ピクシブ百科事典

ジンメン

じんめん

悪魔ジンメンの甲羅 それは 巨大な かなしみのデスマスク
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 永井豪漫画デビルマン」に登場するデーモン。本項で説明。
  2. カトウタカヒロのパニックホラー漫画。サンデーうぇぶりで連載。


概要

CV:青野武OVA版。TVアニメには未登場) 大塚芳忠サイボーグ009VSデビルマン版)
実写版キャスト:船木誠勝

永井豪漫画デビルマン」に登場するデーモン。魔将軍ザン配下のザン魔団所属。
のようなシンプルな姿をしているが、その甲羅には今まで食った人間が浮かび上がっていると言う衝撃的な設定を持つ。名前は恐らく人面からと思われる。

「なんせ俺は喰っただけだからな、人間の感覚じゃ生き物を食うのは悪い事じゃない、そーだろう?」

甲羅の人面は肉体は死にながらも意識だけはしっかり残っており、甲羅を殴った明に対しては「お前は人間を殺したんだ」と言い、上記の台詞を囁き自分は殺したのではなく「ただ食っただけ」だと嘯いた。

「お前に比べりゃ俺は人間どもの言う様のように慈悲深いよ ケケケ」


最後に甲羅の人面をとし突撃を掛けるも明の知り合いであるサッちゃん(推定年齢五歳)の「お兄ちゃんこいつを殺して!あたしはもう死んでる!あたしはもう死人よ!」との言葉で明が全力で甲羅を攻撃する。


「やめろー、やめてくれー!甲羅をはがすと全員死ぬんだぞ!それでもいいのか?」

ジンメンの悪あがきに対して明はこう言い返す。

「・・・・だが、貴様も死ぬんだろ!」


Devilman



ジレンマを武器にしていたジンメンの最大の誤算は迷いを捨て全力で殺しにかかってくる者が現れた事だった・・・。


序盤の敵キャラでシンプルなデザインながら、そのやり口や結末からジンメン戦は救いのない戦いとなり、主人公不動明や読者の心に深い悲しみを残した。

展開やビジュアルから少しでも自分の背中に今まで食べたさんさんが浮かび上がり、悲しそうにモーモーブゥブゥ言う姿を想像した子供にはマジでトラウマもんである。他の作者の作品にも同様の能力を持つ魔物が登場したことがあり、こちらでは人面にされた犠牲者が次々を噛み切って自決していくことで主人公は迷いを断ち切り、魔物を倒している。いずれにせよそのままの状態では攻撃できなかったというところが恐ろしい。

余談

CBジンメン&ミキ


CBキャラではソックリな妻と娘が登場する。
パチスロ版や実写版ではより亀に近い姿で登場しており、それゆえの気色悪さが増している。
デビルマン対闇の帝王』ではデビルマンに負けて地獄に落ちた後で再び復活し、よりもよりも大きな姿で復活する。しかもこの時には理性の有無を問わず触れたすべての物と合体する力を得ている。
『新デビルマン』に亀のデーモンであるラマッグが登場する。

DEVILMAN crybaby版

第4話『明、来て』に登場。今回は宿り主の方も明確に描かれている。
原作と異なり、飲み込んだ人間の顔は腹部に現れるようになっている。
原作では飲まれたのは明の親友であるサッちゃんだったが、こちらでは宿り主ともどもある人物に変更されている…

デビルマンレディー版

地獄編に登場。
原作で倒されたジンメンが復活したもので、生きようと思えば何度でも復活できるため事実上不死身である。
原作で倒されたのちも死者の魂は解放されず、明に情け容赦なく叩きのめされ全ての魂を開放され、何の力も持たない小亀サイズにまで陥れられ叩き潰された。


関連イラスト

悲しみのデスマスク

 
単に女性の顔が並んでるようなイラストも、こいつの甲羅イメージができる為かタグがつけられている。血や臓物が出るわけでもないがR-18Gイラストも多数。

しかし…

「お気に召したかね…?」
デビルマンレ○プ!ジンメンと化した先輩!


悲しみのデスマスク
悲しみのデスマスク2


印象は強いためか、ネタ方向にぶっ飛んだ、トラウマブレイカーなイラストも多数

関連タグ

永井豪 デビルマン
原作版・不動明(ふどうあきら)
グロゴスG5

声優の盾 これとジンメンの悪行を重ねて見る者もいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジンメン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341961

コメント