ピクシブ百科事典

ゾイガー

ぞいがー

ゾイガーとは『ウルトラマンティガ』に登場する超古代怪獣。
目次[非表示]

データ

別名超古代尖兵怪獣
身長55m
体重4万8千t
出身地ルルイエ
スーツアクター北岡久貴


概要

ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
第50話「もっと高く! ~Take Me Higher!~」から第52話(最終話)「輝けるものたちへ」まで3話にかけて登場した。

ユザレ曰く「地を焼き払う悪しき翼」であり、超古代怪獣の一種であるという。
邪神ガタノゾーアの尖兵として超古代遺跡ルルイエから何体も出現する。
尖兵と言いつつも、1体でウルトラマンティガと互角に戦えるほどの実力を持っている。

赤色の翼を使い超高速で飛行が可能。その速度はガッツウイングを軽く凌駕するどころかマキシマオーバードライブを搭載した実験機「スノーホワイト」ですら追いつけないほど。
主な戦力は口から吐く光弾と怪力。近接戦の格闘技にも優れており、尻尾を使った踵落としまで繰り出してくる。
因みに血液は濁った黄緑色。

最初に出現した個体はティガ・スカイタイプを苦戦させ(スノーホワイトの攻撃で片方の翼を失った際にはなんと残ったもう片方の翼を自ら引きちぎり、身軽になってから戦った)ティガの首を締め上げるも、パワータイプにチェンジしたティガの猛攻を受けて劣勢になる。口から光弾を吐き出して巻き返しを図るが、光弾を二発とも口に投げ返されて怯んだところをデラシウム光流で木端微塵に粉砕された。
しかしすぐに複数の個体が世界中に出現し、メトロポリスを始めシドニーニューヨークなど世界各地の都市を破壊し、更に迎撃に出た各国のTPCも壊滅状態へ追い込んだ。アメリカではTPCアメリカ所属のガッツウイングブルートルネードの小隊を全滅させた。

最後は主であるガタノゾーアが倒されると同時に全ての個体が消滅した。
また、その内の1体はイルマ隊長とハヤテ隊長の連携攻撃で倒されている。

超古代怨霊翼獣シビトゾイガー

「あなたも、その仲間入りをしませんか?……この私みたいにいいいいいい!!!!!」
「滅亡ノ闇ガ……蘇ッタ……」

【バトスピ】シビトゾイガー
超古代怨霊翼獣  シビトゾイガー


  • 身長:222cm
  • 体重:111kg
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に登場した小型のゾイガー。
ルルイエから大量に出現し、カミーラの指示で動く。人間を捕食し、その人間に化けることが可能という特性を持つ。また口から光弾を吐く、体を槍のように折り畳んで敵に突っ込む体当たりも行う。
非常に狂暴でありGUTSハイパーガンを軽々と噛みちぎった。しかし、耐久力がそこまでではなく、GUTSの射撃装備やガッツウイングの砲撃で簡単に倒せてしまうほど。
総合的な戦闘力ではゾイガーに大きく劣るが、その差を数や変身能力でカバーしている為、厄介な事この上ない。この点は「ガイア」に登場したドビシに近いと言える。

捕食したルルイエ調査隊隊長サエキの姿に化け、かいれいの調査にやってきたホリイ隊員を襲撃、シンジョウの狙撃によって倒される。
遺跡内に侵入してきたアートデッセイ号を迎え撃つ為、カミーラの指示で無数の大群で襲いかかり、ウイングゲートを塞ぎ、第二エンジンを停止させるという大健闘を見せたが、後のスーパーGUTSとなる訓練学校ZEROの訓練生たちがガッツウイングゼロで援護射撃を行った事で形勢逆転され、その後、イルマの仕掛けた時限爆弾やアートデッセイ号のデラック砲で遺跡の出入り口を破壊され脱出不能となった。最終的にカミーラの一体化したデモンゾーアが倒されたことによりすべて消滅したと推測される。遺跡内で生き残っていた一体もイルマ隊長を襲ったが、駆け付けたムナカタに射殺された。
ダイゴの見た幻覚の中にも登場し、そちらでは市街地を大群で襲撃している。

ちなみにそのやけにリアルな鳴き声や、人間を捕食するシーンはトラウマもの。しかも倒されると捕食した人間の顔が体に浮かび上がる(しかも喋る)という嫌なオマケ付きである。
バトルスピリッツではデッキに何枚も入れられて、低コストで召喚できるのが強みになっている。

ULTRAMAN

月間ホビージャパンで連載された『ULTRAMAN ANOTHER UNIVERSE』にも同名の怪物が登場。
結晶状の物体を飲み込ませる処置を施された人間が変身した。恐らくシビトゾイガーの設定を意識しているのだろう。

超時空のアドベンチャー

ネオフロンティアスペースの『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』の時代をチャリジャが訪れた際に空を大量のシビトゾイガーが埋め尽くしていた。流石にチャリジャのお眼鏡には叶わなかったようで、代わりにガルラを捕獲していった。

ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンゼット

バット星人が生み出したクローン怪獣の一体としての登場。
ジードギャラクシーライジングゼットガンマフューチャーを相手に戦い、レッキングフェニックスとゼスティウムドライブを浴びて爆散した。

TDG THE LIVE ウルトラマンティガ編 in 博品館劇場

キリエロイドが再生させた怪獣の一体。ゴメスとともにゼロやガイアと戦い、通常攻撃を無効化するが、ワイドゼロショットに敗れる。
その後、再び地獄の門から呼び寄せられ、お化け嫌いのナイスをビビらせ、悪霊退散の呪文で動きを止めるが、すぐに動き出し、ゼロゼットのワイドゼロショット、ゼスティウム光線を受けて倒された。
最終決戦の際、他の怪獣軍団同様にキリエロイドに呼び出されるが、ダイナのソルジェント光線とガイアのクァンタムストリームに敗れた。

バトルスピリッツ

シビトゾイガーと原種ゾイガーが揃ってゲスト出演。
シビトゾイガー自体がデッキ何枚も入れることが可能であり、コスト2というコストの低さに加え、青軽減2紫軽減1と軽減シンボルも多さもあって非常に召喚しやすい。しかも、名称を原種と同じ扱いにできる上に、デッキを上から2枚オープンし、原種、シビト、ガタノゾーアのうちのどれかを1枚手札に加えるという死んでもただでは転ばない擬似ドロー効果を持つ。

一方で、原種は神と名前の付くスピリットを無条件で最高レベルとして扱う効果に加え、ガタノゾーアのコストを-1するという優秀な効果を持つ。おまけにこの効果、重複しないとは書かれていない為、早期に展開できればガタノゾーアを早々に召喚することが可能になるだろう(ガタノ側は軽減シンボルが6つ備わっている為、軽減シンボルをフルで満たせばコスト3で召喚してしまえる)。

つまり、デッキ内容をほぼガタノゾーアとゾイガー系で占めれば恐ろしいコンボが可能というわけなのだ。しかも、系統がクトゥルフ系が多く集う「異合」なので制限カード「海底に眠りし古代都市」とも非常に噛み合う(このネクサス、レベル1でコアブースト、レベル2でダブルシンボル化という凄まじい効果持ちである)。

余談

デザインモチーフは「」。

名前の由来はクトゥルフ神話に登場する邪神ロイガー
ちなみにこいつは『這いよれ!ニャル子さん』にも登場している。
…しかし原典のクトゥルフ神話ではガタノゾーアの元ネタであるガタノソアとロイガーと接点はなく、またゾイガーにはロイガーの特徴はあまり見受けられない。
そのため名前だけ拝借したと思われがちだが、実はクトゥルフ神話にはガタノソアに仕えてるロイガー族なる同名の非物質的存在がおり、こちらの方が由来と思われる。

第51話の脚本では、ゾイガーが大阪新潟香川を襲撃したことを報告するセリフが存在した。また、最終話の脚本では、ガタノゾーアが倒された後にゾイガーが次々に転落するという描写が存在した。

第50話から最終回にかけて脚本を担当した小中千昭によると、当初は『複数体のゾイガーが群がってダイブハンガーを襲撃・破壊する』という展開を考えていたが、ダイブハンガーの模型の傷みが激しかったことから、闇がダイブハンガーを覆うシーンをほぼ合成で表現した。
小中はこの件について、後の『ウルトラマンガイア』の終盤において行われた『エリアル・ベース破壊の展開』は、ゾイガーの一件でのリターンマッチの意味も込めていたことを明かしている。

超古代怪獣の共通項である黒い斑点を胸に入れ、羽は有名な昆虫怪獣を意識して極彩色にしている。

小中千昭の小説『深淵を歩くもの』にも名前は出てこないがガタノゾーアの隷属として登場する。

シビトゾイガーのデザインはゾイガーをベースに操縁を前提のデザインにしたが、羽の先端に足がついていたものが美しくないと指摘されたため、手直ししたものが決定稿となった。また、初稿ではゾイガー同様、人が入ったものも描かれていた。

なお、放送当時はソフビ化はされておらず、『ティガ』25周年である2021年6月中旬になってようやく初の商品化が行われた。

関連タグ

ウルトラマンティガ 超古代怪獣
闇の主:ガタノゾーアデモンゾーア 
尖兵繋がり:カイザードビシグローカーインペライザーレギオノイドギャラクトロン

関連記事

親記事

超古代怪獣 ちょうこだいかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43104

コメント