ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第3世代
いりょく50
めいちゅう100
PP15
タイプどく
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考30%(〜第5世代)→50%(第6世代)の確率で相手を「もうどく」状態にする


概要

第3世代から存在する技。
猛毒を帯びたキバで相手に噛み付く技。
習得者は主にどくタイプだが、ポチエナクチートチゴラスと言った例外も。
ポケモンの技では唯一となる追加効果で相手を「もうどく」状態にする技である。
(どくびしも「もうどく」状態に出来るが追加効果ではない)

このように、追加効果は優秀。
なのだが、威力はなんと僅か50。しょぼ過ぎる。
「追加効果が強いんだから威力は低くて当然」と考えたくなるが、どく技には(追加効果こそ「どく」ではあるが)同確率・威力80でどくタイプ不動の安定型物理攻撃技のどくづきが存在している。
しかもあちらは技マシンの技。汎用性でも負けてしまっているのである。

追加効果に賭けようにも、相手を「もうどく」状態にするなら不動のどくどくの存在が大きすぎる。
追い討ちをかけるようにXYではどくタイプの使う「どくどく」が必中になってしまった。
習得者の大半がどくタイプのポケモンである事が完全に仇になっている…。

一応ガチゴラスがフェアリー対策に積む場合もある。
が、特性・相性を加味してもストーンエッジでいいと言う結論に繋がってしまう。
(ストーンエッジ…100×1.5(タイプ一致)=150・どくどくのキバ…50×1.5(特性)×2(弱点)=150)
ちなみにどくどくのキバのダメージがストーンエッジのダメージを越えられるのは相手がエルフーンの時のみである…。

ちょうはつで止まらなかったり、攻撃と「もうどく」状態の両立が出来たりする点は評価出来なくも無い。
第6世代ではもうどく状態にする確率が上がったが、確率50%ではまだまだ不安が残る。
ほっぺすりすりのような技であればまた使用者が増えたかもしれないが…そう考えると残念な技である。

ポケモンGO

リリース時から3ゲージ技として分類されている。だが、性能は正直なところ弱い
3ゲージとはいえ威力が35。トレーナーバトルでも必要量は35だが威力が40。しょぼ過ぎる。
おまけに習得者もいまいちなやつが多いため不遇技扱いされていた…


だが、リリースされてから5年後の2021年、転機が訪れる
GOバトルリーグのシーズン8実装に伴い、「すなじごく」や「とびかかる」と同様、100%の確率で相手のぼうぎょを下げるという効果が追加されたのだ。
この効果が追加されたことで相手にダメージ量をじわじわと増やしていく疑似グロパンへと大幅にパワーアップ。
更にその習得者というのも、

とどういうわけか軒並みDPSが高いやつが多いので、これまで「あまえる」で無双してきたフェアリータイプにとっては大きな脅威となっている。

ただし、グロウパンチと違うのは言うまでもなく「相手に効果をかける」という仕様である以上、交代されるとそれまでのデバフが全て無に帰してしまう。相手の立ち回りを警戒しながら戦うといいだろう。

また、GOロケット団したっぱ()が繰り出すニドラン♂ニドラン♀ニドリーナポチエナ系統や、リーダーのアルロが繰り出すコンパンがこの技を持っていることがあるため、撃たれると非常に厄介。後続の通常技が「かみつく」等の連射性に優れた技だったら泣いてもいい。そのため、この2名との対戦では場合によっては交代も吟味する必要が出てきた。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
どくタイプ どく状態 
がんじょうあご
かみつく ひっさつまえば かみくだく ほのおのキバ かみなりのキバ こおりのキバ サイコファング

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「どくどくのキバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7006

コメント