ピクシブ百科事典

ダークルシフェル

だーくるしふぇる

ダークルシフェルとはウルトラマンネクサスに登場する筈だった真の黒幕の名称。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンネクサス打ち切りにならなければ登場するハズだった物語の真の元凶にして真の黒幕
また、とにかく「実写作品で出番を貰えない」悲しい存在。

その姿はダークザギビースト・ザ・ワンを取り込み怪獣型ウルトラマンへと進化したような感じになっており、鋭い牙と鍵爪を持ち、背中にはザ・ワンを思わせる羽が生えており、更に首元にはダークファウストダークメフィストの顔が配置されて、全身に血管を思わせるような赤いラインが走り、エナジーコアのような模様がある胸の中心部分は抉れたように窪んでいるいるという不気味かつ禍々しい姿をしている。

お蔵入りしてしまったため、ノアと激突しうる存在であった以上の詳しい素性は不明。しかしながら、初期の構想ではダークザギは凪の変身する姿(悪堕ちないし闇堕ち、あるいは人造ウルトラマン的存在)であること、石堀の正体がこれであることがDVD-BOXのブックレットに記載されており、本来ダークザギが担う役割はルシフェルのものであった。ネクサス序盤で凪の回想シーンで、山岡一=石掘光彦と思われる人物の背中からザ・ワンのような突起物が生えるシーンがあるが、それもまた本来はルシフェルがラスボスであったためと思われる。

また、その存在についてもヒーローピクトリアルVel.2のデザインページにて「立ち位置はザギというよりもイズマエルに近い」とも語られている。これは、「ラスボス前の前座であった」という意味ではなく、「ビーストの集大成」という意味合いであると思われる(ラスボスであることは決まっていたため)。
どのような形で出現したのかは初期案のすべてが開示されていないため不明であるが、映画『ULTRAMAN』とネクサスがつながっていることを踏まえると、イズマエル同様にザ・ワンが絡んでいる可能性は高い。ネクサスのボスキャラ関連では唯一「青い目」を持っていることや、書籍『ULTRAMAN STYLE』脚本担当長谷川氏のインタビュー内の「赤い光と青い光は本来一つのもので、長きにわたり追い求めたり戦い続けてきたという神話的なイメージで考えていた」という旨の発言から、ザ・ワンが正体であると考えると収まりがいい(ただし、その場合は凪の記憶と時系列的な辻褄が合わなくなるが…)。

いずれにせよ、ネクサスの期間短縮に伴いその存在は幻と化し、その役割をダークザギに引き継ぐこととなる。

余談

名前の由来は神々に反逆を企て、地獄へと落とされたとされる堕天使ルシファー、あるいはより著名な存在としてのサタン
つまりダークファウストがゲーテの戯曲『ファウスト』に登場するファウスト博士(使い魔)、ダークメフィストが同じ戯曲に登場するメフィストフェレス(悪魔)と連なっている事からも分かるように、使い走りである悪魔を超える魔王のポジションであったことがうかがえる。
三つの首を持つ点やその漆黒の姿は、ダンテの『神曲』に出てきたサタンを彷彿とさせ、その名前も「闇に堕ちたルシファー」=サタンという詩的な名称になっている。にくい奴だ。
また、上記の通りザ・ワンの最終系であると考えた場合、ザ・ワンの最終形態が「ベルゼブア」という名前であった点も見過ごせない点だろう。

なお、デザインも難航したようで、当初は人間形態だったが最終的に現在公開されている怪獣形態に変更された
現在公開されている怪獣型は酉澤安施氏によるデザイン、その他にも未公開となったダークウルトラマン型のデザインの一部は丸山浩によるものであり、こちらも複数パターンが存在した様子(ノアと同型だが背面の翼が異なるデザインなど)。また、ウルトラマン型のデザイン案の一部にあった角の形状イメージはハンターナイトツルギ=ウルトラマンヒカリに使われ、また、怪獣型ウルトラマンというデザインや発想はアークベリアルにて改めて日の目を見ている。
また、DVD-BOXブックレットでは「最終形態」という言葉も使われており、最終話ネクサスが順を追いノアと進化していったように、ルシフェルも形態を変えていく構想の可能性が示唆されている。ただし、こちらについてのデザイン案などは公開されておらず、設定面のみの可能性もある。

その他、一部のファンの間では『ウルトラマンギンガ』に登場したダークルギエルは元々ルシフェルの形態の1つの流用ではないのかと推測されているが、真偽のほどは不明。少なくとも現行のダークルギエルにはギンガの意匠もちりばめられているため、流用があるとしても多少の加工・修正はくわえられているはず。
公式からは「キャラクターイメージにダークルシフェルの要素も取り入れられている」との発言があるも、設定面のみなのか、デザインも含めてなのかは言及されていない。

さらに『ウルトラマンサーガ』にて物語のラスボス候補として日の目を見る可能性もあったそうだが、結局没となってしまったらしい…(やはりゼットンの知名度には勝てなかったとのこと)。この際は名称が若干変化してダークルシファーという名前で出る予定だった他、脚本初期案では何とウルトラマンキングを瀕死に追い込むという前代未聞の展開を考えられていた。
そのうえで最終決戦ではウルトラマンメビウスインフィニティーウルトラマンレジェンド・ダイナとゼロの融合体であったウルトラマンサーガとウルトラ戦士の中でも文句なしにトップクラスのチートラマン3人を相手取る予定だったなど、ウルトラシリーズ史上でも間違いなくトップクラスの敵として出そうとしていた様子。もし実現していればとんでもないことになっていただろう……

なお、彼の活躍が永久に観られないのかというとそういう訳でもなく、ウルトラマンネクサスのDVD-BOXの封入特典ブックレットにある小説にて僅かながら登場している。

小説『再臨 -ドリームス-』での活躍?

ウルトラマンネクサスのDVDBOXに付属する封入特典ブックレットに掲載された本編終了後の後日談のプロット『再臨 -ドリームス-』に登場。

その正体はかつてM.P(メモリーポリス)に所属していた黒づくめの正体不明の謎の男で、闇の巨人(ダークザギの事?)を復活させ、その力を手に入れ人類を支配下、あるいは滅亡させようと暗躍し、密かに人々からスペースビーストに関する記憶を消してビーストに対する恐怖心の集め、力を蓄えていた。

そして孤門と凪の前に現れ、自身をザギをも超える闇の存在と言い放ち、メモレイサーから溢れ出る闇の波動を吸収し変身‼
再び世界を闇に染め上げようとし、孤門と凪の2人が変身したウルトラマンノアと決戦を繰り広げる。

その後の戦いの行方は不明(ウルトラマンノアが登場するところで終わってしまっているため)。続きが気になる…。
ただ、後のいくつかの作品でノア=ネクサスが別の世界に赴いていることが確認されており、彼が危機に陥った地球をほっぽらかして別の次元世界に行くとは考えづらいことから、激戦の末にノアによって倒されたものと推測される。(他世界故に時系列が前後している可能性もあるが)

なお、その際、男の言動が明らかにビースト、ザギのような発言をしている所から、彼が既に人外、(ビースト化)、或いはザギの残留思念に憑り憑かれていた可能性が示唆されているが詳細は不明である。

また、この小説はウルトラマンサーガ公開後に発表されているため、想定している強さが前述の初期案通りであれば、地球が心配になるほどの大激突が起こったものと思われる。

関連タグ

ウルトラマンノア ダークザギ ダークメフィスト ダークメフィスト・ツヴァイ ダークファウスト

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークルシフェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4342

コメント