ピクシブ百科事典

スピード系ウルトラマン

すぴーどけいうるとらまん

「ウルトラマンシリーズ」に登場する「ウルトラ戦士」のカテゴリー分けの1つ。
目次[非表示]

概要

「ウルトラシリーズ」に登場する「ウルトラ戦士」のカテゴリー分けの1つ。

ウルトラ戦士の中でも、スピードに優れ、俊敏な動きを得意とする戦士。単にスピードに優れるだけでなく、中には超能力が使える、空中戦が得意といった能力を有する者もいる。また、タイプチェンジなどでは体色が青系の色になる戦士(⇒青トラマンの項目を参照)も多い。

スピード系戦士の一覧

(※タイプが未記載なものは、戦士そのものがスピード系のウルトラマンである)

平成ウルトラマン第1作目・ウルトラマンティガの主人公。シリーズでは初めての「相手の相性や状況に応じて能力を特化させる戦士」である。
スカイタイプは、空中戦とスピード攻撃を得意とし、メルバなどを撃破した。 が、当時の技術の都合か出番は11回と少なく、またパワーとスタミナが落ちるため接近戦も苦手で、戦績も良いとは言えない。

ティガの続編作品・ウルトラマンダイナに登場する、ダイナのスピード形態。スカイタイプの扱いの反省なのか、スピードに優れるほか多彩な超能力を有している。接近戦や怪力戦は苦手だが、変身者のアスカが持ち前の根性を発揮すれば、ストロングタイプ並みのパワーも出すことができる。
また、ダイナのタイプチェンジは一回の変身につき一度のみであるため、タイプチェンジの判断を誤るとかえって不利になることもあった。

公式で公言されることは少ないが、ガイアがパワー系であることに対し、アグルはスピードに優れた戦士と記述されることがある。また彼の場合はヴァージョンアップなどではなく、もともとアグル自体がスピードタイプの戦士である。

公式サイトにも書かれている通り、スピードに優れた戦士である。実際に、彼の戦闘シーンでは素早い動きでキックなどを行うことがある。

シリーズの中でも特にモードの多いウルトラ戦士。モードチェンジの目的はティガやダイナとは異なるが、全形態で共通して高速移動を行うことがある。スピード系ウルトラマンはパワーや防御力が劣ることが多いが、コスモスはスピード系では珍しく防御力と持久力にも優れている。
また、余談だが上記のネオスとは、「主人公で初代ウルトラマン系デザインのスピード戦士、(コスモスは劇場版のみだが)がパワータイプのセブン系デザインの戦士」という共通点が存在し、実際に両者はウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀でそれぞれ相方も含めて共闘した。

第3のデュナミスト、千樹憐が変身するネクサスの強化形態。前デュナミストの姫矢准が変身していたジュネッスが力強い戦いをするのに対し、ジュネッスブルーは憐の己の命を顧みない相手に突っ込んで行くスタイルで、その素早い動きで相手を翻弄する。

ウルトラマンゼロが、ウルトラマンサーガの一件の後、一つとなったダイナとコスモスの力を体内に宿し、タイプチェンジした姿。上記のダイナのミラクルタイプと、コスモスのルナモードの力を宿す。ミラクルタイプの超能力を駆使し、ルナモードの浄化能力、治癒も可能。また、この姿では口調が冷静になる。

ウルトラマンオーブが、ウルトラマンジャックウルトラマンゼロの力でフュージョンアップした姿。タイプ専用の武器オーブスラッガーランスを駆使して素早い動きで敵を倒す。
使い勝手がいいのか出番は多いが、戦績は良いとは言えない。

ウルトラマンジードが、ウルトラマンヒカリと、ウルトラマンコスモスのウルトラカプセルでフュージョンライズした姿。素早い動きでヒカリ譲りの光の剣と、コスモスの浄化能力を駆使する。また、ウルトラマンのスピード形態にしては珍しく、本編無敗を記録した。

令和ウルトラマン第1作目・ウルトラマンタイガに登場。タイガは従来でいうバランス型、タイタスはパワー型であり、スピード型のフーマは忍者のような素早い動きで敵を翻弄する。また、スピード系では珍しく、パワフルな面も見られる。

戦闘時にはゼットの基本形態となる。ウルトラマンゼロウルトラセブンウルトラマンレオのウルトラメダルをゼットライザーで読み込んで変身したスピード形態。この姿は従来のスピード戦士とは少し違い、レオ、ゼロ譲りの宇宙拳法を駆使して戦う。ウルトラマンのスピード形態にしては体術を得意としている。

関連タグ

ウルトラシリーズ ウルトラ戦士 ウルトラマン パワー系ウルトラマン

関連記事

親記事

ウルトラ戦士 うるとらせんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スピード系ウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1749

コメント