ピクシブ百科事典

がんじょうあご

がんじょうあご

がんじょうあごとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第6世代
効果歯やキバに関連する技の威力が1.5倍になる。


概要

第6世代初登場の特性。
チゴラス系統の専用特性として登場。後にメガサメハダーヤングース系統、ハギギシリもこの特性を獲得した。
なおおおあごポケモンはこの特性を持っていない。

具体的な適用技は、

かみくだく かみつく かみなりのキバ こおりのキバ サイコファング どくどくのキバ ひっさつまえば ほのおのキバ
(昇順)
当然ながら威力が定量的ないかりのまえばは対象外。

性能

技の適応範囲が狭い為か、補正は1.5倍と実際はタイプ不一致である技でもタイプ一致に等しい威力と化す。

ガチゴラスは多くのキバ技を習得でき更にこうげきも高いが、キバ技にはいわ技もドラゴン技もないのでサブウェポンの強化しかできないのが難点。
メガサメハダーの場合は適用技が少ないものの、メインウェポンであるタイプ一致「かみくだく」が強化されるため、相性はいい。サブである「こおりのキバ」「どくどくのキバ」の破壊力も馬鹿にできたものではなくなる。
デカグース同特性持ちで初の「ひっさつまえば」使いで、上記のうち「どくどくのキバ」「サイコファング」以外全て覚えられる。
ハギギシリは同世代初登場の「サイコファング」の優秀な使い手として登場し、他に「かみくだく」「どくどくのキバ」「こおりのキバ」も対象。こうげきはこの中で一番低いものの、「サイコファング」の威力は85とキバ技では最も高いため使い勝手がよい。

関連タグ

ポケモン 特性
てつのこぶし……「パンチ」系の技の威力を1.2倍にする。

pixivに投稿された作品 pixivで「がんじょうあご」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231

コメント