ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズで冒険の最初に選べるポケモン御三家の内くさタイプ枠全般を指す総称である。ここでいう御三家は三匹組という本来の意味ではなく「御三家」の中の「草」タイプの略称に過ぎない。

ゲームでは、ねむりごなやどりぎのタネみやぶるなど捕獲に役立つわざも持っていることが多いためそこそこ人気がある一方、後述するようにタイプ一致わざ以外のレパートリーに乏しいものが多いため、技不足に悩まされる。
これに敵との相性の悪さが加わった場合難易度はさらに上がる。歴代だと特にチコリータがこの「技不足」と「相性不利」を兼ね備えた例として挙げられることが多い。

この草御三家に限り

という共通点がある。

ステータスは素早さ・攻撃面・耐久面それぞれが高いポケモンがバランス良く分かれているといったところ。特に素早さはジュカインが速くドダイトスが遅い。
覚える技に関しては物理アタッカーであるドダイトス、ブリガロン、ゴリランダーを除けば他の草タイプに比べてマシな程度な物ばかり。要するに特殊技がタイプ一致技の他にほとんどない。御三家なのに…
特に鋼対策が乏しく、特殊型で運用するにはほぼめざめるパワーのほのおが必須。ないとだいたいエアームドふゆう有りのドータクン止まります(補助技で強引に突破する事も出来なくはないがかなり難しい。)。特にジャローダはめざめるパワーがなければロクに戦えない。ジュカインも鋼対策が命中率不安定なきあいだましかなく他の特殊技も乏しいためめざめるパワーが欲しくなる場面が多い。
半減・弱点共に多い草にもかかわらず草単が半分を占めている御三家に限らずくさタイプは何故かサブウェポンをもらえない傾向がある。)事や二足歩行も少なくパンチ技を覚えない種族が最終進化に多いのがレパートリーの乏しさの元凶だろうか。
その代わりやどりぎのタネしびれごなをはじめとした変化技を多く覚えるため、テクニカル戦法をとるタイプとして設定されているものと思われる。

隠れ特性に関しては炎ほどではないが有用なものが多い。
特に目を引くのはジャローダのあまのじゃくで、めざめるパワーが必要なくらい貧相な技のレパートリーもこの特性に合わせたバランス調整とも言われている。ただでさえ素早さと耐久が高いのに、それに加えてリーフストームで本来下がるはずの火力をどんどん上げることができるためだ。
フシギバナの「ようりょくそ」も目を引くものがあるが、メガシンカが別方向に上を行く性能を持っていたため現在はメガシンカ前を考慮し通常特性のまま厳選される事の方が多い。ただし、第8世代では、メガシンカが廃止された代わりにだいちのちからウェザーボールキョダイベンタツを獲得したため、晴れパのようりょくそアタッカーとしての需要も上がりつつある。
ゴリランダーはカプ・ブルルと同じグラスメイカーダイマックスの技によりそれ以前のタイトルよりもフィールドの書き換えが激しいものの強力な特性であることに変わりなく、グラススライダーをはじめとする習得技との噛み合いも相まってかなりの活躍ぶりを見せている。キョダイマックスでの草技でグラスフィールド状態にできなくなるデメリットを自身のグラスメイカーである程度補うことも。
また、ブリガロンの「ぼうだん」も地味に強力。シャドーボールやヘドロばくだん、きあいだまを防げることでゲンガーに対しての牽制になっていた。くさタイプであるが故の粉・胞子耐性や、ニードルガードと組み合わせればなかなか優秀な盾である。・・・・・・・・もっとも、ファイアローメガボーマンダカプ神などが逆風となり目立つ機会は少なかったが。

草御三家一覧

世代地方たね1進化2進化別形態
1カントー御三家フシギダネフシギソウフシギバナメガフシギバナ/キョダイマックスフシギバナ
2ジョウト御三家チコリータベイリーフメガニウム-
3ホウエン御三家キモリジュプトルジュカインメガジュカイン
4シンオウ御三家ナエトルハヤシガメドダイトス-
5イッシュ御三家ツタージャジャノビージャローダ-
6カロス御三家ハリマロンハリボーグブリガロン-
7アローラ御三家/ヒスイ御三家モクローフクスロージュナイパーヒスイジュナイパー
8ガラル御三家サルノリバチンキーゴリランダーキョダイマックスゴリランダー
9名称不明ニャオハ???


