2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

130族

ひゃくさんじゅうぞく

ポケモンの(主に素早さの)種族値で130を有しているポケモンに対してつけられるタグ。
目次[非表示]

概要

種族値130の値が存在するポケモンのこと。
一般的には種族値が130あれば、ガチ環境においてもその項目は「優れている」と言って差し支えない高水準なステータスだと言える。

ポケモンの対戦においては、特に「すばやさ」のステータスは1違うだけで先手後手が確定するため、他のステータスに比べて細かい実数値が特に重視されている。その一例として、超高種族値であるウルトラネクロズマの素早さ種族値は、130族で上から叩かせることを狙ってか素数ではない129だったりする。
このように特に素早さ種族値130が重視されているため「130族」は素早さ種族値が130のポケモンに対する総称としての使い方が主流。
以降n族(nは自然数)は特記が無い限り素早さ種族値を示す。

第8世代現在

ほぼ最速クラスのポケモンの代名詞。
何らかの素早さ補正を加えることで確実に先手を取れるようにしたい場合、この130族を抜けるように素早さ調整をすればよいという目安にされてきた。
理由は諸説あるが、

  1. 素早さ130を上回るポケモンがそもそも少ない(メガシンカおよびサトシゲッコウガ、禁止級を除けば8匹のみ)
  2. 素早さ130が初代から複数匹存在していた(下記で言うとサンダース・プテラ・ミュウツーの3匹)
  3. 第3世代以降で最速にした時の値が「200」と非常にキリがいい
などがあると思われる。

複数匹いると言っても、素早さがピッタリ130族の数は少ない。
第2世代のクロバット以来久しくメガシンカ以外での追加種族がいなかったが、第7世代になってカプ・コケコが加わり、このポケモンが対戦で超強力なことから、高速ラインの基準として面目躍如。第8世代でもコオリッポとレイスポスが加わったが、この上を行く素早さ種族値142のドラパルトや、素早さ種族値200のレジエレキまで登場し、更に件のカプ・コケコも弱体化したことから、基準としてはやや弱くなった。

素早さ130を上回る種族のうち、実は3匹がむしタイプだったりする。

もし130族を抜きたい場合、素早さ種族値が70以上であれば、最速にし、こだわりスカーフやりゅうのまいなどで素早さを1段階アップ(1.5倍)させることでこのラインを上回ることができる。
なお同条件ですばやさに補正をかけない準最速の場合は素早さ種族値82以上が必要となる。
「おいかぜ」や「ようりょくそ」等で2倍にする手段を持っているなら、素早さ種族値40以上であれば最速にした上でこれらの手段を使うことで上回ることができる。準最速の場合素早さ種族値49以上が必要。

該当するポケモン (第9世代現在)

メガシンカ等の戦闘中に変わる強化形態ではないポケモンの名前は太字
各種最速であるポケモンには太字で最速を記しておく。

ポケモン名タイプ立ち位置備考
サンダースでんきブイズブイズ最速
プテラいわひこう化石ポケモン化石ポケモン最速(素形体)
ミュウツーエスパー禁止級
クロバットどく・ひこう
メガゲンガーゴースト・どくメガシンカ
メガミュウツーXエスパー・かくとう禁止級・メガシンカ
カプ・コケコでんき・フェアリー準伝説
コオリッポこおりナイスフェイス
ムゲンダイナどく・ドラゴン禁止級通常・ムゲンダイマックス時共通
レイスポスゴースト準伝説

130族より素早いポケモン (第9世代現在)

以下、素早さ種族値が低い順で明記。
メガシンカ等の戦闘中に変わる強化形態ではないポケモン及び基本形態にあたるポケモンは太字
各種最速であるポケモンには太字で最速を記しておく。

ポケモン名タイプS立ち位置備考
サトシゲッコウガみずあく132御三家キズナ現象水御三家最速
メガライボルトでんき135メガシンカ
メガミミロップノーマル・かくとう135メガシンカ
ガラルヒヒダルマこおり・ほのお135ガラルのすがたダルマモード
ハバタクカミゴースト・フェアリー135パラドックスポケモンこだいかっせい持ち
パオジアンあく・こおり135準伝説
コライドンかくとう・ドラゴン135禁止級
ミライドンでんき・ドラゴン135禁止級
カマスジョーみず136すいすい持ち
テツノツツミこおり・みず136パラドックスポケモンクォークチャージ持ち
ザシアンフェアリー138禁止級れきせんのゆうしゃ時・禁止級最速(素形態)
ザマゼンタかくとう138禁止級れきせんのゆうしゃ時・禁止級最速(素形態)
メガミュウツーYエスパー140禁止級・メガシンカ
ドラパルトドラゴン・ゴースト142600族600族最速
ゼラオラでんき143幻のポケモン
アギルダーむし145かるわざ持ち
メガスピアーむし・どく145メガシンカ
メガジュカインくさ・ドラゴン145御三家・メガシンカ草御三家・ポケモン御三家最速
ザシアンフェアリー・はがね148禁止級けんのおう時
マルマインでんき150
ヒスイマルマインでんき・くさ150ヒスイのすがた
デオキシスエスパー150幻のポケモンノーマルフォルム・アタックフォルム時・幻のポケモン最速(素形態)
メガフーディンエスパー150メガシンカ
メガプテラいわ・ひこう150化石ポケモン・メガシンカ化石ポケモン最速
バドレックスエスパー・ゴースト150禁止級こくばじょうのすがた時・禁止級最速
フェローチェむし・かくとう151準伝説(ウルトラビースト)
テッカニンむし・ひこう160かそく持ち
デオキシスエスパー180幻のポケモンスピードフォルム時・幻のポケモン最速
レジエレキでんき200準伝説全ポケモン最速

禁止級伝説を除くとテッカニンが一番速かったのだが、『冠の雪原』で遂にレジエレキに最速を譲った。
しかもスピードフォルムのデオキシスすら抜き全ポケモンでも堂々の最速である。

各タイプ最速表 (第9世代現在)

以下、素早さが遅い順に明記。
メガシンカ等の戦闘中に変わる強化形態ではないポケモンは太字
各種最速であるポケモンには太字で最速を記しておく。

ポケモン名タイプS立ち位置備考
アローラダグトリオじめん・はがね110アローラのすがたはがねタイプ最速(素形態)
ダグトリオじめん120じめんタイプ最速
オオスバメノーマル・ひこう125序盤鳥ノーマルタイプ最速(素形態)
ファイアローほのお・ひこう126序盤鳥ほのおタイプ最速(素形態)
プテラいわ・ひこう130化石ポケモンいわタイプ最速(素形態)
クロバットどく・ひこう130同率どくタイプ最速(素形態)
ムゲンダイナどく・ドラゴン130禁止級同率どくタイプ最速(素形態)
メガミミロップノーマル・かくとう135メガシンカノーマルタイプ最速
ガラルヒヒダルマこおり・ほのお135ガラルのすがたダルマモード時・ほのおタイプ最速
パオジアンあく・こおり135準伝説あくタイプ最速
カマスジョーみず136すいすい持ち・みずタイプ最速
テツノツツミこおり・みず136パラドックスポケモンクォークチャージ持ち・こおりタイプ最速
ザシアンフェアリー138禁止級れきせんのゆうしゃ時・フェアリータイプ最速(素形態)
ドラパルトドラゴン・ゴースト142600族ドラゴン・ゴーストタイプ最速(素形態)
メガスピアーむし・どく145メガシンカどくタイプ最速
メガジュカインくさ・ドラゴン145メガシンカドラゴンタイプ最速
ザシアンフェアリー・はがね148禁止級けんのおう時・フェアリー・はがねタイプ最速
ヒスイマルマインでんき・くさ150ヒスイのすがたくさタイプ最速
メガプテラいわ・ひこう150化石ポケモン・メガシンカいわタイプ最速
バドレックスエスパー・ゴースト150禁止級こくばじょうのすがた時・ゴーストタイプ最速
フェローチェむし・かくとう151準伝説(ウルトラビースト)かくとうタイプ最速
テッカニンむし・ひこう160かそく持ち・むし・ひこうタイプ最速
デオキシスエスパー180幻のポケモンスピードフォルム時・エスパータイプ最速
レジエレキでんき200準伝説でんきタイプ最速・全ポケモン最速

「素形態」は対戦前に手持ちにいる状態でいられるポケモンを指す。従って戦闘中にフォルムチェンジするメロエッタ(ステップフォルム)等は含めていない。
アルセウス(S種族値120)のタイプシフトを含めた場合、ダグトリオ(通常種)と同列でじめんタイプ最速となる。

現在18タイプ存在しているが、各タイプ最速ポケモン自体は計14種(複合タイプのポケモンが4種いる)。
なお、メガシンカやフォルムチェンジを含めた最速種族値が130未満となるタイプはじめんタイプのみ。素形態に限定するならじめんの他にノーマル、ほのお、はがねの3タイプが該当する。

関連項目

ポケモン 素早さ(すばやさ)
素早さの上昇に関係する道具
こだわりスカーフ
素早さの上昇に関係する特性
かそく かるわざ はやあし びびり すいすい すなかき ようりょくそ ゆきかき サーフテール

関連記事

親記事

ポケモン組み合わせタグの一覧 ぽけもんくみあわせたぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11018

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました