ピクシブ百科事典

あまのじゃく

あまのじゃく

ここでは『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種を紹介する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本に伝わる妖怪の一種→天邪鬼以下の用法は全てここから派生したものである。
  2. ひねくれ者の別称。
  3. 東方Project』の登場人物「鬼人正邪」の二つ名逆襲のあまのじゃく
  4. 妖怪ウォッチ』に登場する妖怪→あまのじゃく(妖怪ウォッチ)
  5. アニメ『学校の怪談』に登場する妖怪。
  6. 忍者戦隊カクレンジャー』33話の妖怪。なぜかキノコ
  7. ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種。本記事で解説する。


データ

初出第5世代
効果能力変化のアップ・ダウンが逆になる
英語名Contrary


概要

第5世代のポケモンBWで追加された特性の一つ。
初登場時は隠れ特性限定だったが、次世代のポケモンXYで通常特性として所有しているカラマネロ系統が登場した。

自身に起こる能力変化を上がるものは下げ、下がるものは上げてしまう
つまり、相手に「いかく」されると和んで攻撃力を上げ、「あまえる」と苛立って攻撃力を上げるわけである。上下以外の効果はそのまま通してしまうため、流石に「いばる」に付随するこんらん状態などは防げないが、十分ひねくれた効果と言っていいだろう。

この特性の発動条件には自身が使う技も含まれている。すなわち、能動的に発動させる事も可能である
各種族はそれを前提とした戦法を組み立てており、その違いによって使用状況も大きく異なってくる点もこの特性の特徴と言える。

例えば、「からをやぶる」を擬似的な「コスモパワー」として用いたり、高威力の「リーフストーム」を乱射して「わるだくみ」したり、高威力の「ばかぢから」を乱射して「ビルドアップ」したりなど、放っておくとどんどん手がつけられなくなっていく。

なお、間違ってもこの特性のポケモンに「積み戦法」をやらせてはいけない。例えば「つぼをつく」を使うと、使うたび能力のどれかががくっと下がる全身秘孔になってしまう。
じゃくてんほけん」等の能力上昇アイテムも厳禁である。

所有ポケモン一覧

太字は隠れ特性


関連項目

ポケモン 特性 隠れ特性 
ひっくりかえす:似た効果の技。こちらは「使用時点の能力変化を反転させる」というもの。

天邪鬼

pixivに投稿された作品 pixivで「あまのじゃく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35741

コメント