ピクシブ百科事典

レイキュバス

れいきゅばす

レイキュバスとは、『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長65m
体重7万2千t
別名宇宙海獣
出身地南極

概要

第25話「移動要塞(クラーコフ)浮上せず!(前編)」
第26話「移動要塞(クラーコフ)浮上せず!(後編)」に登場。
水棲生命体スヒュームによって操られている宇宙怪獣・・・ならぬ宇宙海獣
外見は海老のような甲殻類を思わせ、左右非対称の鋏が特徴的。

宇宙海獣  レイキュバス
レイキュバス


高熱と冷気の両特性を持ち、目が赤く光ったときは成層圏に向けて発信したレッドパッション隊を狙撃することができるほどの長距離攻撃が可能な火炎弾を、目が青く光ったときはウルトラマンダイナすら一瞬で氷漬けにする冷却ガスを放つ。
また、本編や『新ウルトラマン列伝』でチブル星人エクセラーの指摘から、ダイナの攻撃にもビクともしない程の防御力も兼ね備えている事が分かる。

南極の海水温度を上昇させてを溶かし、駆けつけたダイナを冷却ガスで氷漬けにして一度は戦闘不能に追い込んだ。
しかし、駆けつけたガッツイーグルβを撃墜しようと発射した火炎弾が外れたことで氷が解け、ダイナを復活させてしまう
2度目の対決では、ダイナから猛反撃を受けるも、既にダイナのエネルギーが底をつきかけていたため再び追い込んだが、ミラクルタイプ変身したダイナが人工太陽試験機NSPカンパネラのエネルギーを受けたことでダイナがリフレッシュしたことで形勢が逆転、ミラクルロケットアタックでダメージを受け、最後はレボリウムウェーブ・アタックバージョンを浴び、発生したブラックホールに飲み込まれて敗北した。

その後の登場

大怪獣バトル

ゲームでは第1弾からプレイヤーキャラクターとして参戦している。
漫画大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』では、大阪に出現したブルトン並行宇宙から召喚した怪獣の一体として登場。ジェロニモン超コッヴと共に主人公・御蔵イオの召喚したゴモラ圧倒するも、ゴモラの地中戦法に惑わされて超コッヴと同士討ちしてしまった。

ウルトラマンギンガS

スパークドールズとして登場。
チブル星人エクセラーが連続モンスライブし、ファイブキングの右腕を構成する怪獣となった。
また、「DXビクトリーランサー」でこれとファイヤーゴルザメルバガンQ超コッヴの5体のスパークドールズを立て続けにリードさせて、トリガーを引くと・・・

ウルトラ怪獣擬人化計画

電撃版

円谷プロ公認(!)の擬人化企画でもまさかのラインナップ。

怪獣じゃない、海獣だ。


顔を模した被り物やハサミなど、基本パーツはある程度抑えられているものの、どういうわけか幼い少女のような姿になっており、ハサミにもちょこんとリボンがつけられているなど大変可愛らしい容姿になっている。
デザインを担当した娘太丸氏によると、テンションが高いと体の色が明るく、眼も赤くなり、逆にテンションが低いと体の色がくすんで目も青くなってしまうという解釈らしい。原典同様、冷気と火炎の両方の力を使えるかは不明。

アニメ版

本編には未登場であったが、劇場版『怪獣娘(黒)』に登場。
ペギラライブキングハネジローと共に、GIRLS本部に潜入してきたブラック指令を4人がかりで取り押さえようとしていた。

feat.POPComiccode

第53話でモブキャラとして登場。怪獣墓場学園の生徒の1人。
学園の校長が主催した怪獣デュエルの様子を見物していた。

ゲーム作品

ウルトラマン『ファイティングエボリューション3』ではプレイヤーキャラクターとして参戦している。
強豪怪獣とはいえ再登場の機会もほぼない怪獣ではあったが、本作への参戦でCGが作成されたこともあり、後に大怪獣バトルシリーズなどデータカードダスにも参戦。上述したように映像作品以外での活躍の場が増えている。

ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』では火傷と凍結の能力を併せ持ち、更に育てやすいため多くのプレイヤーに重宝されている。

余談

  • 脚本での名称は「ブルーザ」
  • デザインはエビとカニのほか、背中に広がる部分は貝殻をイメージしている


関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣  
円盤生物ブリザード・・・冷気と炎熱を操る円盤生物

pixivに投稿された作品 pixivで「レイキュバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58680

コメント