ピクシブ百科事典

クロバット

くろばっと

クロバットとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.169
分類こうもりポケモン
タイプどく / ひこう
高さ1.8m
重さ75.0kg
特性せいしんりょく / すりぬけ(隠れ特性)


他言語版の名称

英語Crobat
イタリア語Crobat
スペイン語Crobat
フランス語Nostenfer
ドイツ語Iksbat


進化

ズバットゴルバット(Lv.22)→クロバット(なつき進化)

ズバゴルクロバット



概要

初登場は『ポケットモンスター 金・銀』(第2世代)。
ゴルバットがよく懐く事で進化するポケモン。強面なようで愛に満ちている。
名前の由来は交差した羽の形状や英語版の綴りからしてクロス(Cross)+バット(Bat)。Nintendoスペースワールド'97 ベータ版で既にゴルバットの進化系として登場しており、当時はエクシングという名前だったことからもクロスモチーフということが伺える。

ゴルバットと比べると翼と体の青色と紫色が逆転。より速く、静かに飛ぶことを追い求めた結果、両足に羽が生えて翼は4枚にグレードアップ。公式イラスト等では分かりにくいがちゃんと短い足は残っている。夜行性で、普段は4枚の翼で空を飛んでいるが、腕か足の翼のどちらかだけで飛んでいる事があり、長距離を飛ぶ為に使い分けているらしい。
注意深く聞きとらないと聞こえないほどの羽音で飛ぶため、隣を通られても気づかないことが多い。相手に気づかれる前に血を抜き取るという。また、噛まれても全く痛みが無いのだという。
しかし飛ぶスピードと引き換えに、枝に止まって休んだり、歩いたりするのは下手になってしまった。這いずり回ることしか出来ない。その上、数滴の血を吸わないだけで弱ってしまう。
しかし進化論に基づけば、野生では必要不可欠だった足が人間に懐いて共存した結果として退化してしまうのも十分あり得ることではある。ただし、木に捕まって休めるぐらいには使い道がある様子。
……後年の作品でクロバットそのものが野生出現しているのはどういうことなのだろうか?

翼になった足とは別に存在している「短い足」については図鑑では一度もはっきり触れられたことがなく、それどころか「『翼になった足』が飛行だけでなく止まるための本来の足の役割も果たす」と捉えられる記述がされている。一方で「短い足」は金銀の後ろ姿ドットの時点で目立たないながらもちゃんと描かれており、これ自体は登場初期から存在している器官である。
「元々の両足が翼になったうえで、小さな短い足が急遽新たに出現した」のか、はたまた「『短い足』に見えるものは実は足ではない」のか、このあたりが文章で明確にされる日は来るのか。ゲーフリのみぞ知るところ。

ポケスタやバトレボだと異様に不気味な顔になることでも知られている。『XY』から本家グラフィックも完全3Dに移行したが、こちらはちゃんと公式準拠になっているのでご安心を。

なつき進化にもかかわらず、悪の組織のボスの手持ちになっている事が非常に多い。
悪の組織のボスといえどポケモン達への愛は純粋かつ本物であるという解釈が定番となっている。
特に『金・銀・クリスタル』のライバルの場合、ポケモンリーグ直前まではゴルバットだったのがその後の再戦ではクロバットに進化している
主人公に何度挑んでも勝てなかった事から「ポケモンを思いやる」事の大切さに気づき、ライバルの心境の変化が何も言わずとも明かされるという中々ドラマチックな演出を担っている。

ゴルバットとは異なり、『金・銀』当時から「そらをとぶ」を覚えられる。

ちなみに伝説のポケモンメガシンカを除くとどくタイプのポケモンの中で合計種族値が一番高い。
それも御三家ポケモンとほぼ同格の535になっている。

ゲームでの性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
クロバット8590807080130535
ゴルバット758070657590455
進化前比較+10+10+10+5+5+40+80

素早さに定評があり、サンダースプテラに並ぶ素早さ130族の1体である。
この速さに加え、特性は「せいしんりょく」である為、ダブルバトルでは良く使われる「ねこだまし」の怯みに対して耐性を持てている為、よほどの事が無い限り確実に行動する事が出来る。
豊富な補助技を用いた嫌がらせが得意だが、攻撃も結構侮れない。

しかもコウモリのくせに何故かオニドリル等を差し置いて「ブレイブバード」を覚える。
技「じしん」に強いどくタイプが如何に厄介かを思い知らせてくれる一体。

登場当時何故か「ヘドロばくだん」を覚えなかったが、第3世代から覚えられるようになり、主にダブルバトルで活躍するようになった。
第4世代では同技が特殊技になってしまったが、代わりにさいみんじゅつブレイブバードを遺伝で覚えられるようになった(ただし当時は同時に習得はできなかった)。
HGSSでは教え技として「いかりのまえば」を覚えられるようになった。

第5世代ではシャレのつもりなのか、「アクロバット」を自力で覚えられるようになった。
ブレイブバード」の代替になり、反動ダメージを気にせず使えるのは利点。
隠れ特性として「すりぬけ」が追加。「しんぴのまもり」を無視できる「さいみんじゅつ」使いとしてシングルバトルで用いられ始めた。

第6世代では隠れ特性の「すりぬけ」に「みがわり」貫通の効果が追加され、ダブルバトルでも採用の余地が出てきた。
「すりぬけ」はクロバットお得意の豊富な補助技や微妙な攻撃力を補う「いかりのまえば」とも非常に相性が良い。
また、「アクロバット」と相性が良いジュエルの消失の代わりに♀親からも技を遺伝できるようになったため、「さいみんじゅつ」と「ブレイブバード」の同時遺伝が可能になった。

第7世代では「きゅうけつ」が威力80に強化された事により特殊型ならギガドレイン、物理型なら「きゅうけつ」の使い分けが可能になった(その影響ですいとるが最初から覚える技になった)。
その陰で「アクロバット」が自力習得から没収された。何故。

一方で飛行しているため、どくタイプなのに「どくびし」を回収できない。また、第4世代以降「ヘドロばくだん」が特殊化してしまった事で毒物理面が貧弱なのもマイナス点。
覚えられるどく物理技の最高威力はクロスポイズン」(威力70)止まりである。異常に攻撃が高いというわけではないためどうしても「ブレイブバード」のような強力なタイプ一致技が欲しくなるクロバットにとってこれは相当痛い。
第6世代以降「フェアリータイプ」の登場でどく技の需要が急増しているが、上記理由でその流行りにやや乗り切れていない感があるのが実に残念である。

とはいえこの素早さで比較的安定した耐久力で、かつ「おいかぜ」「ちょうはつ」「いかりのまえば」による高速サポートが可能であることから、主にダブルバトルで活躍している。
特に伝説戦ではゼルネアスグラードンといった自身がメインウェポンを半減・無効できる相手が活躍しているため、サポートが行いやすい。

ポケモンレンジャーでは

初代から登場。クリア前はアリアドスと共にゴーゴー団が繰り出してくるが、クリア後はパヌラの洞窟奥地に出現するようになる。戦闘では超音波を発してくるが、この時の口の形が非常に怖いのが特徴。
バトナージ」ではアンヘルビルに出現。超音波に加え、毒沼と毒ガスを発生させるようになった。また、フィールド技も「こわす3」となったが、終盤ということもあって、あまり使うシーンがない。
光の軌跡」ではマジックの配下として登場。イリュージョンの影響で通常よりも巨大化しており、例の表情もより恐ろしいものになった。こちらではコウモリらしい超音波は取り上げられて、突進攻撃が代わりに追加された。ブレイブバードなのだろうか?


主な使用キャラ

ライバル(『金銀クリスタル』・『HGSS』)
キョウ / 四天王(ジョウト)
アンズ / ジムリーダー(カントー)
マツブサ / マグマ団
アオギリ / アクア団
アカギ / ギンガ団
ホミカ / ジムリーダー(イッシュ)(PWT)
ハヤト / ジムリーダー(ジョウト)(PWT)
クセロシキ / フレア団
エスプリ / ポケモントレーナー
プルメリ / スカル団
グラジオ / ポケモントレーナー
カヒリ / 四天王(アローラ)
ネネ / ポケナガユニークブショー
タケシ / (アニメ無印編 SM編でも1度だけ繰り出した)

可愛くおめかしした写真を額縁に入れられコガネ地下通路に晒される刑
キョウクロバット


四天王の娘さん
カヒリとクロバット



関連イラスト

かいけつ


クロバットは はねやすめ を した!
新作!?そんなことよりズバットとクロバットに萌えようぜ!!



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 どくタイプ ひこうタイプ
コウモリ型つながり:コロモリ ココロモリ オンバット オンバーン ルナアーラ

関連記事

親記事

ゴルバット ごるばっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロバット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1937002

コメント