ピクシブ百科事典

洩矢諏訪子

もりやすわこ

東方Projectに登場するキャラクター。初出は第10弾「東方風神録」Exボス。その後は第12.3弾「東方非想天則」や第12.5弾「ダブルスポイラー」Level 11などに登場している。pixiv内では単に「諏訪子」とするタグが多い。
目次[非表示]

概要

種族
能力坤を創造する程度の能力
二つ名土着神の頂点(風神録)、両生類の神様(ダブルスポイラー)、名存実亡の神様(茨歌仙)
テーマ曲ネイティブフェイス 明日ハレの日、ケの昨日(※)


※ハレとは晴れ。冠婚葬祭など、イベント・行事がある日。晴れ着や晴れ舞台などのこと。
ケとは褻。日常のこと。総じて、「昨日は何事もない(つまらない)日であったが、明日は華やかな出来事が起こるだろう」といった意味か。よく「ハレ、ケ」などと略される。

人物

妖怪の山守矢神社に祀られている本来の祭神で謎の神。子孫に東風谷早苗が居る。 決まった形を持たない(「容姿」で後述)。蛙が大好きではあるが、蛙を従える神ではない。

諏訪子は山の神であり、遥か古代は「ミシャグジさま」と呼ばれる土着神として祟り神達を束ね、日本の一角に洩矢の王国を築き、国王を務めていた。だが、大和の神の一柱である「八坂神奈子」に侵略戦争を仕掛けられ、戦争での敗北を確信した諏訪子は神奈子に国を明け渡すことにした。しかし、王国の民がミシャグジ様の祟りを恐れて神奈子を受け入れなかったため、神奈子が洩矢の王国で信仰を得ることは出来なかった。

そこで、神奈子は名前だけの新しい神(王国内では「守矢」、王国外に対しては別の名前)と諏訪子を融合させた神を信仰させることした。しかしそれは神奈子が考えた偽装工作であり、裏では諏訪子がそのまま信仰され、諏訪子は自分の力で神奈子を山の神とした。

現在は守矢神社で神奈子と共に仲よく暮らしており、その仲は「ケンカするほど仲が良い」というもの。『風神録』では当初、表立って姿を現さず、山の妖怪たちからも「守矢の神社に神奈子以外の神が居るらしい」といった謎の存在とされていた。神社の探索に訪れた博麗霊夢霧雨魔理沙らと遭遇し、「神遊び」と称した弾幕遊びを行う。

神社では主神であると同時に、基本的に守矢神社の信仰獲得計画の企画・立案を担当しており、
計画・実行はパートナーである八坂神奈子に任せ気味。また基本的に守矢神社の外に出ることは滅多になく、その存在は未だにあまり知られていない。

『非想天則』では河童に非想天則を作らせたが、そのことを早苗や神奈子に知らせないままだったため、非想天則を巨大ロボットだと信じて追ってきた早苗を怒らせてしまい、戦闘になった。

ちなみに、子孫に東風谷早苗がいるため、実は子持ちの人妻であると言われることもある。
しかし、元々日本神話に登場する神様は性交なしでも子供を作ることがあるので、
一概に「人妻」とは言えない。(勿論、結婚して子供を持っている神様も神話には登場する。)

元ネタは諏訪の伝承に伝えられる「洩矢神」(もりやしん、またはもれやしん)。
ミシャグジ神と同一視されることもある。また「諏訪子」の名は諏訪湖そのものに由来する。

諏訪の伝承によれば、諏訪に侵入してきたタケミナカタ(八坂神奈子の元ネタ)と争ったが、その藤蔓により武器の鉄輪が朽ちてしまい、その支配下にくだったとされる。この神話は、タケミナカタの故郷越の国(現在の新潟県あたり)との交流と、それまでの鉄器文化が新たな産業を得たことを示しているとも考えられている。スペルカードである『源符「厭い川の翡翠」』や『姫川「プリンセスジェイドグリーン」』はタケミナカタの母神ヌナカワ姫に由来するものであり、かつて糸魚川で産した霊力を持つ翡翠を諏訪が得ていたと見ることが出来る。

また、少女の姿をとっているのは、「諏訪明神」(あるいはミシャグジ)が八歳の童子をヨリマシとして宿るとされているところから来ているのであろう。「頭の帽子が本体」と言われてしまうゆえんである。

種族

八百万の神(やおよろずのかみ)。この「八百万」は「無数」の意。万物に宿る神性の一柱であり、「純粋な信仰から成り立っている」という。そのため神霊である神奈子とは異なり、元となった霊が存在しない。 神は「全ての物に宿る本質」、すなわち名前も付けられていない自然や道具だが、名前を付けられると何にでも宿る能力を失い、自我を持てるようになる。しかし信仰を失うと元の存在に戻っていくことになる。諏訪子は「さほど気にしていなかった」が、焦った八坂神奈子は神社ごと幻想郷に持って行ったのだった。

神としての性質はいわゆる土着神、つまり地方特有の神様である。
特定の地域でのみ信仰される神であり、その土地を離れると殆ど力を失う。
しかし信仰されている地域内では、ときに最高神クラスの神格をも凌駕する力を持つという。
現在の彼女は信仰地である諏訪地方を離れているため、全盛期にくらべてかなり弱体化している。
古くは、同じく土着神であり祟り神であるミシャグジ様達を統べる神として祀られていた。

ちなみに祟り神とは、祟り(神仏怨霊等による災厄)を起こす神様。祟りの語源は「立有(たたり)」、つまり神が立ち現れることという。丁寧に祭れば、強力な守護神になり大きな恩恵を授かることが出来るとされている。祟り神への信仰が篤い理由の一つである。

能力

坤を創造する程度の能力。「坤」とは八卦で「地」を表す。つまり大地を創造し、操る能力である。
『風神録』では具体的にどのような能力かは明らかになっていなかったが、
『非想天則』で岩石、土、水、植物、マグマなどを無から創造、操作出来ることが分かった。
現在の所、生命の創造を行ったのは諏訪子と神綺のみである。
また『求聞口授』内の記事では、妖怪の山(富士山よりも高かった頃の八ヶ岳)レベルの火山の噴火をも調整できるかのような発言をしている。
同書によると、諏訪子が直接これらの事象を起こしているというよりは、支配下においている祟り神たちの力らしい。

ちなみに風神な神奈子は、「天」を表す「乾」。
風雨の神様ということもあり、天候を創造するのではないか、と推測されている。

容姿

神具・鉄の輪


全員が子供という設定に違わず、見た目は子供。『東方求聞口授』によると「神様という特性上、姿形は殆ど意味をなさない」。身長は早苗より少し高く、神奈子より少し低い。
身長比較図(外部)

髪型は金髪のショートボブ。青と白を基調とした「壺装束」と呼ばれる女性の外出時の格好をしている。足には白のニーソックスをはき、頭には俗に「ケロ帽」・「ケロ帽子」・「ケロちゃん帽子」などと呼ばれる市女笠(いちめがさ)に目玉が二つ付いた特殊な帽子(ZUN帽)を被っている。市女笠とは、真ん中の高い巾子(こじ)が特徴的な笠であり、これも女性の外出時の格好。上の目玉二つは蛙をイメージした物である。また服の各所には鳥獣戯画が描かれているが、難しいので割愛しているイラストが多い。

『非想天則』のドットグラフィックでは、蛙座りや蛙跳びなど、蛙らしい動きをする。飛行時は両腕を上下にふって必死に羽ばたく真似をする。

分霊(ある神社から他に分かち祭られた祭神)を現す場合はカエルの姿になることもあるとか。

なおミシャグジは「石で出来た蛇のような姿」をしているという。通った後に穀物が生えるが、口の中は赤く輝き、吐き出す息で不毛の大地に変える。

性格

日本神話の時代から齢を重ねる神である為、見た目は子供っぽいものの、
言葉の節々に神としての威厳が現れることがある。
また、『非想天則』では「ああ、そろそろ地上を恐怖のどん底に陥れても良いかもね」と、
かなり腹黒いことを言っていたりする。

普段は温厚かつお気楽な雰囲気である。
ただし惚けることが多く、何を考えているのか窺い知るのかは難しい。

相棒である神奈子とは些細なことでケンカする事が多い。
また勝手に非想天則を企画、実行するなど、自分勝手なところもある。
子孫である早苗には母親のような親身さと、守護神のような威厳で接しているが、
邪魔されるとお仕置きしようとしたりもする。

スペルカード一覧

東方風神録


東方非想天則

ストーリーモード

スペルカード

非スペルカード


ダブルスポイラー


弾幕アマノジャク


備考

蛇=ミシャグジ=蛙

原作者のZUN氏によると、諏訪の神が蛇で蛙を生贄にする神事があることから、敗者側の洩矢神に蛙を当てはめたという(雑誌『キャラ☆メル』のインタビューより)。前述したように洩矢と蛇の神ミシャグジとの同一視を踏まえれば、洩矢が蛙の姿に化けることは一見奇妙さがある。しかし、実はミシャグジは蛇の神かつ蛙の神でもある。

ミシャグジは類義語や漢字表記が無数にあるが、その内の一つは「蛇口神」という。また洩矢の武器は鉄輪であり、そして「蛇口」はヒモや綱の輪、馬の轡(くつわ)の手綱を結ぶ金属の輪も意味する。一方、ミシャグジおよび洩矢神は蝦蟇(ガマ)の姿をしているという伝承が存在する(金井典美『諏訪信仰)。また蛇神は明神、即ち建御名方神であり、生贄となる蛙に洩矢神を宛がい、双方の関係を表すものではないか、という考えも一応存在する。

二次創作

早苗の母親であったり、子供的存在であったりなど、かなりポジションは不安定。
基本的に子孫である早苗に対して親バカ設定が多い。
神奈子とは原作以上に仲がよく、子供っぽく我侭である。

カップリングとしては同じ社に住む早苗や神奈子が多く、子供っぽい容姿から他の子供っぽいキャラとや、チルノのカエルネタ関連でチルノと絡む事がある。

よく「あーうー」と声をあげる場面があるが、本編では1度しか言っていない台詞。
ルーミアの「そーなのかー」と似たような例である。

帽子は本体?

例の特徴的な帽子のこと。眼が付いており見た目がカエルっぽいことから、
こちらが本体で被っている少女は操られた被害者なのではないか、などという推測がなされた。
酷い時はミシャグジさまや手長足長様達とは全く無関係にされる事や、被っている少女に関して、神奈子や早苗に誘拐されたり、いけにえにされたというエピソード等も。
今では風化しつつあるネタである。

それに関連してか、帽子の眼が諏訪子の感情を代弁するシーンもよく描かれている。

関連イラスト

神様のいる風景
historie
諏訪子
大蝦蟇神
世界を切り離す
両生类の神様
湖底に沈む
みずでっぽう



関連タグ

本人関連、登場人物関連

東方Project 東方風神録 東方非想天則 ダブルスポイラー
土着神の頂点 名存実亡の神様 あーうー ZUN帽  葉っぱの傘 諏訪子様
妖怪の山 守矢神社 守矢一家 八坂神奈子 東風谷早苗

イラスト・二次創作関連タグ

可愛い蛙の神様♥ ケロちゃん すわかわいい すにゃこ いぬすわこ タレミミすわんこ。 ポ訪子 諏訪タード カリスワ すわっ
幼女の形をしたおっさん 信仰ホイホイ 我々の宗派では神徳です 歩く諏訪子ZUN帽教 9月6日は諏訪子の日 【六曜】赤口は諏訪子の日

カップリング・グループ

かなすわ すわさな 守矢一家
ちるすわ にとすわ さとすわ 諏訪霖

pixivに投稿された作品 pixivで「洩矢諏訪子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58467896

コメント