2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

デビルマン』に登場するデーモン族の

山羊、狼、蝙蝠などと合体したデーモンで、力強い蹄と角を持ち、全身が黒い毛で覆われている。腕は翼になっている。
頭部にの三面が、にもう一つのが付いた毛むくじゃらの姿をしている。
なお、ゼノンのこの頭部の三面と腹のそれを含めた「四つの顔」には、それぞれ以下のような意味がある。
腹部の顔=獰猛
正面の顔=冷酷
左の女顔=狡智
右の猿顔=邪悪

テレパシー能力を使い、デーモン大侵攻の際に世界中に巨大な幻影を映し出して全人類に宣戦布告した。

漫画・アニメ双方においてほとんど戦闘シーンは描かれていない為、その力は未知数である。

人格は大魔神サタンに忠実であるが、かなりの苦労人でもあり、サタンの人間を滅亡させる作戦やサタンの不動明への恋慕に振り回されたことに対し、本人の前で不満を漏らす場面も見受けられる。
また、多くの部下を失ったとサタンに不満げに口にする場面や、デビルマン軍団との戦いを避ける方法はないのかと進言する場面もあり、理性的な一面も見受けられる。

TVアニメ版・デビルマンでの活躍

CV:柴田秀勝

魔王ゼノンと呼称されており、大魔神サタンが登場しないため事実上のデーモン族のトップとなっている(ただし、劇中では最後まで決着はついておらず、ラスボスは親衛隊長の妖獣ゴッドが担っている)。

テレビマガジン』の特集記事によれば年齢1億歳以上

劇中ではいつもローブを被っていたが、第10話では漫画版と同様の姿を見せた。こちらはにも顔がある。

漫画版・TVアニメ版以外での活躍

CBキャラ』では漫画版最終話でサタンが乗っているドラゴンであるカリオルアーの正体であることが明かされた。
漫画版もこの設定に準拠しているのであれば、ゼノンは強大な力を秘めたデーモンであると言えるだろう。
作中ではお掃除デーモン隊というデフォルメされたキャラ(CV:飯塚昭三加藤雅也長谷有洋今橋かつよ安宅誠石原慎一三井善忠)として活動し、事後処理を行なっていたが、終盤で記憶を取り戻し、ゼノンとしての正体を現した。なお、デビルマンが正義のヒーローらしからぬ卑劣な策(隊長格をぶん殴って人質に取り、ゼノンを弱体化させた)を用いてゼノンが戦闘できなくなった上に飛行要塞グールから落ちて行方不明となる、ここでも1対1の直接対決は実現していない。
なにはともあれ、ゼノンへのリベンジは果たしたことになる。

『AMON デビルマン黙示録』(漫画版)では、分身したり亜空間へ敵を追放する能力を披露したりなど、やりたい放題で暴れまわっていた。しかし、最期はアモンに敗北する。

小説版デビルマンでは登場せず、ルシフェルとディーテ(ルシファーと『神曲』に登場するディーテの市に由来)というデーモンが代役を務めている。

『DEVILMAN crybaby』ではややデザインのディティールを変えて登場。デビルマンと死闘を繰り広げる。

関連イラスト

漫画版

大魔王ゼノン



東映版

魔王ゼノン



関連項目

永井豪
悪魔 魔王
闇の帝王(グレートマジンガー):同じ永井豪作品の敵ボス、アニメ版の声優が同じで劇中での決着はついていない点が共通している。

関連記事

親記事

デーモン族 でーもんぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「悪魔王ゼノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5608

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました