ピクシブ百科事典

スカイタイプ

すかいたいぷ

ウルトラマンティガの形態の1つ。
目次[非表示]

概要

  • 飛行速度:マッハ7
  • 走行速度:マッハ2
  • 水中速度:マッハ1
  • 潜地速度:マッハ1
  • ジャンプ力:1000メートル
  • 握力:30000トン

スピードやテクニックに優れた形態。メインカラーは青紫で、史上初となる青系カラーのウルトラマンである。
俊敏さを活かしたスピーディな格闘戦や空中戦を得意とする。その反面、パワーに劣ってしまうのが欠点。

主な技

ランバルト光弾
両腕を胸の前で交差させたあと瞬時に左右に伸ばしてから上にあげてエネルギーを集約し、両手を左腰に置いてから手裏剣を投げるように素早く光弾を放つ必殺技。基本的には1発だけ放つが、ゲーム「ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth」では一度に5発連続で放っている。また、光線タイプもある。本編ではその素早さ故に敵に避けられた事はなかったが、ゴーグアントラー戦では避けられてしまった。
ティガ本編で最初に使用された必殺技である。
だが前述の通り汎用性に特化したせいなのか、『ロストヒーローズ2』では搭載されなかった。
名前の由来は藍+コバルトからだろうか。

ハンドスラッシュ
手から光弾を放つ。3タイプ共通の技で、主に牽制に使われる。

ティガフリーザー
相手の頭上に冷凍光線を放って爆発させ、落ちてくる冷気で凍らせる。

ティガ マシンガンパンチ
素早いパンチを1秒に10発撃ち込む

ティガ・スカイキック
飛んでいる敵などに対して、高く飛び上がり放つキック。1000メートル上空の敵にも到達するという。

ウルトラボディーアタック
エネルギーを纏って相手に突撃する。拳を突き出した体制の為、パンチ技と誤解されやすいが、あくまでも体当りである。

不遇?

スカイタイプは他の二つのタイプと比べて扱いが悪いとよく言われる。
これは「空中戦の撮影に予算がかかるため」とか、「当時の技術面でまだ問題があった」とか、「ウルトラシリーズの真骨頂は肉弾戦だから」とか様々な理由がファンの間でささやかれている。

テレビ本編における登場回数だけ取ってみても、マルチタイプ51回、パワータイプ21回に対しスカイタイプはわずか11回しか出ていない。さらに、このうち必殺技であるランバルト光弾が使用された(=最後までスカイタイプで戦った)のはたったの6回である。更に外伝OVアムイが一度変身して以降登場せず、後の続編映画や客演にも未登場に終わる(一方のパワータイプゲスト出演したことが2度ある)など、冷遇の極みであった。

スカイタイプにようやく日の目が当たるようになったのは、劇場版『ウルトラマンXきたぞ!われらのウルトラマン』になってからであり、OVを除けば『ティガ』第50話以来およそ19年ぶりの再登場であった。
同作では、飛翔能力を持つゴーグアントラーに対抗するためにこの姿になり、Xioのスカイマスケッティとの連携でゴーグアントラーを追い詰める活躍を見せた。しかしこの時初めて今までかわされた事がなかったランバルト光弾を初めてかわされてしまった

さらにデータカードダス『ウルトラマンフュージョンファイト!』ではパワータイプより先に実装され、ウルトラマンマックスとのフュージョンアップスカイダッシュマックスになるという快挙を成し遂げている。

そして『ウルトラマンオーブ』でもガイのウルトラヒーロー大研究にてタイプチェンジ形態で唯一紹介された

ウルトラマンR/B』では、ティガクリスタルに「スカイタイプを彷彿とさせる風の力が宿っている」とされており、実際、このクリスタルを使ったウインド形態はスカイタイプと同様、青紫を基調とした色をしており、空中戦やスピード勝負において大きな力を発揮する。
一応、クリスタルに描かれているのはマルチタイプのティガであるが、ティガはスカイタイプ以外にもティガブラストティガトルネードなど風に関わる名前の形態があるため、風属性なのもそこまでおかしくはないと言える。

こうしたこともあり、冷遇気味であったスカイタイプの扱いも最近では徐々に改善されつつあると言えるだろう。

また本編でスカイタイプをあまり活躍させられなかった反省からか、次回作『ウルトラマンダイナ』ではスカイタイプに相当するミラクルタイプが強力な超能力を操るほか、対となるストロングタイプは必殺技以外の光線や特殊能力を一切使えないというより明確な差別化が図られている。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラマンティガ(キャラクター) マルチタイプ パワータイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「スカイタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105924

コメント