ピクシブ百科事典

比那名居天子

ひななゐてんし

『東方Project』のキャラクター。初出は『東方緋想天』。
目次[非表示]

概要

種族天人くずれ
二つ名非想非非想天の娘()・有頂天のお嬢ちゃん(DS)
緋想的で浮世離れした天人()・暖衣飽食の天人()
能力大地を操る程度の能力・気質を見極める程度の能力
登場作品緋想天 最終ボス、自機・非想天則 自機・DS LEVEL 10・弾アマ 最終日・憑依華 自機
テーマ曲有頂天変 ~ Wonderful Heaven幼心地の有頂天

東方求聞口授では正式なキャラクター紹介のページは無い。

比那名居天子は、天界という雲の上に住む天人で、比那名居一族の娘。
だが生まれついての天人ではなく、修行を積んで天人になった訳でもない。
本来、比那名居一族は幻想郷地震を担っていた神官である「名居」の一族に仕える一族であった。「名居」の一族がそれまでの功績を認められて名居守(なゐのかみ)という神霊に祀られた際、部下であった比那名居一族も功績を認められて天界に住む事を許され、天人となった。その時に天子も人間から天人になったのである。しかし天人になったといってもあくまで名居一族に仕えた功績によってであり、天人としての格を備えるための修行を積んだわけではない。なので、比那名居一族は他の天人から「不良天人」と呼ばれている。加えて天子は、親が名居一族に仕えていたという理由だけで天人になっており、さらに幼い頃から裕福な家庭で育ったため自己中心的な性格であり、不良の名に磨きをかけてしまっている。

人間であった時は「地子(ちこ)」と言う名前であり、天人になる際に「天子」と改名した。
永江衣玖からは比那名居一族のお嬢様ということで「総領娘様」と呼ばれている。

天界での退屈な生活に不満を感じており、天界の宝具「緋想の剣」を使って幻想郷に異常気象による異変を発生させ、犯人を突き止めて自分の元を訪れた者たちと戦うことで、退屈しのぎをしようと試みた。また、幻想郷最強の博麗霊夢を確実に出動させるために博麗神社に局所的な地震を発生させ、神社を倒壊させた。

齢数百歳以上。その理由は単に寿命が長いのではなく、死神を追っ払っているため。死神に負ければ死ぬからである。死神の撃退は天子に限らず天人全般が行っており、その結果、死神は天人を嫌っている。

天子の帽子に付いているの実は仙果と呼ばれ、神仙に霊力や不老長寿を与える実とされており、天人の主食でもある。この仙果には体を鍛える効果もあるらしく、食べるだけで身体能力が上がる。天子と戦った十六夜咲夜のセリフによると「ナイフが刺さらない」との事。ただし、味のほうはそれほど期待できるものではないらしい。(ただし、天界の桃は各地で伝説に残るほどの代物なので、単に不味いと言うよりはこれくらいしか食べ物がない天界の食事に飽きていると言う意味合いが強い)

異変の後は幻想郷と交流が生まれたらしく、桃の差し入れなども行っている。また『地霊殿』の異変を、自身が地震を起こしたせいではないかと少し心配しているようだ。霊烏路空によれば、地底には特に被害は出ていない模様。

この桃にも関連して、広く天界と地上の「食」という要素も通して天子は「文々春新報」にコラムを寄せている(『東方文果真報』)。コラムのタイトルは目次などでは「 豊かな天界の貧しい料理 」。コラムページでは冒頭の「 豊かな ~」の部分の頭に吹き出しで「 天子の 」が付く。
文面では丁寧な言葉遣いに所々光る棘のある表現と、にじみ出る天界住まいならではの退屈、後半で語られる新しい世界への開眼の様子が特有の味を醸し出している。生まれてこの方そういった世界にいたこともあってか「 天人特有の上から目線 」(紫、『緋想天』)も健在相変わらず。

天子によれば、天界では「 桃が美味すぎるんです 」。また天界の人々は欲をもたない「足りた状態」であるため「 どいつもこいつも (中略) 桃しか食ってません 」。
そんな天界にあって先述のような『緋想天』以後の機会に幻想郷を訪れた際に出会った地上の食の豊かさについての感慨が語られるのが本コラムである。
食を通しても「足らない 」を知った天子がそこにある。
「文々春新報」は文による「 週刊誌 」であるが、どのような経緯で天子が本誌への連載をもちかけられていたのかなどは作中では不明。


東方憑依華では久々に自機キャラクターとして参戦。
暇だから天界で行われる催事に用いられる丹をつまみ食いしたために(準備の邪魔だと一時的に)追放された」という非常にしょうもない理由で地上に現れた。
その後は針妙丸と出会い、小人が高貴で知力に長けた種族であることから自身のパートナーに相応しいとしてタッグを組み、『完全憑依異変』に参加する。

『緋想天』以降は多少は丸くなったようにも思えたが、今作では(当時のように)相変わらず「自分のやる事なす事全てが正しく叱られるのは理不尽だ」とのたまう傲慢の権化のような振る舞いであった。
「理不尽だと思う理由が判らない」(夢の世界の秦こころ
地上の人妖を「虫ケラ」呼ばわりするなど単純な素行も酷く、自分のことを「生粋の天人」と誇張するなどむしろ悪化しているようにも見える。
天界を追放されたことにストレスを感じていたようなので、そのせいもあるのかもしれないが、そもそもが完全に自業自得であるので同情の余地はあんまりない。

異変そのものについては特に興味は無く、地上にいる間の暇潰しとして楽しんでいただけである。
だが、その過程で偶然「夢の世界の住人」と関わり、そして『完全憑依異変』を解決するため策を練っていた八雲紫博麗霊夢と遭遇したことで、彼女らは今作の黒幕に対抗する秘策を完成させた。
立場としては完全にその他大勢枠であったが、間接的には異変解決に多大に貢献したと言える。
と、同時に異変の副作用としてとんでもないものを残してしまうのだが…

余談だが、地上にいる間は輝針城に寝泊まりしているらしい。

モチーフは西遊記の孫悟空。
服装に「緊箍児」の意匠があしらわれている他、紫の勝利セリフの「天界に登った猿は役職に怒って反逆し~」からもそれらが見て取れる。
憑依華にて天界を追い出された経緯についても、悟空が宴会の食い物と太上老君の仙丹を喰い尽して逃げたというエピソードと合致している。
尤も、プライドが高い以外は面倒見のいい兄貴キャラな悟空と違い、天子は御覧の通り完全な困ったちゃんである。


種族

天人くずれ
東方Projectにおける天人とは、妖怪の山のさらに上空に位置する天界と呼ばれる雲の上にすむ人々のこと。悟りを開いたり、高い業績によって神霊化した人々が成るものであり、神々と呼んで相違ない存在である。しかし、天子は前述のように「棚からぼた餅」で天人になってしまった存在であるため、周囲から天人としての資格を具えていないとされて「不良天人」、「天人くずれ」などと呼ばれている。

天人は不老長寿で、空を飛ぶなどの神通力が使え、快楽に満ち、苦しみを感じず、日々を遊んで暮らしている、とされている。その為に天人は人々の羨望の的であり、修行して天人になりたがるものも少なくない。だが多くの場合はなり損ねて仙人になるという。
ただし、天道(天界)はあくまで輪廻の舞台である六道の1つであり、天人も普通の人間と本質的には違いない。天人は不死ではなく(天人が死ぬ前には天人五衰という兆しが現れる)、死ねば一般人同様、生前の行いから閻魔が裁き、転生するとされている。

ちなみに、本来天人は悟りを開いてはおらず、煩悩から解放されていない、とされている。
悟りを開いたものは仏陀であり、輪廻から開放され六道に属さない涅槃(浄土、極楽)へと行くらしい。

 二つ名「非想非非想天」とは、仏教で28天ある天界の一番上にある無色界の頂上の事のこと。別名、有頂天
 非想非非想とは、麁想はない状態(非想)ではあるが無想の境地には至っていない(非非想)という意味。

容姿

比那名居天子
天子立ち絵修正版 表情差分


腰まで届く青髪ロングヘア真紅の瞳。頭にはの実と葉が付いた丸い帽子をかぶり、半袖ロングスカートブーツ姿。服の一部がエプロンのようになっており、そこに極光(オーロラ)を表す虹色の飾りが付いている。また胸には赤、腰には青の大きなリボンがある。
服の袖に描かれている模様は、「西遊記」の孫悟空の頭に嵌められている輪っか「緊箍児」と同様のもの。『非想天則』での八雲紫の勝ち台詞にも、「天界に昇った猿は、与えられた役職に怒って反逆し、結果、山に閉じ込められるのです」という孫悟空がモチーフの一つであることを思わせるものがある。

装備品として、注連縄つきの「要石」や「緋想の剣」を持つ(詳細は後述)。

ちなみに青のロングスカートには、神主のラフ絵で(そら)が映っているという指定だったが、技術的な問題のため省略された(20090921萎えラジ)。実現していれば『非想天則』の霊烏路空マント宇宙のようなテクスチャで、空模様を反映してが流れるなど動きのある模様になっていたのかもしれない。
なお、Anime Weekend Atlanta 2013というアメリカのアニメイベントでZUN描き下ろしの天子がプリントされたT-シャツが販売されたが、このイラストではスカートに映る空模様がはっきりと確認できる。

このスカート部分に特殊なデザインが描かれる天子ならではの意匠は『憑依華』立ち絵デザインでも見られており、同作ではスカートに水の波紋のような模様が複数描かれている。

アメノミカガミ



性格

温室育ちで、自分勝手。もの凄く我が儘。自分の能力に絶対の自信を持っており、自分以外の全ての存在を見下している為、少しでも思い通りにならない事があると激昂したりする等、短絡的で大人気ない。ただしこれは天子に限らず、伝説や民俗学における天人天女の性格として自然な事である。

だがその実、普段はネコを被っていたり、手加減をして負けを装ったり、言う事を聞いている振りをして裏で密かに自分の計画を進めたりなど、かなりしたたかな面も持つ。異変を通して密かに博麗神社に比那名居一族との縁を結びつけようとしたため、八雲紫の怒りを買っている。

天人らしい威厳が無く、通俗的。本人も天人としての自覚はあまり無い様子。地上に降りた時は難しい言葉で偉そうに忠言したりと天人らしく振舞おうとする気はあるようだが、簡単に地の性格が出る。その忠言はどれも「お前が言うな」と言い返したくなるようなものだが、自分の欠点を自覚した上で忠言しているらしい。
例:
「能を誇れば巧を喪うだろう。お前は神である前に人間である事を自覚せよ」(vs東風谷早苗
「ゴシップは智にあらず。興味だけでは新聞は社会にとって負の働きを為すわ」(vs射命丸文
「あー、勉強はめんどくさいなぁ。こんな昔の人の事ばっかり頭に叩き込んでもねぇ」
「天人はたまに地上に降りて忠言するものよね。でーもー、私には到底実行できない忠言ばかりねぇ」

原作者のZUN氏は、こうした天子の性格について、悟ってしまったような人格者よりも人間味があるとして「逆に天界のオアシスかも」と発言している。

能力

大地を操る程度の能力
地震、地盤沈下、土砂崩れなど、有効範囲は狭いが幻想郷内なら遠隔地でも自在に操ることができる。
洩矢諏訪子の「坤(大地)を創造する程度の能力」と似ているが、諏訪子の能力は主に様々な地形を創造し国を造るための力(創造)であり、 天子の能力は主に(大地に関する)自然災害を鎮めたり起こしたりする力(制御)のようである。また、要石を扱うことができ、これにより強力な地震を鎮めたり起こしたりすることができる。

大地、地盤の古語に“なゐ”(「な」は地、「い」は居)という単語があり、地震が起こることを“なゐふり”、“なゐよる”と言った。

気質を見極める程度の能力(緋想の剣の能力)
緋想の剣は天人にしか扱えない道具である。
天子は要石と緋想の剣さえあれば「天・地・人」全てを操る事が出来ると思っている。

その他

要石

てんし


天子が扱う注連縄つきの岩。天子の意思で手を触れずとも自由に操作できる。また、一度に大量発生させることも可能としており、その大きさ、形状、用途は多岐にわたる。
※使用例:鈍器ドリル椅子、空中での足場、ファンネル、回転バリア、WRYYYY!ブッ潰れよォッ!etc...

特筆すべき効果として、これを地面に挿し込むとその周辺での地震を鎮めることができる。ただしこれはあくまで「抑えつける」だけであり、地震の原因となるエネルギーを解消するようなものではない。なので、挿している間は地震は起こらないものの、エネルギー(大地の歪み)はどんどん蓄積されていく。その状態で要石を抜くと、一気にエネルギーがあふれ出して大地震が起こる。
現在の「天界」とは、太古の昔、地上に挿さっていた巨大な要石であったらしく、抜いた際には地上の生き物が一掃される程の超大地震が起きたという。
なお要石を挿したり抜いたりできるのは比那名居一族だけであり、他の天人に扱うことはできない、というより比那名居一族は天人となる前から要石を扱っているため、元々天人が扱えるものではない。ちなみに比那名居一族以外が使おうとしても触れられず、すり抜けてしまう。八意永琳は、この要石を扱える天子を「ただものではない」と評している。

緋想の剣

悪い天人さま


周囲の気質を集めて吸収し力に変換する事が出来る。また気質そのものを切り裂く事も出来る。相手の気質を放出させ相手の気質の種類を見極めると共に、吸収した気質をコントロールして相手の弱点の気質に変化させ弱点を突く事が可能。
ここで言う気質とは生物・無生物あらゆるものに宿る「気」であり、天候と同じように気質にも種類が存在する。生物に宿る気質はその種類によって生物の性格に影響を及ぼすし、空に溜まった気質はその種類の天候に変わる。『緋想天』の作中ではこの剣の力により霊夢たちの気質がだだ漏れ状態になっていたので、その人物の周りのみ気質の種類に応じた天候になっていた。
なお「気」そのものであるため、気の塊である幽霊は、気質を全て吸い取られたり切り裂かれたりすると存在として消滅してしまう。作中では天子が勝手に持ち出し、私物化している。
ちなみに刃が揺れて形が不明瞭であるため、イラスト毎にデザインが若干異なる。

スペルカード

東方緋想天・東方非想天則
 地符「不譲土壌の剣」
 非想「非想非非想の剣」
 天符「天道是非の剣」
 剣技「気炎万丈の剣」 ※東方非想天則のみ
 天気「緋想天促」 ※東方非想天則のみ
 気符「天啓気象の剣」
 気符「無念無想の境地」
 地震「先憂後楽の剣」
 要石「天地開闢プレス」
 「全人類の緋想天」

東方緋想天ストーリーモード
 要石「天空の霊石」
 乾坤「荒々しくも母なる大地よ」
 霊想「大地を鎮める石」
 天地「世界を見下ろす遥かなる大地よ」
 「全人類の緋想天」

ダブルスポイラーLEVEL10
 気性「勇気凛々の剣」
 地震「避難険路」
 要石「カナメファンネル」
 「全人類の緋想天」

弾幕アマノジャク 最終日
 「全妖怪の緋想天」
 「鹿島鎮護」

東方憑依華(プレイアブル)
 要石「カナメファンネル」
 地符「一撃震乾坤」
 桃符「堅牢堅固の仙桃」
 *大気圏は我が手中にあり*

東方憑依華(ストーリーモード)
 昇槌符「僕らの夢を載せて大きくなあれ」※針妙丸との完全憑依コンビ時
 墜槌符「夢は大気圏に墜ちて大きくなあれ」※針妙丸との完全憑依コンビ時
 「全小人族の緋想天」※針妙丸との完全憑依コンビ時
 昇符「遥か宙まで飛べ! 僕らの夢を載せて」※夢の世界の天子とドレミー・スイートとの完全憑依コンビ時
 墜符「大気圏に落ちて、夢は地表に降り注ぐ」※夢の世界の天子とドレミーとの完全憑依コンビ時
 「大地を造り直そう、夢のある世界へ!」※夢の世界の天子ドレミーとの完全憑依コンビ時
 「ヒュージバトルシップ 無双ナマズ見参」※夢の世界の天子が大ナマズに乗る
 「全スペースピープルの緋想天」※夢の世界の天子のスペルカード・ラストワード

テーマ曲

「有頂天変 ~ Wonderful Heaven」
「幼心地の有頂天」 ※東方緋想天ストーリーモードでのラストスペル「全人類の緋想天」専用BGM
「東方緋想天」 ※東方緋想天エンディングテーマ

二次創作設定(二次設定

原作以上に我侭で子供っぽく描かれることが多く、嵐のような存在で事件の原因にされることも。

てんこ

「天子(てんし)」の誤読。
出典は『緋想天』発売前のウソバレで「ラスボスの名前は『緋想 天子(ひそう てんこ)』だ」と言うネタがあったが、蓋を開けてみたら本当に「天子」と言う名前だったので「てんこ」と言う読みが広まってしまった。
同時期『コードギアス』の登場キャラクターにまったく同じ読みの「天子」というキャラクターが登場したため、混乱を避けるべくその流れは止まることはなかった。また黄昏フロンティアの日記において「全人類ノ天楽録」の記事にて画像ファイル名が「tenko.jpg」となっているため、ある意味公式名称。

ドM

異変を起こした動機を「コテンパンにされる為に準備した」などと答えたことや、天子のスペルカード気符「無念無想の境地」は、一時的に身体能力を強化して、相手の攻撃をノーガードで受けても一切怯むことなく行動できる、というものなのだが、その説明欄に「実は気合で我慢しているだけ」と記載されていることが主な要因と推測されている。
また、後に出版された公式設定本「グリモワール・オブ・マリサ」における同スペル説明欄に「マゾ度:★★★★★」などと書かれていることもドM 設定が定着した一因。ただし、これも痛さを感じなくなるというスペルを表現するのに「マゾ度」と書いたのであって、天子は痛さを喜ぶマゾではない
二次創作ではありとあらゆる痛みを自身の快楽とするマジのドMとしての登場が多くヘイト創作でもこの設定が用いられることが多い

なお、真面目な創作ではこのドMネタを逆利用して用いられる場合(後述)があり、八雲藍の「紫に対しての忠誠心が無い」と同じく多くの人に原作設定と誤解されている二次設定である。

防御力が高い

上記のナイフの刺さらない身体から。
原作でも「無念無想の境地」で防御力を上げることができる(素の防御力・HPは全員同じ)。
漫画やイラストよりも、RPG・SLG系の二次創作でユニットの個性として役立てられることが多い。
この性質故に「硬い」と解釈されてしまい、貧乳化の原因にもなっている。

揺れない震源地

二次設定における二つ名。元々はニコニコ動画で『アイドルマスター』の如月千早関連の人気動画(=震源地)に対してつけられたタグ。元ネタとは違い、前述のとおり要石によって地震をコントロールする事が可能なのでダブルミーニングでもある。
尚、ゲーム中のドット絵立ち絵をみる限り、例えば西行寺幽々子等二次創作で巨乳に描かれやすい他のキャラと比較してもバストサイズは大差ない。
イラストでは、全年齢側では多くの場合スラリとした体形に描かれるが、R-18の場合体系を綺麗に描けないなどの理由で胸を盛る人もいる。

参考
・幽々子のドット絵 鈴仙のドット絵 天子のドット絵
・幽々子の立ち絵 鈴仙の立ち絵 天子の立ち絵

2007年8月11日の萎えラジでは、ZUNは「(東方のキャラは)胸の大きさってどのくらい?」という質問に対して「見た感じあんま無い、あれ皆子供だから」と返答している。しかし天子だけは二次イラストでも絶壁である場合が多い。
逆に桃のようにたわわなイラストも存在し、その場合「揺れる震源地」とタグが付くこともある。

鋼の精神と肉体

先述のドMネタが真面目な設定として覚醒したもの。
痛みを快楽とするということは裏を返せば「傷つくことを恐れない」「どれほどの苦痛を受けても、くじけず、怯まない」と言うことである。その上体もそれについていけるだけの丈夫さがある。
その結果として心身ともに非常に強靭であると解釈でき、明らかな格上相手だったりボロボロにされた状態でも挫けることはなく、不利な状況下では攻撃を当てさせて隙を作る、泥仕合や我慢比べに持ち込んで競り勝つなどの東方キャラらしからぬ戦い方ができる。
「温室育ちでワガママ」な天子をただの困ったちゃんでは終わらせず、実行力と芯の強さを与えている重要な特性である。


東方Wiki 非公式人気投票

キャラ部門

第6回19位
第7回19位
第8回20位
第9回18位
第10回17位
第11回13位
第12回13位
第13回15位
第14回12位


関連イラスト

てんこ
緋想紅炎
天地開闢
天子ちゃん


  • 緋想の剣と天子 / 要石と天子

幻想ノ宴第六幕より 比那名居天子
てんこちゃん
ういてんこ
てんこちゅあーん!


  • 緋想の剣・要石完全装備と大地を操る天子

天気「緋想天促」
跪け 母なる大地に
天人の流儀
荒々しくも母なる大地よ



関連タグ

東方Project 東方緋想天 東方憑依華 比那名居地子 天人 天子 / 比那名居
非想非非想天の娘 有頂天のお嬢ちゃん 要石 緋想の剣
楼観剣 白楼剣 (これらの製作者と関係があるようだが詳細不明)

二次設定に関するタグ
てんこあいしてる 天子ちゃんマジ天子天子ちゃんマジ天使
てんぱい揺れる震源地たわわに実った水蜜桃) むねなゐ揺れない震源地) 胸囲の格差社会
モーストマゾヒスティックプリンセス アルティメットマゾヒスティッククリーチャ
短髪天子 マフラー天子 三つ編み天子 ポニ天子 ツインテンコ キャスケット天子 コスてん
てんこなた ブロン子 てぃんこ ころーん(・ω・`) 天子の旅 かまってんこ てんこうごいてる
10月4日は天子の日 10月5日はてんこの日 10月6日はてんこの日に間に合わなかった人の日

カップリング
永江衣玖いくてん桃より甘い
伊吹萃香すいてん
八雲紫ゆかてん
博麗霊夢れいてん
霊烏路空てんくう
紅美鈴めーてん
風見幽香ゆうてんゆうかてん
魂魄妖夢(剣士コンビ、ライバル)
豊聡耳神子(剣コンビ、道教の仙人)
チルノ天チル
小野塚小町てんこま
東風谷早苗さなてん
水橋パルスィ天パル
秦こころてんここ
綿月豊姫とよてん
依神紫苑てんしおん

グループ
すいここてん しんてんしおん 東方剣術娘 東方天界娘

誤字
誤って"比名那居天子"になっているイラストも存在する。付ける人は要注意。

pixivに投稿された作品 pixivで「比那名居天子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104996531

コメント