アニメでは

アニポケではサトシのポケモンになることが多いが、それに限らず、ライバルトレーナーのポケモンとしても登場することがある。ナナコ:メガニウム、テツヤショータ:ジュカイン、シンジ:ドダイトス、シューティー:ジャローダ、シトロン(旅仲間でもある。):ハリマロン、ハウ:ジュナイパー…という組み合わせでこの時点でライバルのポケモンになってない草ポケモンは、フシギバナとゴリランダーである。あと、メインヒロイン的なトレーナーのポケモンとして登場したことが未だにないのも草御三家のみ。大半がアニオリキャラだがシトロンとハウは原作シリーズから登場しているライバルである。
DPのドダイトスを最後にサトシ一行の手持ちは進化前の方が人気があるためか、1回も進化せず、進化系はライバルに持たせるという事態が起きている(例:

  • フシギダネ→ある回で自分の意思で進化を止めている事が判明した為、フシギバナはククイ博士の手持ちとして登場。
  • ツタージャ→進化しない理由は現在も不明であり、ジャローダはシューティーの手持ちとして登場。
  • ハリマロン→サトシの手持ちではなく旅仲間及びライバルであるシトロンの手持ちだが未だ進化してない為、ブリガロンは単発ゲストらの手持ちとして登場。
  • モクロー→ある回にてかわらずのいしを食べてしまったのが原因である為、ジュナイパーはハウの手持ちとして登場。
このこともあってか、「すべてのポケモンをゲットする」事を夢見ているゴウのサルノリが進化する事を望んでいる声が多い。


その他

メディアでの扱いについて

上記の通り、アニポケではサトシ及びライバルのポケモンに入ることが多く、フシギダネやモクローなどの進化前の人気が高いものの、グッズなどのメディア露出では、炎御三家や水御三家に比べて扱いがよろしくない感じ。
そのアニポケでも、近年進化させてもらえないことは上述の通りである。
グッズや外伝作品のパッケージでは同期の炎、水御三家が描かれているのに草御三家だけいないということもザラであり、6世代からは、

  • 劇場版でいましめの壺を作るシーンで必要なものに「炎」「水」に加えて草の代わりに「」が挙げられている。これだけならまだしも、その際炎と水に使用したポケモンがゲコガシラフォッコであり、土がその辺からわざわざ引っ張ってきたゲストのヒポポタスであったため(XY本編の時点でシトロンのホルビーをじめんタイプを含むホルードに進化済みにさせると言う発想が無かった)、ハリマロンがハブられている感が拭えない
  • 上記に伴い、配布されたアルセウスブラストバーンハイドロカノンを覚えているのにハードプラントを覚えていない。代わりにだいちのちからが添えられているが、大文字とハイドロポンプなどいくらでも該当する技はあったろうに。配信による特別感を出すためだろうか?その反動でアルセウスとの関連性が疑われるシルヴァディが覚える誓い技がくさのちかいのみになった説があるが真相は不明。
  • スマブラシリーズでは草御三家だけが最終進化単体で参戦していない(※)
  • ポケモン関係者の公開オンライン会議でヒバニーメッソンのぬいぐるみが映っているのにサルノリだけいない。また、いらすとやコラボの缶バッジではゴリランダーだけハブられている
など格差が顕著になってきている。
このため、「御三家はみんなが選んだポケモンなのに優遇が偏っている」などの声もあり、特に純粋に草御三家が好きな人、毎回くさタイプを選んでいる人からの不満の声も多い。ただただ性能やメディア露出で不遇なポケモンは他にも山ほどいるのだが、御三家は最初のパートナーいわば主役のポジションであるため、それが際立ってしまうのだろう。一方で、一部の炎御三家やゲッコウガなど特定の御三家ポケモンが性能、アニメでの活躍、外伝や他作品コラボやグッズなどで頻繁に出演することが、さらに拍車をかけている。
このような冷遇ぶりの理由としては、
  • 弱点タイプと半減されるタイプが多くシナリオクリアに苦労する
  • 大柄や重量級であるなどどちらかといえば子供受けや万人受けしにくいビジュアルが多い
  • 他二つと比べて緑や木属性自体が派手な演出がしづらい
  • 単純に炎御三家や水御三家の人気が高すぎる
  • 耐久戦法やテクニカル戦法が主人公に合わない
  • 四足歩行や手足なしが多くアクションシーンや着ぐるみショーで扱いにくい
などが挙げられているが、あくまでファンの憶測の域を出ない。仮にそういった理由であったとしても、当たり前のように仲間はずれにしていい口実にはならない。商売のためと言ってしまえばそれまでだが。
それに、フシギダネ系列をはじめとする四足歩行はつるのムチを手のように扱っているし、近年では二足歩行で手や武器を使いそれなりにサブウェポンを充実させ、アタッカーが主流の草御三家も増えている。木属性でも花弁や木の葉を舞い散らしたり巨大な樹を暴れさせるなど派手な演出は不可能ではないと思われる。
また、よく囁かれる「緑が不人気」を意識してか、6世代以降の草御三家の配色は緑を控えめにした者も増えているが、緑でも主人公キャラや人気の高いキャラは多いし、神秘的な路線の演出(「森」という要素と相性も良い)で人気を獲得することもできるため、一概には言えない。余談だが、総選挙イベントの「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」でホウエン地方の人気トップ3に輝いたのは全て緑色のポケモンだったりする。ちなみにジュカインがそれに次ぐホウエン4位であった。惜しい!
とにかく、草御三家にもリザードンゲッコウガのように、対戦、アニメ、グッズと多方面で活躍し、地方別人気や一般層に対する知名度がダントツ一位になるポケモンが現れることが望まれる。

※…ただし、フシギソウがポケトレの手持ちとして参戦し、ポッ拳では最終進化形のジュカインとジュナイパーが登場、ポケモンUNITEにもジュナイパーが参戦している。また、桜井Dはあくまで個性を重視した人選を行なっており、事実SPではジュナイパーとガオガエンとでギリギリまで迷ったとか。

モチーフについて

他の御三家と比較した場合、爬虫類モチーフの比率が多め。
参考までに本タイプの場合はツタージャ(カナヘビあるいはヘビ)、キモリ(ヤモリ)、ナエトル(亀)の三匹。広義的な爬虫類を指すのであれば、恐竜型のチコリータも含まれる(
フシギダネ系もモチーフはカエルであるが、最終進化系のフシギバナの英名は「venusaur」(venus flytrap+dinosaur=ハエトリグサ+恐竜。和訳するとハエジゴクトカゲ)となっている。
ちなみに、BW発売と同時に発売された雑誌「ポケモンぴあ」のインタビューでは「くさタイプと哺乳類を合わせると気持ち悪くなってデザインしづらい」といった旨のコメントがされている。毛皮と植物の合成グラフィックが難しいためだろうか?緑という色自体が爬虫類を連想しやすい色というのもあるかもしれない。
ただし、最近ではハリマロン、サルノリ、ニャオハと哺乳類の草御三家も増えており、事実剣盾→SVでは連続で哺乳類という記録を達成。また、御三家に限らず最近は哺乳類モチーフのくさタイプも増えている。

他のタイプの場合、爬虫類モチーフは、水御三家はワニノコゼニガメメッソンで三体。炎御三家はヒトカゲホゲータの二体。

なお、草御三家には「絶滅生物がモチーフ」と言う説がある。「炎御三家は十二支」説、「水御三家は武器」説と並ぶ裏モチーフの都市伝説である。
おそらくフシギバナ=恐竜と言う所から来た説であろうが、そもそもだいたいの生物は絶滅生物を始祖に持つと言うごく当たり前の事実があるため、生物モチーフのポケモンは草御三家に限らずだいたい簡単にこじつけられてしまう。
その事もあり、「無理なこじつけが話題になりやすい炎御三家」「オーダイル=メリケンサックと言う目立つツッコミどころがある水御三家」と比べて、語られる事が非常に少ない。


関連タグ

ポケモン ポケモン御三家 くさタイプ
カントー御三家 ジョウト御三家 ホウエン御三家 シンオウ御三家 イッシュ御三家 カロス御三家 アローラ御三家 ガラル御三家 ヒスイ御三家
炎御三家 水御三家

癒しの草組

関連記事

親記事

ポケモン御三家 ぽけもんごさんけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「草御三家」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「草御三家」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371754

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました