ピクシブ百科事典

ワニガメ

わにがめ

爬虫綱カメ目カミツキガメ科に属する大型の淡水ガメ。
目次[非表示]

概要

淡水域に棲息するカメとしては最大の部類で、最大甲長80センチメートル、最大体重113キログラム。メスよりもオスの方が大型になる。ごつごつした甲羅、長い尾、鋭い爪が特徴。
非常に頭部が大きく、噛みつく力が強い。その顎の力はパイナップルをひと噛みで真っ二つにし、小型のカメなら甲羅ごと粉々に噛み砕くほど。の箱に入れれば噛み破って逃走するのは当たり前、人間でも噛まれればその部位がクッキーカッターのように引き千切れるらしい。
先に皮膚で出来た「疑似餌」を持っており、普段は水底に潜み隠れ、「疑似餌」を見せつけるように口を大きく開いてじっとしている。そして疑似餌におびき寄せられて近づいて来たをパクッ!と捕食する。他に貝類や死肉、植物質なども食べ、個体によって肉食傾向が強かったり植物食傾向が強かったりと様々だと言う。

嘗てはペットとして人気が高かったが、原産地で大きく数を減らしている事と、日本において飼育個体を違法に放流する事例が後を絶たず野生化・生態系撹乱の懸念から、平成12年には「危険動物」認定され、さらに飼育に当たって特別な許可が必要になる「特定動物」の指定が為される。これにより流通が大幅に制限されるようになった。

怪獣映画「ガメラ」のモデルとも言われている。

なお、『キン肉マン』で変身超人・スニゲーターがワニガメに変身した際「通称カミツキガメだ!!」と言っているが、カミツキガメとは全くの別種である。
見分け方は背中がゴツゴツしてるのがワニガメで、ツルツルなのがカミツキガメ。

関連項目

爬虫類 危険生物

関連リンク

NPO法人 ワニガメ生態研究所
持ち込まれたり野生化後捕獲されたりしたワニガメやカミツキガメを保護、飼育している施設。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワニガメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43885

コメント