ピクシブ百科事典

超古代怪獣

ちょうこだいかいじゅう

『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣の一派。闇の支配者の尖兵であり、3000万年前に超古代文明を滅ぼした怪獣たちとされている。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンティガ』に登場する怪獣たちの一派で、闇の支配者:ガタノゾーアの尖兵。
TPCではタイプCというカテゴリーに分類されている怪獣群。
また、体のどこかに岩石の鎧のような部位を持っているのも特徴。
劇中ではイルマ隊長は「何者かによって恐竜から進化させられたと思われる」と発言している。

3000万年前に突如出現し、光の巨人たちと激しい戦いを繰り広げる。
壮絶な死闘の末、闇の勢力そのものは撃退されたようだが、その代償として超古代の文明は滅亡してしまった。そのため、超古代文明を滅ぼした怪獣と伝えられている。


その後、長き時を経て、闇の勢力は地球を支配下に置くべく再び活動を開始する。
そして、それを阻止すべく光の巨人の生き残りの1人であったウルトラマンティガ&地球平和連合TPCとの間で、新たな戦いの火ぶたが切られることとなった。
何らかの特殊能力や明確な特徴はあまり説明されていないが、闇の勢力が強くなると大量に表れるような描写が幾度か見られた。

最終的にガタノゾーアやその強化態であるデモンゾーアが敗北したことで、闇の勢力による攻勢は一応の終結を迎えることになった。
しかし、闇の勢力自体が完全に滅び去ったかどうかは明言されておらず、不明である。

また、ネオフロンティアスペースとは別の世界である『ギンガ』『ウルトラマンX』『ウルトラマンZ』の世界にもゴルザが存在しているらしい描写があるが、これらとガタノゾーアとの関係も不明。

脚本を担当したの小中千昭によると、元々はガタノゾーアの配下という設定はなく、デザイナーの丸山浩が、全個体に体の何処かに穴の空いた意匠を施していたことから、彼らを束ねる黒幕が居たことにしてもおかしくないとガタノゾーアが後付けで製作されたとのこと。

主な超古代怪獣

  • 超古代怪獣ゴルザ
  • 超古代怪獣ゴルザ(強化):上記のゴルザの強化形態。
  • 超古代怪獣ゴルザⅡ:ティガの続編であるダイナで登場。
  • 超古代竜メルバ
  • 超古代怪獣ガルラ
  • 超古代尖兵怪獣ゾイガー
  • 超古代怨霊翼獣シビトゾイガー:劇場版に登場。


その他


ULTRAMAN(漫画)では

外伝小説「ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE」にて「異界獣」と言う総称で登場している。
黒衣の三人組の手によって人間が変貌した姿で、3000万年前に地球を支配した邪神ガタノゾーアの眷属である。バジェラゾイガーなど様々な個体が確認されている。

余談

超古代怪獣が出現する少し前の地球はTPCの活動によって恒久的世界平和の実現の一歩手前に近づいていたのだが、皮肉にも超古代怪獣の出現が、戦争を終わらせた側であるTPCが武装解除をする原因となってしまった。以降のTPCは外敵に備えて軍事力の拡大に着手すると言う矛盾を抱えてしまう事になる

結果として力を求める人類に数多くの愚行を繰り返させた一方で、人類が宇宙からの脅威とも互角に戦える力を手に入れる事ができたのもまた事実なのである。彼らの出現は人類にとってデメリットだったとも言えるし、メリットだったとも言えるのだ。

こうして見ると彼らの出現はネオフロンティアスペースの歴史に大きな影響を与えてきた事がわかる。

関連項目

ウルトラマンティガ ウルトラマンダイナ 大怪獣バトル
ウルトラマンギンガS きたぞ!われらのウルトラマン
戦闘員 尖兵

関連記事

親記事

ガタノゾーア がたのぞーあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超古代怪獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15742

コメント