ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レイニー・タートロイド

れいにーたーとろいど

レイニー・タートロイド(Rainy・Turtleroid)は、『ロックマンX6』に登場する、8大ボスの一人である。
目次 [非表示]

CV.若本規夫

人物像編集

かつては水質改善チーム所属の、水陸両用巨大ワニガメ型レプリロイド。ゲイトが開発した。

巨大な体格と温厚な性格の持ち主で、シグマと何度も激突して世界を救ったエックスゼロの事を、同じレプリロイドとして尊敬していた。


酸性雨を物ともしない特殊合金で造られた甲羅シールドを装備し、汚染された立入禁止区域も調査可能。

それ故に周囲から危険視され、弱体化を命令されていたが、開発者のゲイトは命令を無視し続けた。

その結果、タートロイド自身が自分の甲羅を引き剥がし自害してしまう。

その後、ゲイトに再生され調査員となったタートロイドは、生き返らせてくれたゲイトのために、自らを待ち受ける運命を自覚しつつ、エックス達に戦いを挑む。


しかし、彼もまた自我を持つレプリロイド。如何にオーバースペックとはいえ、本人の人柄を踏まえれば周囲の信頼を得ることもさほど難しくはないようにも思えるが…

周りを顧みないほどゲイトを崇拝していたのか、もしくはゲイトや彼が作ったレプリロイドを嫌う人物に一方的に危険視されていたのだろうか?

ただし、ゲイトの項目を見ればわかる通り作成者本人にしかわからないほど複雑なプログラムが使われている上に、そもそもからして上官命令を無視した作成者の方にも非はある(ゼロも、彼と似たような経緯から処分されたゲイト製レプリロイドについては「危険性がある以上、然るべき処置ではある」と発言している)。

どの道、タートロイド本人には自害するまでの責はないというのが救えないが…


対峙するとエックスやゼロをレプリロイドとして尊敬しているとしつつも、二人の協力してくれという要請に対しては「自分には主から与えられた使命がある。それに背く訳にはいかない。」としてきっぱりと拒絶。

「主を苦しめてしまった分、私は命を賭けてでもこの使命を果たす。(引けないのなら)貰ってくれ、我が命!!」とあくまで敵対する意思を崩さないタートロイドに対し、

ゼロは意志を尊重してか「ならば受けて立つ!!」と真っ向勝負で応え、エックスは理解者足り得るかもしれぬ相手を倒さなければならないことに「嫌だ、(お前とは)戦いたくない!!」と苦悩することしかできなかった。


同期のシェルダン同様、甲羅は見た目通りの圧倒的な防御力を持ち、更にその内部には無数の仕込み刃やミサイルが内蔵されている。


Xチャレンジでマンドリラーと組んでいる時、キャプションの文章はドラゴンボールZのオープニングを想起させる。


余談だが他のシリーズと異なり、X6の8大ボスには「異名」が設定されていない。


登場ステージ編集

酸性雨の降り注ぐステージ内でギミックを破壊して、雨を止ましながら進んでいくミッション。酸性雨に長時間触れていると体力が少しずつ削られていく。また、他ステージでナイトメア現象が発生すると、画面が暗闇となり、スポットライトのみを頼りに進むことになり、非常にストレスがたまる。

イナミテンプルというステージ名は「いなみ」の意と思われる。寺院らしい建造物が確認できるが、降り注ぐ酸性雨の影響か先日のコロニー落下事件の影響か、いずれにせよ崩壊しており、Xは貴重な文化財が破壊されている現状に怒りを滲ませた。なお、寺院であるにもかかわらず神社鳥居らしきものがあったりなど、デザインは割と適当(見方によっては神仏習合的)。

ただし、場所はどうも日本ではないようで、地図上ではガラパゴス諸島に位置する。タートロイドのモチーフに合っているといえば合っているのだが、日本的な要素と噛み合っていないステージに思える。


使用技編集

アジャスト・コア

背負うバックシールドに埋め込まれている、2つの緑色のコア。

コアが破壊しない限り、ダメージを与えられない。

破壊すると、ダメージを与えられる。また、一定時間の経過でコアが修復される。


ハッチ・ミサイル

多少のホーミング性能を有する、ミサイルを連射してくる。


ソー・ローリング

「覚悟しろ」の声とともに、身体を収納し、甲羅に刃をつけたまま、回転体当たりをしてくる。


ソー・ホッピング

回転体当たりの時に、跳ねてくることがある。


メテオレイン1

タートロイドの体力ゲージが、一定量減少すると使ってくる。

「終わりだ!」の声とともに、ソー・ローリングを使用している時に、特殊水弾を撒き散らしてくる。


メテオレイン2

難易度を「むずかしい」にした時のみ使ってくる。

特殊水弾を上空に放って、画面外から降り注がせてくる。


断末魔編集

「ぐぉぉあーーっ!!」

「気は優しくて力持ち」を体現したような彼の悲しい最期。たまに「ウボァー!!」と聞こえてしまう事も…


弱点武器編集

エックス:アイスバースト

ゼロ:(ガードシェル)


ゼロの場合、氷狼牙では、天井の高さがタートロイドの大きさよりも高い為、氷狼牙ではダメージを与える事が出来ない。そのかわり、動きが遅いタートロイドには、ガードシェルでミサイルを防ぎながら、鬼火力になったゼットセイバーで斬りつけられる。

8大ボスの中、カードシェル+セイバーの鬼火力が効くのはレイニー・タートロイドだけ。他のは即座無敵になる。

ちなみに、ソー・ローリングやソー・ホッピング等でタートロイドが空中にいる時にアイスバーストを当てると、被ダメージのリアクションが終わった後に空中に棒立ちするというシュールなバグが起きる。

獲得武器編集

メテオレイン(エックス)

通常:真上方向に水の弾を発射する。

弾は天井に当たると真下に跳ね返り、地面に着くと消える。

2連射まで可能。

チャージ:真上方向に水の弾を撃ち上げた後、画面上部から無数の水の弾が斜め下方向に振り注ぎ、画面広範囲を攻撃する。

振ってくる位置はランダム。


円水斬(えんすいざん)(ゼロ)

下+特殊攻撃ボタン。

その場で自身の周囲に高速回転斬りを放つ。空中でも1回だけ使用可能。

ボタンを連打することで連発できる(空中では攻撃時間が若干延長される)。

なお、ダメージ時などの無敵時間中に使用すると何故か無敵時間が解除されてしまう。


メタルシャーク・プレイヤーの弱点。

関連イラスト編集

マイデッキ {レイニー・タートロイド}


余談編集

当初、ウィキペディアや当記事でタートロイドの担当声優はブリザード・ヴォルファングを演じた石川英郎氏と記されてあったが、データ内のボイスを聞くと若本規夫氏のそれに近い(「終わりだ!」と「天の怒り!」の部分が分かりやすい)。

恐らく、ゲーム内で使用しているボイスはピッチが上がってるもののため、石川氏が演じたとプレイヤーの間で認識され、さらにEDクレジットでは役名表記無しというのもあったため、それが広まったとされる(同様の理由にコマンダー・ヤンマークが該当する)。

なお、ウィキペディアでは2024年現在でも表記が石川氏のままである。


関連タグ編集

ロックマンX ゲイト

関連記事

親記事

ゲイト げいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29219

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました