ピクシブ百科事典

ファイヤーゴルザ

ふぁいやーごるざ

ファイヤーゴルザとは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に初登場したウルトラマンティガに登場したゴルザ(強化)のそっくりさんの名称である。
目次[非表示]

データ

別名:超古代怪獣
身長:62m
体重:7万t
出身地:不明
初登場作品:ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第5話『ベラルゴシティの罠』
スーツアクター:寺井大介(大怪獣バトル)
力丸佳大(ギンガS)
新井宏幸(劇場版X)

概要

ゴルザマグマからファイヤーマグマエネルギーを摂取し、それを体内に蓄えることで戦闘力が格段にアップした姿…ということで、姿や身体的特徴から何まで『ウルトラマンティガ』に登場したゴルザ(強化)そのものだが、設定上ゴルザ(強化)とは全く異なる怪獣という事になっているため、ある意味リメイクとも言える。

…のはずだったのだが、最近ではさすがにややこしいからか、ゴルザ(強化)=ファイヤーゴルザとして扱われるようになっている節がある。

一応、本家本物との違いを挙げるとすれば、ゴルザ(強化)が使用する「熱線」が「強化超音波光線」に変化していることと、光線吸収能力がなくなっていることが挙げられるが、外見で見分けることはほぼ不可能。
スーツ的には頭の大きさが異なるといった差異はあるものの、これは改造元である大怪獣バトルで新造されたゴルザのスーツがアレンジされた造形であるという事情によるもので、デザイン的な面ではやはりゴルザ(強化)との違いはほぼない(実際、ゲーム版大怪獣バトルのポリゴンはゴルザ(強化)のものが流用されていたりする)。
ただし、あくまでもファイヤーゴルザの出典そのものは大怪獣バトルという扱いであり、『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』ではファイヤーゴルザは大怪獣バトルからの登場怪獣として分類されている。

大怪獣バトルシリーズ

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

レイケイトが操る怪獣の一体として惑星『ボリス』のベラルゴシティに登場し、肩慣らしとしてそこに巣食っていたサドラの群れを瞬時に葬り去った。レイとの決戦時には、その強靭な皮膚ゴモラの繰り出した「超振動波攻撃」を受けても微動だにせず、逆に頭部からの「強化超音波光線」を使いで苦戦させるも、ヒュウガとハルナのドラゴンスピーダーによるサポート攻撃により作られた隙にゴモラの地中からの攻撃を受けて逆転されてしまい、さらに立て続けに放たれたゴモラの必死の「零距離超振動波(ゼロシュート)」を受け敗北してしまう。

その後ケイトに「敗北した怪獣には死あるのみ‼」と見捨てられ、彼女の操る第2の怪獣ガンQの放った怪光線により処刑されてしまった。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

主人公・御蔵イオの駆るゴモラに1話で撃退されたゴルザが地熱エネルギーを吸収し強化した姿として登場。
メルバと共にイオの乗る弾丸超特急「いなづま221」を襲撃するが、メルバが余計な事をしたせいで覚醒したゴモラに仕留められた。

大怪獣バトルウルトラコロシアム

地中から突如出現し、主人公を襲う。過去の個体に比べてやたらとジャンプを繰り返す為、テンションはかなり高いタイプだと思われる。主人公に敗れ、バトルナイザーに回収された。

ウルトラ銀河伝説

ベリアル陛下により怪獣墓場から呼び起され怪獣軍団の一員として壮絶な戦いを繰り広げた。最後まで生き残るものの、そこへ駆けつけたゼロにより、他の生き残りの五体の怪獣共々にゼロスラッガーの連続攻撃を受けて再び永遠の眠りに就いた。

ウルトラマンギンガ

第1話『星の降る町』ではタロウによるダークスパークウォーズの回想シーンで登場。
ティガと戦っていたが、ダークルギエルによって他の怪獣やウルトラ戦士もろともスパークドールズにされてしまう。

続編となる『ウルトラマンギンガS』では、第6話『忘れ去られた過去』にてアンドロイド・ワンゼロがスパークドールズをモンスライブし、ギンガとゴモラの対決に乱入する。
ギンガへ強化超音波光線を放とうとするも、ゴモラに阻まれたため失敗。
ゴモラの尻尾を怪力で引きちぎり強化超音波光線で撃破するが、続いて現れたウルトラマンビクトリーに超音波光線を放とうとした隙にEXレッドキングナックルで頭を殴られ大爆発を起こした。

次の第7話『発動!マグネウェーブ作戦』では、ガッツ星人ボルストがモンスライブしたガンQの分身体の一体が、モンスライブしなおす形で登場。
ウルトラマンギンガと戦ったが、ガンQが倒されたことに動揺している隙を突かれM87光線で倒された。
その後ースパークドールズはチブル星人エクセラーに回収され、更にエクセラーは4のスパークドールズと共にモンスライブ……

劇場版ウルトラマンXきたぞ!われらのウルトラマン

ザイゴーグによって強化された個体ゴーグファイヤーゴルザが登場。
別名が閻魔分身獣に変わっている。
全身が青みを帯びており、体を丸めて体当たり攻撃をする新能力を得た。
詳細はリンク先を参照。

ウルトラマンZ

OPに一瞬だけ姿が写っている(映像自体はギンガSからの流用)。

外部出演

AKB48の27thシングル「ギンガムチェック」のPVに登場している。
ちなみにこのPVには、後に『ウルトラマンオーブ』の主人公・クレナイ・ガイ役を演じる事となる石黒英雄氏も出演している。

余談

「DXビクトリーランサー」でこれとメルバレイキュバスガンQ超コッヴの5体のスパークドールズを立て続けにリードさせて、トリガーを引くと……

当初は『ウルトラマンX』第1話でも登場する予定だったが、「せっかくなので新怪獣を出そう」という田口監督の意向により、デマーガに変更された。
しかし後に劇場版『きたぞ!われらのウルトラマン』にて(ゴルザの姿を借りて生み出されたコピーのような存在ではあるが)登場することになり、エックスとの共演が実現した(ただし、劇中では主に初代ウルトラマンと戦い、エックスとの絡みは殆どなかった)。
なお、劇場版でのXioのチアキ隊員のオペレーションから、『X』の世界でも以前ゴルザの存在が確認されていた模様(スパークドールズのまま発見されたのか、実体化して出現したのかは不明)。

『ギンガS』ではファイブキングを作り上げたエクセラーは、なぜかファイアーゴルザを単にゴルザと呼んでいたが、これはおそらく脚本のミスと思われる。
『Z』に登場したファイブキングの不完全体であるトライキングへの変身に必要な怪獣メダルには通常のゴルザが選ばれている。まあ見た目がゴルザ(強化)と同じだから仕方ないね。

関連タグ

ゴルザ 大怪獣バトル カップやきそば現象

関連記事

親記事

ゴルザ ごるざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイヤーゴルザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10273

コメント