ピクシブ百科事典

悪魔王ゼノン

あくまおうぜのん

ここでは「デビルマン」に登場するゼノンに関して記述する。
目次[非表示]

概要

CV:柴田秀勝TVアニメ版・デビルマン

デビルマン』に登場するデーモン族の
アニメでは魔王ゼノンと呼称されており、大魔神サタンが登場しないためラスボスとなっている。『テレビマガジン』の特集記事によれば年齢1億歳以上
山羊、狼、蝙蝠などと合体したデーモンで、力強い蹄と角を持ち、全身が黒い毛で覆われている。腕は翼になっている。
頭部にの三面が、にもう一つのが付いた毛むくじゃらの姿をしており、アニメ版ではにも顔がある(ただし、アニメにおいてはいつもローブを被っていた)。
なお、ゼノンのこの頭部の三面と腹のそれを含めた「四つの顔」には、それぞれ以下のような意味がある。
腹部の顔=獰猛
正面の顔=冷酷
左の女顔=狡智
右の猿顔=邪悪

漫画版では、テレパシー能力を使い、デーモン大侵攻の際に世界中に巨大な幻影を映し出して全人類に宣戦布告した。

漫画・アニメ双方においてほとんど戦闘シーンは描かれていない為、その力は未知数である。

人格は大魔神サタンに忠実であるが、かなりの苦労人でもあり、サタンの人間を滅亡させる作戦やサタンの不動明への恋慕に振り回されたことに対し、本人の前で不満を漏らす場面も見受けられる。
また、多くの部下を失ったとサタンに不満げに口にする場面や、デビルマン軍団との戦いを避ける方法はないのかと進言する場面もあり、理性的な一面も見受けられる。

漫画版デビルマン以外での活躍

CBキャラ』では漫画版最終話でサタンが乗っているドラゴンであるカリオルアーの正体であることが明かされた。
漫画版もこの設定に準拠しているのであれば、ゼノンは強大な力を秘めたデーモンであると言えるだろう。
なお、デビルマンが正義のヒーローらしからぬ卑劣な策を用いてゼノンが戦闘できなくなったため、ここでも1対1の直接対決は実現していない。

『AMON デビルマン黙示録』(漫画版)では、分身したり亜空間へ敵を追放する能力を披露したりなど、やりたい放題で暴れまわっていた。しかし、最期はアモンに敗北する。

小説版デビルマンでは登場せず、ルシフェルとディーテというデーモンが代役を務めている。

『DEVILMAN crybaby』ではややデザインのディティールを変えて登場。デビルマンと死闘を繰り広げる。

関連イラスト

漫画版

大魔王ゼノン



東映版

魔王ゼノン



関連項目

永井豪
悪魔 魔王

関連記事

親記事

デーモン族 でーもんぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「悪魔王ゼノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4025

コメント