ピクシブ百科事典

カジリガメ

かじりがめ

カジリガメとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.834
ぶんるいかみつきポケモン
タイプみず/いわ
たかさ1.0m
おもさ115.5kg
とくせいがんじょうあご/シェルアーマー/すいすい隠れ特性


進化

カムカメカジリガメ(Lv.22)

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』から登場するポケモン。
カムカメが進化した姿で、進化の影響によっていわタイプが追加された。ちなみに発売前からメディアに公開されていたポケモンの一体で、そういった意味ではカムカメよりも登場は早かった。

モチーフはワニガメと思われ、また名前や分類にある通りおそらくカミツキガメの要素も取り入れられている。ちなみに現実のワニガメとカミツキガメは共に「カミツキガメ科」に属する仲間である。

ギザギザの牙は岩や鉄をも嚙みちぎるほど鋭く強力。非常に重い岩の甲羅を持つが、発達した筋力によって素早く動くことができる。
首は伸縮自在で、離れたところから首を一気に伸ばして敵を仕留める。

非常に凶暴な性格で、優れた腕前を持つトレーナーでなければ扱うことが難しく、扱いきれずに捨ててしまう身勝手なトレーナーもいる。逆に言えばこのポケモンを育てて来たトレーナーは優秀な資質を誇り、ポケモンを大切にしている証拠と言えるだろう。

もっとも、ゲーム中ではバッジさえあれば普通に指示は聞いてくれるし、ポケモンキャンプでもトラブルを起こしたりはしない。

キョダイマックス

キョダイマックス!!!


タイプみず/いわ
たかさ24.0m~
おもさ???.?kg

かみつきポケモン・カジリガメがキョダイマックスした姿。
正式名称は『カジリガメ(キョダイマックスのすがた)』。

キョダイマックスのパワーによって、胴体を守る岩の甲羅が頭部を覆うまでに大型化し、手足もより太くがっしりとしたものになった。また、角や各部の突起も大きさ・数が拡張している。
重量バランスが変化した為か、後ろ足で立ち上がった二足歩行となり、その姿勢から巨体を生かして相手のポケモンにのしかかることで押し潰す。

筋力も通常のダイマックスより強化されており、甲羅の中に縮めている首を急激に伸ばして攻撃する力と、巨大な鉄塔も易々と噛み切ることができるほどのあごの力が相まって、岩山に一撃で大穴を穿つことが可能。
大昔には岩山を噛み崩して、洪水をせき止めたという伝承も語り継がれている。

と、公式サイトには記述されているが、ダイマックスしたポケモンは複数回行動するレイドボスを除いて技が全て飛び道具のダイマックス技に変化してしまうので、肉弾戦をする事は基本的に無い。

このカジリガメが放つみずタイプの技はダイストリームではなく「キョダイガンジン」へと変化。みずタイプのダメージを与えるだけでなく、相手のフィールドにステルスロックを撒くことができる。

モチーフは亀の怪獣として名高いガメラであると思われる。ちなみに、昭和シリーズのガメラもワニガメモチーフである。

マックスレイドバトル

キョダイマックス化したカジリガメを入手するには、レイドバトルに打ち勝って捕獲する必要があるのだが、☆5のコイツはソロプレイだとほぼ運に身を任せないと攻略不可能なほど凶悪な強さを誇る。

筆頭すべき凶悪さはそのワザによるコンボ。
コイツはよく最初にダイロックを放ち、そこへから更に追い打ちの如く全体攻撃のいわなだれをぶちかまして来るため、必ずと言っていいほど1ターン目でサポートポケモンの誰かがひんしになり、酷い時には1ターン目でプレイヤー以外全員ひんしになる事も。

と言うかマックスレイドバトルのソロプレイにおいて最も厄介なのは紙耐久のサポートポケモンへの気配りなのだが、カジリガメに至ってはもはやコンボが凶悪過ぎて毎ターン必ずと言ってもいい程誰かがやられるので、もはや運ゲーと化してしまうのである。

下記の通りソロでも☆5を攻略できないことはないようだが、困難なのは間違いないので、図鑑を埋めるだけが目的なら☆4の個体が出るまで待つか、インターネットに接続してレイド参加者を募ろう。
上記の通り最大の問題は「仲間のNPCがすぐ死ぬ」ことなので、ムゲンダイナ持ちがうじゃうじゃいるマルチであれば余程のことがなければ倒すところまで持っていける。

なお、2020年1月10日以降は大量出現がおさまり、特定の巣穴(巨人の帽子のげきりんの湖との境目に最も近い位置)を除いて出現しなくなったため、そこに当たらない限りはその強さを味わう機会は無い。

攻略方法

(現在募集中。どんどん追加していってください。)

  • リフレクターダイマックスキラー
    • リフレクターを覚えさせたレベル100育成済みムゲンダイナにひかりのねんどを持たせ、ダイマックスほうを連射しているとソロでも撃破できたという報告があるが、それでも運が絡むとの事。
    • ザマゼンタでも同じ様な戦法が可能。ザマゼンタの専用技は物理なので砂嵐で敵のとくぼうが上昇してしまっても安定したダメージを与えられる。
  • いかくなどによる攻撃の低下

ゲーム上における特徴

ゲーム中ではルリナの切り札として登場する(彼女曰く「隠し玉」)。
初めて戦う際には通常のダイマックスで戦うが、再戦以降は後述するキョダイマックスできる個体を用意してくる。

キョダイマックス可能なポケモンは通常のダイマックスが不可能である事から、彼女は育成が難しいカジリガメを、少なくとも2体は所有している模様。しかも不動のエース枠である。流石はジムリーダーと言うべきか。

他にもストーリー後半でエール団がこのポケモンをエーテル財団の如く保護(?)しようとしている場面もある。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
9011590486874

どっしりとした外見に違わず物理方面の数値は攻守共に高め。しかし過去に登場した亀系ポケモンと比較すると、防御力よりも攻撃力の方にかなり比重を置いているのが特徴。

もろはのずつきアクアブレイクといったタイプ一致の大技は勿論、意外なくらい充実したサブウエポンを取り揃えており、覚えさせる技には困らない。地味にが生えているため、メガホーンどくづきじごくづきなども習得できるのが嬉しい。
一方で特殊方面は控えめで、特にくさタイプの特殊攻撃には非常に弱いという明確な弱点が存在するのがネック。

図鑑でも語られているように、見た目ほど鈍重ではない。素の状態では中途半端とも言えてしまう数値だが、こわいかおがんせきふうじなど相手の素早さを下げるわざを豊富に覚えるため、下準備さえ整えてやると大抵のポケモンから先手を奪えたりする。

逆にカウンターリベンジなど、遅さを利用できるようなわざも覚えるので、どう調整するかはトレーナーの腕の見せ所。
ちなみに亀系ポケモンでは珍しくからをやぶるを覚えない。もし覚えられれば半端な素早さがより生きただけに残念である。

アニメにおけるカジリガメ

新無印編の第12話にて、物語の終盤に初登場。
シュートスタジアムの側にいたのを試合観戦後のムコニャが見つけ、ゲットするべくレンタルしたマダツボミをけしかけられるも、偶然土地から漏れ出したエネルギーでキョダイマックスしてしまう。

そのまま怒って、一行を追いかける形で大暴れしてしまうが、騒ぎを聞きつけたサトシ達との戦いとなり、同じくキョダイマックスしたピカチュウとの打ち合いに敗北。元のサイズに戻り、どこかへと去っていった。

余談

タイプはカブトプスガメノデス等と同じ、みずといわの複合。アバゴーラとはタイプに加えて亀モチーフまで一致している。
現実でも捨てられたペットのワニガメやカミツキガメが外来種として問題になっていることをオマージュした設定と思われる。

関連タグ

ポケットモンスター みずタイプ いわタイプ
ポケモン剣盾

ポチエナ グラエナ…分類が同じ。

カメックスコータスドダイトスアバゴーラバクガメス……同じく亀ポケモン。

ウオノラゴン……がんじょうあごを持つガラルの水ポケモン。

関連記事

親記事

カムカメ かむかめ

pixivに投稿された作品 pixivで「カジリガメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 643032

コメント