ピクシブ百科事典

ジュネッス

じゅねっす

ウルトラマンネクサス及びウルトラマン・ザ・ネクストの形態の1つ。ここではネクサスの方を中心に解説する。
目次[非表示]

男なら 誰かのために強くなれ 歯を食いしばって 思いっきり守り抜け

概要

ネクサスザ・ネクスト共に力をさらに開放した第二形態である。メインカラーは銀と赤色。また、必殺光線には命中した相手を分子レベルにまで分解する効果がある(ただしザ・ネクストのものは完全ではなかった)。

なおジュネッスとはフランス語で「青春時代」を意味する。

ザ・ネクストのジュネッス

JAST A HERO  『THE NEXT』


詳細はこちらを参照。

ネクサスのジュネッス

NEXUS


  • 身長:49メートル
  • 体重:4万4000トン
  • 飛行速度:マッハ4

姫矢准が変身する第二形態。アンファンスの状態からアームドネクサスを用いてジュネッスへと変身する(もう一人姫矢とは別の人物も一応変身している)。
肩には鎧の肩当てのような板状のパーツがあり、胸のエナジーコアにはカラータイマーに相当するコアゲージが現れる。力強く堅実な戦い方が特徴。
この形態になる事で、戦闘用不連続時空間メタフィールドを展開できるようになる。現実世界からは不可視であるこの空間の中に敵を引き込む事で、周りの世界に被害を与えたりすることなく、本来の力を発揮して戦える。
ただしメタフィールドはネクサスの身体そのものから作り出されているため、形成できる時間は3分間のみ(これを過ぎるとデュナミストは死亡してしまう)で、デュナミストの体にダメージが蓄積しすぎると使えなくなる、というリスクがある(これは千樹憐ジュネッスブルーも同様)。
また、展開しても闇の巨人達が使うダークフィールドに侵食されピンチに陥る事も多かった。

主な技

フェーズシフトウェーブ
メタフィールドを展開する光線。地上では空に向かって放ち、黄金の滝が降り注ぐような現象を起こした後、光の内部にいる者をメタフィールドの空間へと移行させる。

オーバーレイ・シュトローム

オーバーレイシュトローム


両腕を下方で交差させてからゆっくりと広げつつエネルギーを生み出し、ワイドショットなどと同じく両腕をL字に組んで放つジュネッス最強の必殺光線。威力は抜群で、命中すればバリア等で防がれない限りほぼ確実に対象を分子分解し消滅させられる(受けても完全に耐えきったのはダークザギのみ)。ただエネルギーを大きく消耗するため、1回の変身につき1発しか撃てない。ゴルゴレム戦ではエネルギーが底を突いた状態で無理に撃った為、戦闘後に姫矢は倒れている。
ただしウルトラマンギンガSの劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』では、クロスオーバーフォーメーションとなって2回目を発射している。
(ただ、ダークザギとの最終決戦ではオーバーレイシュトロームの後にブルーにチェンジしてから同じく消耗の激しいオーバーアローレイシュトロームを放っているので絶対に不可能というわけでもないようだ。二発目発射時にはクロスオーバーフォーメーションでブーストがかかっていた可能性もある。劇中での姫矢は既にネクサスに変身し続けて体がボロボロになっていたので、デュナミストに問題がなければ連続発射も可能なのかもしれない。)
ハイパーストライクチェスターの武装「ウルティメイトバニッシャー」は、この光線のデータを元に生み出されたものである。
設定上は平成ウルトラマンたちの能力を授けられた、ウルトラマンギンガビクトリーも使用可能だが、現段階では使用した描写はない。

ちなみに『きたぞ!われらのウルトラマン』で映像作品で初めてウルティノイドやビースト系以外の怪獣に使用したが、そのときは何故か分子分解が起こらなかった。


コアインパルス
エナジーコアから放つ必殺光線。所謂タイマーショット系の技。PS2版ではオーバーレイ・シュトロームよりも強い技として登場し、ジュネッスの最強技となっている。
発射ポーズは『ウルトラマンダイナ』に登場したネオザルスのホーミングビームと全く同じである。

ネクサスハリケーン
巨大な竜巻を発生させて相手の体を巻き上げた後、地面に叩き付けて埋めて動きを封じる。
第4話のペドレオンとの最終決戦で一度だけ使用した。

ボードレイ・フェザー
高速飛行しながら、両手で三日月型の光刃を発射する。
第15話、16話で使用。

スピルレイ・ジェネレード
アームドネクサスで受け止めた攻撃を光エネルギーに変換して撃ち返す。
第24話のダークメフィストとの決戦で使用した。

ジュネッスの姿について

設定上、デュナミストによって色や模様などネクサスのジュネッスの姿は多少変わる。
千樹憐の場合はジュネッスブルーに変身。

なお、孤門一輝はそれまでのデュナミストたちとの絆によって、コアファイナルによりジュネッス・ジュネッスブルーへの変身という奇跡を起こしている。

決戦!ウルトラ10勇士!!』ではデュナミストが居るのかすら不明だが、このジュネッスに変身している。

ウルトラマンX』第20話「絆-Unite-」に登場した際、姫矢とは別の人物がデュナミストに選ばれていたが、その際にもジュネッスの姿を取っている。
これに関して阿部雄一監督曰く、所謂別のスーツの用意や色を変えることが出来なかった大人の事情であり、本人的には「色が若干違うつもりで見てほしい」「似てはいるがジュネッスとは正確には少し違う感じ」とのこと(予算及びスーツの都合上、『ウルトラ10勇士』『X』、『きたぞ!われらのウルトラマン』等の客演ではジュネッスのものが使われている)。
ただ『X』の公式サイトでは「橘が変身したネクサスはジュネッスだったが、ジュネッスはデュナミストによってその姿が異なり、青き姿・ジュネッスブルーも存在する。」と姫矢と同一のものであるかのように書かれている

ジュネッスをデザインした丸山浩は、本編では未登場となった凪のジュネッスである『ジュネッスルージュ』を非公式にデザインしたこともある他、もしもあの登場人物がデュナミストに選ばれジュネッスの姿が登場したら…というイメージで、オリジナルのジュネッスをツイッターで公開したこともある。

無論これらのデザインは公式設定ではないので円谷プロに問い合わせないように。
※現在twitterからは閲覧不可能になったが、ジュネッスヴェルト以外は『丸山浩特撮デザインワークス』にて見ることができる。

椎名高志氏の漫画版の単行本巻末に収録されたおまけコーナーでは平木詩織隊員の変身したジュネッスが登場しているが、全身花柄で首元にはハートマークを有した女子力全開のカラーリングになっていた。
おまけに適応者の生命力ではなく男運を消費して変身する仕様になっており、詩織隊員は松永管理官からのプロポーズという最後の結婚チャンスを捨てて戦う事を選ぶ羽目になった。

商品化などにおける扱い

戦闘力と赤を中心とした見た目のせいか本来の基本形態であるアンファンスを差し置いてまるで基本形態であるかのように扱われることが多い。
まず、過去のウルトラ戦士の力を借りて戦う新世代ヒーローズにおいては、サイバーカードX)、フュージョンアップオーブ)、フュージョンライズジード)はジュネッスを基本として行われている。
コレクションアイテムでも、例えばソフビ人形では現在の500シリーズにおいてアンファンスが真っ先に商品化されたものの早々に生産を終了しジュネッスに切り替えられるなど、人気でアンファンスと大きく差をつけており、ノアが参戦するまでは唯一『ウルトラマンフュージョンファイト!』に参戦しているネクサスの形態でもあった。
また、クロスオーバーフォーメーションでタイプチェンジしているのはネクサスとコロナモードコスモスのみである。コスモスのルナモードが破壊光線をあまり持っていない特殊な形態であることを考えれば、戦力的な問題で強化形態が基本形態のように扱われたのはネクサスのみである。
もっとも二段変身というシステムを採用している以上、第二形態の方が作品の顔となるのは当然とも言え、これは後の『仮面ライダーカブト』や『仮面ライダーエグゼイド』にも言える事である。

とはいえ、映画『決戦!ウルトラ10勇士!!』ではアンファンスも登場しているし、現時点で最新作の『ウルトラマンZ』で登場するネクサスのウルトラメダルはアンファンスである。
ウルトラマンR/B』のルーブクリスタルや『ウルトラマンタイガ』のウルトラタイガアクセサリーでもジュネッス以外の形態のネクサス関連アイテムが登場しているので、ジュネッスが唯一という法則は崩れつつある。

関連タグ

ウルトラマンネクサス ウルトラマンネクサス(キャラクター) ウルトラマン・ザ・ネクスト
アンファンス ジュネッスブルー ウルトラマンノア

アルファエッジスペシウムゼペリオン:強化形態とも基本形態ともとれる扱いを受けている。

キングジョースカーレット:赤色と作品内での演者繋がり

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュネッス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169346

コメント