ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

しんりょく

しんりょく

しんりょくとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次 [非表示]

データ

初出第3世代
効果自身のHPが1/3以下になった時、くさタイプの技の威力が1.5倍になる
英語名Overgrow

概要

第3世代から存在する特性。

自身がピンチになると、くさタイプの技の威力が上がる。

ゲームの最初に貰えるポケモン(所謂御三家)のうち、くさタイプのポケモンとその進化形が必ず持っている。

また、他の御三家のうちほのおタイプは必ずもうかを、みずタイプは必ずげきりゅうを持っている。どれもこの特性と似た効果を持つ。

当初は御三家限定特性だったが、隠れ特性としてヤナップヤナッキーも所有するようになった。


能動的に使うのであれば「みがわり」などの技と組ませて、かつピンチの時に効果を発揮するきのみと合わせるのがベター。

だが隠れ特性が出てきて以降御三家の多くはそちらの方を採用するようになり、影が薄くなりがちなのが現状である。特にこの特性は顕著。


まず隠れ特性が強力過ぎるジャローダゴリランダーヒスイジュナイパーは勿論の事だが、隠れ特性がそこまで重要ではないジュナイパーも「しんりょく」圏内に到達する前にやられるケースが多く(草タイプの通りの悪さがワーストレベルなのも理由(半減7つ))、意表を突く以外で草技をメインに据えない場合は、余程の事が無い限り大人しく隠れ特性を使った方が無難である。ブリガロンも意表を突く為に稀に選ばれる程度であり、無償降臨が狙える隠れ特性を採用するケースが多い。

第9世代のマスカーニャは専用技トリックフラワーとしんりょくのシナジーが良いので偶に採用されているものの、隠れ特性へんげんじざいの割合が多い。


フシギバナジュカインはメガシンカによって特性が変わるためにシンカ前の特性はさほど重要ではないのでこの特性を採用する事が多いが、メガシンカをしない場合は隠れ特性を採用するケースがそれなりにあり、メガシンカを没収された第8世代ではフシギバナは「ようりょくそ」の方が扱いやすく、ダブルバトルでコータスと組んでトップメタに躍り出た程。ジュカインもきあいのタスキと相性が良い上にりゅうのまいまで習得してしまった為、もしかしなくてもしんりょくが採用される事は無い。


その為確実に「しんりょく」を採用出来る可能性があるのは、隠れ特性があまりにも使い辛いメガニウムドダイトスと、きのみを持たせない型におけるヤナッキー程度である。


関連タグ

特性 ポケモン御三家 草御三家

似たような特性

もうか…自身のHPが1/3以下になった時、ほのおタイプの技の威力が1.5倍になる。

げきりゅう…自身のHPが1/3以下になった時、みずタイプの技の威力が1.5倍になる。

むしのしらせ…自身のHPが1/3以下になった時、むしタイプの技の威力が1.5倍になる。

関連記事

親記事

むしのしらせ むしのしらせ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3532

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました