ピクシブ百科事典

ウルトラマンノア

うるとらまんのあ

ウルトラマンノアとはウルトラマンネクサスの究極最終形態である。「ULTRA N PROJECT」の第1弾『ウルトラマンノア』にも登場する
目次[非表示]

「“NOA” NOSTALGIA 魂の原点回帰」
「諦めるな!!」

概要

CV:増谷康紀

身長:50メートル(ノアイージスを含む全高は55メートル)
体重:5万5000トン
年齢:35万歳以上(生命体かどうかも不明)
出身:不明

太古より全宇宙の平和を守り続ける伝説の存在。
永い時を越えて受け継がれてきた神秘の光とデュナミストの融合により誕生する光の巨人ウルトラマン・ザ・ネクスト及びウルトラマンネクサスの本来の姿であり、究極最終形態(ウルティメイト・ファイナル・スタイル)でもある。
ただウルフェスや児童書などでは本来の姿というより他のウルトラマンで言う強化形態のような扱いで紹介されることが多い(他の戦士で例えるとグリッターティガオーブオリジンを足して2で割ったような扱い)。
実際に円谷ステーションではネクサスが紹介されているのにノアはザ・ネクストともども紹介されていない。(ウルトラマンネクサスの究極最終形態はウルトラマンノアとだけは表記されている)、他のウルトラマンもフォーム違いは紹介されていない(例としてギンガビクトリーは紹介されているが、ギンガストリウムは紹介されていない)ことから、ネクサスの一形態という扱いが通例化している(稀に分けて紹介されることもある)。
ザ・ネクスト及びネクサスを個々のキャラクターとして考えると、本来の姿であるノアは単に強化形態とも捉えることができる。

なお、古よりその存在は並行宇宙の様々な知的生命体たちから認知されているようだが(ただしM78宇宙では姿を現わすまで一切知られてなかった様子)、その正体や出自についてはまったくと言って良いほど判明していない(『ネクサス』の漫画版で、"来訪者"たちは「ビーストの天敵として進化した生命体」若しくは「古の超文明が生み出した」と推測しているが、それすらも憶測の域を出ないものである)。

眩い白銀の光を身に纏い、背中に備わる伸縮自在の翼「ノアイージス」の力で時空超越すら可能にし、神業の如き奇跡を発現させることが出来るとされている。
必殺技のレパートリーこそ多いが、大半は未使用かつ一部での設定のみとなっており、未だにその力の全貌は計り知れない。実際、映像作品で活躍した際には負けなしかつ特別扱いな出演である通り、ウルトラ戦士の中でも際立って強大な存在
ただ、後述のエタルガー関連など似たような立ち位置の面子と比べると消耗・敗北を示唆する展開が多い。これはキングはともかく、残りの二人が合体ウルトラマン系である(パワーアップ)であるのに対し、ノアはパワーダウンした姿がネクサス(逆に言えばネクサスの単体強化形態)であることが理由だと考えられる。ネクサスを客演で出すには、どうしてもノアからパワーダウンする必要があるためたびたびの弱体化ないし疲弊をしているものと思われる。
また、ネクサスとしての登場や疲弊を示唆する文章はあれ、現状公式映像作品内で明確な敗北の描写はない(例えば十勇士での客演についても映像作品内では特段触れられることもなく、終始ネクサスのままであった)。
そのほか、「紡がれる絆」を力とすることから、その絆の力が多ければ後述のように同等の力を持つ存在さえ優勢のまま打ち倒せるほど、大幅のパワーアップを遂げられるのだが。

その姿は、赤いラインが随所に見られた従来型ウルトラマンとは大きく異なり全身がほぼ銀一色で、赤い部分は胸部のエナジーコアのみである。また、眼に3本の縦筋が入っているのも特徴。体の銀色も従来のウルトラマンの銀色より遥かに光沢があり、まるで鏡の様な艶がある。その為撮影においてはあまりにピカピカ過ぎて体の表面にカメラが映りこんでしまい、染料でわざと表面を曇らせる処置をしたほど(デザイナーの丸山浩氏としては銀メッキ処理のままがよかった様子)。
ライブステージではノアイージスが発光するなどの演出がとられたこともあった。

近年では喋る機会が多くなったウルトラ戦士の中でも、極めて寡黙。少なくとも映像作品では掛け声のみ(映像作品内でノア本人がセリフを発したのはネクストの姿の際にデュナミストの真木舜一と会話した際のみ)。
但しテレパシーのようなもので意思自体は伝えている様子。

基本的に姿を表すときは自身が認めた適能者と一体化する形をとっており、単体で事件に介入した事例は少ない(映画などでの客演の際の適能者は不明なことが多い)。
来訪者の星や地球にネクストの姿で訪れた時は赤き光の姿をしており、真木やゼロの精神世界に出現したこともある。その場合はゼロより巨大な場合もあり、一種のイメージ・テレパス的な可能性もある。

行動の指針としては「決して諦めない者への支援」ということがファンからはよく言われる一方で、『ネクサス』本編中では生きる意味を見失った者、生き急ぎ過ぎる者、復讐に生きた者を適能者に選んでいる。一見すると矛盾するように見えるが、いずれも「生きる意味に揺れる人間」たちであり、そういった意味では「生きる希望を見つけるまでの仮宿」としての生きがいを与えているとも見える。その内容があの過酷な闘いの日々やぎりぎりまでの努力を求める姿勢のため、「スパルタ」と評されることもしばしば。
ただメタフィールドの負荷が全て適能者頼りといった部分はあるが本編のノア(ネクサス)は弱体化した状態であるため万全のサポートができなかった、ベリ銀で簡単にイージスを授けなかったのも人々の光がなければノア一人の力で与えることができなかったともとれるため、無数の命が危機にさらされても手を出せる状況で全く何もしないほど厳しいというわけではない様子。
また、力を授けた相手に対しても極力介入を避け、力の使用についても自己判断で使わせているあたり、適能者の自主性を尊重している部分も大きい。


主な技

ここに記載されている技以外にも様々な技を使用可能だが、映像作品にて披露したことはほとんどない。
模造品であるダークザギはウルティノイドという形で分身を生み出す能力があるが、ノア本人には今の所そのような設定はなく不明。
なお、劇中では一度もメタフィールドを展開しておらず、今の所ネクサスのフェージストウェーブに該当する技は設定されてない。一応ダークザギはゲーム版にてダークフィールドを形成しているため、使用できる可能性は高い。

  • ライトニング・ノア
別名「稲妻超絶光線」。所謂スペシウム光線の系譜に当たる、ノアの必殺技。
右手首に左拳を打ちつけるように腕を組み、幾重もの超絶光子プラズマを重ね合わせで放たれる眩い七色の光線が敵を破壊する。有効射程距離は地上から撃って大気圏外へ届くほど長く正確無比。
『ネクサス』最終話では、本来互角の威力のはずのダークザギの必殺技ライトニング・ザギを押し戻し、設定上は超新星爆発に耐え不死身誇る肉体のダークザギを文字通り消滅させた

  • ノア・インフェルノ
1兆度の炎を纏った拳を相手に叩きつける。早い話がゼットンパンチ。
『ネクサス』最終話ではこれ一発でダークザギを炎の柱によって、地上から大気圏外へと吹っ飛ばした。
なお、2015年になってやっと刊行された椎名高志作の漫画版では、書き下ろし漫画でライトニング・ノアを差し置いてまさかの見開きを獲得しており、この技のインパクトの強さが伺える。

  • グラビティ・ノア
両掌から放つ重力破壊光線。ダークザギが多用していたグラビティ・ザギのノア版(というよりこっちが本家)。劇中では未使用だがウルフェスなどのショーではよく出てくる。
また、PS2版ではノア・インフェルノを差し置いて使用可能。

  • ノア・スパーク
スパークした両腕から放つの光の刃。ダークザギに対してゼロ距離で使用しダメージを与えた。

  • ノアパンチノアキック
徒手格闘技。『ネクサス』ではダークザギ相手に叩き込み、ダメージを与える。設定上は超重力波を纏うとされており、後年、『ギンガ』似て客演した際のダークザギがその設定を反映したと思しき演出をされている。

  • シャイニング・ノア
雑誌展開のみで使用。全身から凄まじい光を放ち、敵を消滅させる。早い話がウルトラニフラム。

ノア3大究極技

ノアイージスに秘められた力を解放して使用するノアの3つの最強技。映像作品で使用されたことはないと思われる。なお、ダークザギにはノアイージスに相当する器官が存在しないため、これらを模した技は使用できない。

  • ノア・ザ・ファイナル
自身の全エネルギーと引き換えに相手を次元の狭間に封印する大技。使用すると弱体化してしまうほど消耗する。
一部の雑誌展開でのダークザギとの戦いで使用し肉体を封印したが、使用したノアはエネルギーを大幅に失い、以降『ネクサス』最終話までネクスト、ネクサスという不完全な姿で戦うことを余儀なくされた(ファンの間では直後に眠りについていたとはいえ来訪者の星での戦いで体力を消耗していたからという説あるが、公式からは説明がない)。
なお、ダークザギも効果などは異なるが「ザギ・ザ・ファイナル」という同名の技は持っている。

  • ディメンション・ノア
ノアイージスから発するディメンショナルエナジーによって時空(マルチバース)を超える能力。これによってノアはあらゆる平行世界へと姿を現すことができる。
ゼロに与えられたウルティメイトイージスや、その力を解析して作られたエックスのゼロアーマーも同質の能力を持つ。

  • ウルティメイト・ノア
ノア3大究極技の一つとされているが未だに使用された記録はなく、名前以外の一切が不明


各作品での活躍

ノアとしての活躍のみを記載。ザ・ネクストやネクサス時の活躍については内容が重複するため各個別記事を参照。

ウルトラマンネクサス

映像作品初登場。ネクサスへと変身するデュナミスト達が命を懸けて希望を見出し、絆を紡いで行くことでさらに力を取り戻していき、本編最終回にて遂にノアとして復活を遂げる。
幾人もの人間が関わり合い束ねられた絆の光や、闘いを見守っていた人々がウルトラマンの記憶を取り戻したことでその絆の力をも吸収したノアは、本来同等の力といわれるはずのザギを終始圧倒し、最後は壮絶な光線の打ち合いに打ち勝ち完全に消滅させた。

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国

別次元の宇宙「アナザースペース」にて、世界を救う秘宝“バラージの盾”と共に伝説の存在として語り継がれ、ミラーナイトの故郷である鏡の星の奥深くに築かれたバラージ神殿にウルトラマンノアを模した石像が祀られていた(なお、バラージという名の神殿と神としてノアが関連付けられているのは『ウルトラマン』でのアントラー回のオマージュである)。安易にバラージの盾の力を求めるナオ達に対して、ナオに「バラージの盾とは、全ての人々の心の中にある輝きである」と意思を伝えた。

物語の終盤にて、圧倒的な力で暴れ回るアークベリアルに対し、それでも尚諦めずに立ち向かうウルトラマンゼロと、ゼロの姿に勇気づけられ立ち上がったアナザースペース中の戦士や人々たちの心の光が結集し、形作られていく。
そしてエネルギー切れにより臨死状態だったゼロの精神の中に、ゼロが小さく見えるほどの巨大な幻のような姿で現れ、人々の心の光から完成したバラージの盾=ウルティメイトイージスを授けた。

ネクサスワンドロ集2


なお、監督を務めたアベユーイチ氏は、「ノアを登場させたのは、『宇宙全体を包括する存在』として心の中でノアの存在があったため」と語っている。

なお『オーブ』直前スペシャルのイメージ映像といった例外を除き、本編にノアとして直接登場したことは本作が最後となっている(2018年現在)。

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!

平成ウルトラマンの総出演ということで、ネクサスの姿で登場する。掛け声はライブラリ音声だがセリフなどは代役の声優が担当。

直接ノアが登場したわけではないが、ネクサスの姿であることから公式サイトで「エタルガーとの激戦で体力を消耗したのか」と推測がなされている。ただし、本編ではこの点も特に触れられることもないため、どのような経緯でネクサス化したのかは明確化されていない。
またパンフレットではネクサスについて「本体はウルトラマンノア」と一瞬誤植のような表現がされているが、”本体”という言葉は”本来の姿”という意味にもなるため矛盾はしない(文字数の問題と思われる)。

映画公開に合わせてyoutubeで公開された10勇士を紹介していく『ULTRA HEROES 10 COUNT』でもネクサスの回でノアについて触れられており、今作のネクサスがダークザギとの最終決戦以降も受け継がれてきた光であると述べられている。新ウルトラマン列伝でも光が適能者達に受け継がれてきたことについて語られており、本編終了後(おそらくゼロにイージスを与えた後)何らかの事情でノアの姿を維持できなくなったと考えるのが自然であろう。
因みに『ギンガ』では、ダークスパークウォーズの際にザ・ネクストの姿で戦闘に参加しており、後に他のキャラ同様スパークドールズ化されている。

その他の詳細については「ウルトラマンネクサス(キャラクター)」を参照

ウルトラマンX

第20話『絆-Unite-』にてネクサスとして客演。
本編での言及はないが、Xの公式サイトでは「ネクサスのウルティメイトファイナルスタイルはノアである」とノアについてしっかり言及されている。

映像作品以外での活躍


雑誌展開『バトル・オブ・ドリームNOA』

『ULTRAMAN N PROJECT』の一環としてネクサス放映前後に連載された。現在ではやや入手困難だが、何種類かが絵本になっている。

2万年以上前、M80さそり座球状星団に住む異星人“来訪者”達の星がスペースビーストに襲われた際に降臨。星の住民を適能者に選んで一体化し、恐怖を糧に無限に増殖し続けるビーストとの激化する戦いを適能者を移り変えながら切り抜け、ついにビーストの殲滅に成功する。
そして自身もエネルギーを大量に使ってしまい、蓄積したダメージを癒すために星の内部で眠りにつく(漫画版では来訪者の星から去ったと来訪者は語っている)。

しかし、ビーストへの恐怖を克服出来なかった来訪者達は、ウルトラマンノアに頼る気持ちを捨てることが出来ず、自分達を守る守護神としてノアをモチーフに人造の巨人であるウルティノイド・ザギ」を創り出してしまう。だが、自己成長機能からゆがんだ自我が芽生えたザギが自身がノアの模造品であるという事実に気付き暴走。倒すべきビーストを逆に支配し使役する暗黒破壊神“ダークザギ”となってしまう。
ザギとスペースビーストによって星は壊滅状態となり、来訪者たちは苦肉の策として母星を爆破(超新星爆発)させ、ザギを滅ぼそうとする。しかしザギはそれにすらも耐え、同時に休眠していたノアも爆発に巻き込まれ、星の爆発によるエネルギーで生じた時空の歪みにザギと共に飲み込まれ消えていった(ここまで『"N" THE OTHER』の内容)。

その後、辿り着いた別世界こそが光の国のある宇宙(M78スペース)であった。
ザギは怪獣たちを操りゾフィー、マン、セブンを襲うが、そこにノアが駆けつけた。この際「今までお前達を見守ってきた」とビーストとの戦いの後眠りについたとされる"N" THE OTHER とはやや矛盾する発言をしている。
3人と共闘して怪獣軍団を全滅させてザギと戦い、光線技の押し合いの末にブラックホールに叩き込んだ(マックス&ネクサスの公式ムックに記載されてるストーリー)。

椎名高志作の漫画版に付属された設定書によると、この戦いによりザギは精神体となり、ノアも殆どの力を失いザ・ネクストという不完全な姿となってしまったとされている。

書籍によって正史扱いだったりパイロット版ネオスと似たような扱いだったりといまいち安定しない扱いを受けている。また、絵本・雑誌展開などで微妙に内容も異なる。紹介されてもはっきりと前日譚と言われないことも多い(Nプロ自体初期と現在でダークザギ関連など、若干設定が変更された部分があるというのも考えられるが)。概ね、『ウルトラマン物語』同様に「過去に近しい出来事はあった」ととらえられるような扱い。

小説 『再臨-ドリームス-』

ネクサス本編以降の時間軸。来訪者の星でのダークザギ誕生の過ちを繰り返さないためか、世界中に出現したスペースビーストの殲滅には乗り出さず、その後は孤門の中で人々の希望を信じて事態を静観していた様子。
3年後、新たな闇の巨人ダークルシフェルの出現に際し、再び孤門・凪と共にノアとなり立ち向かう。


関連イラスト

ウルトラマンノア
絆-ネクサス-


絆・・・nexus
ネクサス!



関連タグ

ウルトラマンネクサス ULTRAMAN
ダークザギ スペースビースト 来訪者
デュナミスト エボルトラスター ブラストショット
孤門一輝…作中、ノアの姿を発現することができた唯一のデュナミスト
ウルトラマンネクサス(キャラクター)ウルトラマン・ザ・ネクスト…ノアがエネルギーを消耗するなどして力を失った形態

チートラマン
ウルトラマンティガ…同じく古代から戦っているウルトラマンであり、ウルフェスではタッグを組んで戦ったこともある。また、複数の変身者・適合者がいるという点でも近しい特徴を持っている。
ウルトラマンゼロ…マルチバースにて力を貸した相手。ノアから授けられたウルティメイトブレスレットは幾度もゼロにパワーアップの機会を授けている。地味に彼の活動に大きな影響を及ぼしている他、実はTVや映画作品では、ノアの姿で唯一対面しているウルトラマンでもある。
マルチバース(ウルトラシリーズ)

アルティメットまどか大満開友奈…いずれも最終話で初変身。物語の展開や設定に類似点が存在する。
極アームズ…特撮作品で同じく神となった者繋がり。配色も近しいものがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンノア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168557

コメント