダイナの攻撃すら寄せ付けない。

行動記録

海面上昇によって地球を水没惑星に変えるというスヒュームの企てに則り、南極の海水温度を上昇させて氷を溶かす工作を行っていた。

スヒュームに制御システムを乗っ取られ、海底に沈んでしまったクラーコフの内部でディゴンの群れに襲われながらも変身し、クラーコフを引き揚げるべく艦外に躍り出たアスカ=ダイナを奇襲し、戦場を地上へ移すと、格闘戦の末に隠し球の冷却ガスで氷漬けにして戦闘不能にしてしまう。
しかし、駆けつけたイーグルβを撃墜すべく吐いた火炎弾が外れ、凍結したダイナに誤爆したことで氷が解け、復活を許してしまう

二度目の対決では、ダイナから猛反撃を受けるも、既にダイナのエネルギーが底を突いていたため優位に立ち、再び氷漬けにしようとするが、間一髪で銀色の超能力使いの姿に変身して宇宙へ飛び、残り少ないエネルギーを光弾にして人工太陽試験機「NSPカンパネラ」にぶつけ、増幅したエネルギーを受け取って回復したことで形勢は逆転。
大気圏外からのミラクルロケットアタックの一撃で大ダメージを受け、最後はレボリウムウェーブで発生したブラックホールに飲み込まれて消滅した。

以降の作品での扱い

劇中で初めてダイナを追い詰めた強敵であり、シリーズ内でも貴重な甲殻類系の強豪怪獣という個性の強さと登場エピソードの評価の高さもあり『ダイナ』登場怪獣の中でも知名度及び人気は高い。純粋敵であり話的にも単発でも扱いやすい為か列伝シリーズでもダイナ特集で度々再放送再編集版が扱われており、それに連動してソフビが何度も発売されるなど、宿敵のスフィアを差し置いてダイナの代表怪獣扱いされる事が多くゴルザガンQと共に平成怪獣の顔としてのポディションを確立している。

但しゲーム出演を除けばレイキュバス単体としての再登場は未だになく、もっぱらファイブキングのパーツとしての出番であり怪獣単体としての出番は恵まれていない。この為かメルバコッヴと共に再登場を希望するファンは多い。

ファイティングエボリューション3』

プレイヤーキャラクターとして参戦。
ウルトラ戦士を一度下した強豪とはいえ、再登場の機会に恵まれなかったレイキュバスだが、本作への参戦でポリゴンが作成され、後に大怪獣バトルシリーズなどデータカードダスにも参戦。映像作品以外での活躍の場が増えている。いつか再びお茶の間に姿を見せる時が来るのを期待したいものである。

大怪獣バトル

AC版の無印1弾からプレイアブルとして実装されている、最古参キャラの一体。
アタックは1000~1200、ディフェンスは900~1100、スピードは500~700、パワー(HP)は900~1100と、スピード以外は最大で1000を上回る高い数値が割り振られ、スピードバトルで遅れを取ってもアタックバトルで勝ちの目を充分に見出だせるステータス配分になっており、攻守共に優れたキャラと言える。しかし最上位カードはレア止まりで、スーパーレア以上のカードは一枚も登場していない。
巨大なハサミで殴りつける「ハサミでの一撃」、火球を連射する「火炎弾連打」、そしてウルトラ戦士をも凍てつかす「冷却ガス」が必殺技に設定されており、特に冷却ガスはグローザムの実装まで冷気属性最強の座をほしいままにしていた。

大怪獣バトルウルトラコロシアム

主人公が多々良島で休暇を楽しんでいる最中にバルタン星人(RB)に召喚され、勝負を挑んできた。
姿はこれまでの個体と全く変わりないが、バルタン星人によって超改造がなされており、通常よりも素早い。
主人公に倒されると、バルタン星人に捨てられてしまった。

ウルトラアドベンチャー

大阪に出現したブルトン並行宇宙から呼び寄せた怪獣の一体として登場。ジェロニモン超コッヴと共にイオの召喚したゴモラを圧倒するも、ゴモラの地中戦法に惑わされて超コッヴと同士討ちしてしまった。

ウルトラマンギンガS

スパークドールズとして登場。
チブル星人エクセラーが連続モンスライブし、ファイブキングの右腕を構成する怪獣となった。
また、「DXビクトリーランサー」でこれとファイヤーゴルザメルバガンQ超コッヴの5体のスパークドールズを立て続けにリードさせてトリガーを引くと…

ウルトラマンZ

第8話「神秘の力」にて、レイキュバスの体組織が含まれた鉱石が登場。
ある大富豪がガンQの体組織入りの石と共に持っていたのだが、ピット星人に奪取され、それがセレブロの手に渡り、レイキュバスの怪獣メダルの材料に使われる。

ウルトラ怪獣擬人化計画

電撃版

円谷プロ公認の擬人化企画でもまさかのラインナップ。


顔を模した被り物やハサミなど、基本パーツはある程度抑えられているものの、どういうわけか幼い少女のような姿になっており、ハサミにもちょこんとリボンがつけられているなど大変可愛らしい容姿になっている。
デザインを担当した娘太丸氏によると、テンションが高いと体の色が明るく、眼も赤くなり、逆にテンションが低いと体の色がくすんで目も青くなってしまうという解釈らしい。原典同様、冷気と火炎の両方の力を使えるかは不明。

アニメ版

本編には未登場であったが、劇場版『怪獣娘(黒)』に登場。
ペギラライブキングハネジローと共に、GIRLS本部に潜入してきたブラック指令にじゃれついており、髪をハサミで鋏んでいた。

feat.POPComiccode

第53話でモブキャラとして登場。怪獣墓場学園の生徒の1人。
学園の校長が主催した怪獣デュエルの様子を見物していた。

ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ

☆1レアのキャラとして最初期より実装されていた最古参キャラの一体。
火傷と凍結の能力を併せ持ち、更に育てやすいため多くのプレイヤーに重宝されている。

余談

脚本での名称は「ブルーザ」。
デザインはエビとカニのほか、背中の広がった甲羅は貝殻をイメージしている。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣
  甲殻類

円盤生物ブリザード:冷気と熱を操る円盤生物
バルゴン:主役を氷漬けにした他社怪獣
モンスアーガー:こちらもゲームに出演して知名度を上げた怪獣。こちらもディフェンスに定評がある。

グソクムシャ:同じく甲殻類をモチーフにした強豪。

関連記事

親記事

スヒューム すひゅーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイキュバス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイキュバス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95311

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました