ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「我ら力弱き者達が如何に虐げられていたか お前達には判るまい…… ならば、何もかもひっくり返る逆さ城で念願の挫折を味わうがいい!」


「お言葉ですが……やなこった! 誰が降伏なんかするもんか」


概要編集

二つ名逆襲のあまのじゃく
種族天邪鬼
能力何でもひっくり返す程度の能力
テーマ曲リバースイデオロギー
登場作品東方輝針城』5面ボス、6面中ボス 『弾幕アマノジャク』 自機 『The Grimoire of Usami 秘封倶楽部異界撮影記録』

登場と作中の活動編集

東方輝針城』5面にて初登場。6面中ボスとしても登場する。

鬼のような見た目だが似て非なる妖怪「天邪鬼」である。射命丸文によれば、「 鬼の一種ということではなく、ただのひねくれた性格の妖怪 」(文々春新報、『東方文果真報』)。

苗字の「鬼」「人」、名前の「正」「邪」はそれぞれ対なる概念を表していると思われる。


性格は人が嫌がることを好む、人を喜ばせると自己嫌悪に陥る、人の命令は絶対に聞かない、得をしても見返りは与えない、嫌われると喜ぶというまさに天邪鬼。

東方Projectで初となる明確な悪役と呼べるキャラクターであり、作中でも指名手配を受けている身である。


東方輝針城編集

今回の輝針城異変の黒幕。

今の安定した幻想郷をぶちこわし、弱者が支配するという大きな野望を抱いていた。本人は「ひっくり返す者」(レジスタンス)を自称している。

しかし鬼でもなんでもないただの捻くれた小物妖怪なので、自力では何も出来ないでいた。

そこで打ち出の小槌とそれを唯一扱える小人族の能力に目をつけた。

特に、事情により打ち出の小槌の事を何も知らない少名針妙丸を利用する事を考える。

口の上手さを使って彼女に「小人族は過去に幻想郷の妖怪たちから屈辱を与えられた」などと嘘八百を吹き込み…


  『さあ、弱者が見捨てられない楽園を築くのだ!』


そう唆し、彼女に強者への復讐を決意させる。そして打ち出の小槌に自分だけ強くなるようにと願わせて異変を引き起こさせた。

ところが小槌の魔力はその1つの願いを叶えるだけで留まらなかった。願いを叶えた「代償」は2人の拠点である輝針城を中心に幻想郷中に広がり、各地に影響を及ぼし始めた。


…と、東方でも初と言っていい純粋な悪意を持って異変を引き起こしたキャラ。

目的も「幻想郷の崩壊・支配」という非常に危険で大層なものである。

取った手段も「何も知らない針妙丸に嘘を吹き込む」、「彼女しか出来ないとはいえ針妙丸に実行役をさせた」、「打ち出の小槌の代償を隠して(知らなかった様であるが)針妙丸に使わせる」、「異変の影響で無理矢理下克上意識を植え付けられた付喪神や妖怪達を味方にする」、「異変が解決された後は針妙丸を捨てて逃げる」など他者を利用することをなんとも思わない。

まさに外道

しかし正邪は、打ち出の小槌が、魔力の放出と尽きと吸収を繰り返すだけの無限ではない物だという事実を知らなかった。


弾幕アマノジャク編集

東方輝針城の続編となる本作では、なんと早々に自機に抜擢される。

上記のとおり打ち出の小槌の力は一旦尽き、下克上は失敗。その間に針妙丸は霊夢達と出会った事でこの世の真実を知り、下克上を止める事に決める。

魔力の恩恵を受けられなくなった正邪は逃亡した。


しかしそれでも正邪はまだ下克上を諦めず、未だ小槌の魔力が宿っているアイテムの数々を手に、再びこの世をひっくり返そうと企んでいた。

それが幻想郷の秩序を重んじる妖怪達にばれ、ついに命を狙われる事になる。

「反逆者の天邪鬼を捕えれば褒美を授ける、その手段は問わない(スペルカードルール無視も可

そんなお触れまで出される始末。おかげで正邪の下には報酬目当ての妖怪や個人的な因縁を持った者が大勢押し寄せ、皆不可避の弾幕で襲いかかってくる!

はたして正邪はアイテムの力を駆使して逃げ切れるのか…!?


「我が名は正邪

    生まれ持ってのアマノジャクだ!」


The Grimoire of Usami 秘封倶楽部異界撮影記録編集

弾幕アマノジャクで逃げ延びてから音沙汰がなかったが弾幕花火大会をぶち壊そうという形で久しぶりに登場。安全に考慮された弾幕など真の弾幕ではないと憤る針妙丸と再び結託し、大会を乗っ取り、安全度外視の「本物の弾幕大会」の開催を宣言するのであった。

「本物の弾幕大会」を開催してからは針妙丸と共に審査員をしていたが全て0点にするので途中から審査をやめたり、うっかり肯定しようとしてしまい咄嗟に否定に言い換えたり、と正邪の本質が見え隠れする一面も。


容姿編集

【ネタバレ】天邪鬼正邪立ち絵 表情差分

黒髪に白と赤のメッシュが混在した頭に、小さな二本のを持つ。瞳の色は赤色。

服装は矢印がいくつも連なったような装飾がなされているワンピースのようなもので、腰には上下逆さになったリボンを付けている。足元は素足サンダル履き。右腕にのみブレスレットを付けている。

服の下は胸部にはピンクの肌着のようなものを着ている(撃破後の立ち絵で確認できる)。


とうほうの

輝針城』立ち絵では立ち絵・ドット絵共にひっくり返って(背を向け見返りして)いるため正面のデザインは分からないが、一部ルートのエンディングにて正面向きの挿絵が確認できる。それによると胸元には腰同様の逆さ向きのリボンと小さなボタンが付いている模様。

弾幕アマノジャク』の新立ち絵では角度の都合上ボタンは見えないが前方を向いており、胸元にはリボンの代わりに青いタイを付けているのが判る。


5面ボスという終盤に登場する敵キャラとしては珍しく足には簡素な突っ掛け(サンダル)を履いており、スタンドアローンな妖怪という趣が強い。

また『輝針城』には裸足であるキャラクターが多い(弁々八橋針妙丸)。

髪の黒い部分は邪、白い部分は正、赤い部分は吐き出した舌を表していると思われる(二枚舌)。


能力編集

何でもひっくり返す程度の能力

「何でもひっくり返す」という言葉に相応しく、プレイヤーの左右キー反転から画面ロールの反転、果ては画面そのものを回転させるという今までに無いスペルカードを使ってくる。

スペルカード名には「逆符」とつくものが多い。

いずれもゲームでの描写ばかりなので物理的に何ができるのかはよく分かっていない。


スペルカード編集

東方輝針城編集

スペルカードENHLEX備考
欺符「逆針撃」
逆符「鏡の国の弾幕」左右反転
逆符「イビルインザミラー」左右反転
逆符「天地有用」上下反転
逆符「天下転覆」上下反転
逆弓「天壌夢弓」
逆弓「天壌夢弓の詔勅」
逆転「リバースヒエラルキー」上下左右反転
逆転「チェンジエアブレイブ」上下左右反転

二次創作編集

単純に東方キャラのひとりとして『輝針城』での立ち回りや、『弾幕アマノジャク』での活躍等を絵にした作品のほか、異質な能力に注目されながら描かれている。


天地逆

何でもひっくり返す能力からか、逆さまに描かれることがある。

【落書】黒い天邪鬼


カップやきそば現象

アニメ「キルラキル」の主人公、纏流子と容姿がそっくりであることから放送直後に、鮮血を着た正邪などのコラボ絵が投稿されるようになった。


カップリング

異変時に利用していたとはいえ一緒に行動し「姫」と呼んで唯一敬語で話し掛けていた少名針妙丸ぼっちやカラーリングなどの雰囲気が似ている封獣ぬえ、悪役として扱われる事が多く名前も似ている霍青娥とその従者である宮古芳香、能力や起源などの関係から稀神サグメなどとのカップリングが見られる。

なお、嫌われ者揃いの地底の妖怪達とのカップリングはあまり無い(正邪が明確に地底出身という描写が無い事や地底組はカップリングが殆ど身内だけで成立しているからだと思われる)

グリモワールオブウサミでは正邪の弾幕の後に次々と地底の妖怪や同じく嫌われ者である鍵山雛が登場したことを考えると向こう側は同族意識を持っているのかもしれない。

それ以外にもひねくれ者の赤蛮奇やはみ出し者の坂田ネムノ等が来ており針妙丸からは「似た者同士」という認識で正邪自身もそれを肯定しているような描写となっている。

そして、東方憑依華では嫌われ者仲間が登場した。

2人との絡みが楽しみである。


自身がグループに所属する事はあまり無いが1ボス2ボス等あまり力の無いキャラを能力で強化する役目を担っている二次創作も存在する(ただし、1ボスと言っても宿敵の1人は逆に弱体化するのだが)。

グループに関しては相性の良いキャラがそれぞれ別のグループに所属していて正邪を中心に纏める事が難しい事が原因と思われる。


関連イラスト編集

東方アマノジャクさん逆襲のあまのじゃく

正邪ー!幻想ノ宴

残機をガリガリ減らしてくる程度の能力鬼人着地


関連タグ編集

原作・本人関連編集

東方Project 東方輝針城 弾幕アマノジャク / 弾幕アマノジャク_ゴールドラッシュ

天邪鬼

正邪

ひらり布 呪いのデコイ人形 打ち出の小槌(レプリカ)


稀神サグメ…由来が同じキャラクター


二次創作関連編集

イラスト関連

フルアーマー正邪 乳邪鬼 貴人聖者 邪正人鬼 新妻正邪


カップリング・グループ

せいしん / しんせい せいばん せいぬえ 正星 せいサグ

自機組 クレイジーカルテット 5ボス


5面ボスの系譜編集

物部布都鬼人正邪クラウンピース

関連記事

親記事

東方輝針城 とうほうきしんじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74766343

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました