ピクシブ百科事典

目次[非表示]

略歴

9月30日生まれ、愛知県岡崎市出身。
岡崎南中学校、岡崎城西高等学校、名古屋モード学園、日本ナレーション演技研究所を経て、アイムエンタープライズ所属。

経歴

日系三世のブラジル人である父親と日本人の母親との間に、2人姉妹の長女として誕生。
武田が母方の姓、多胡が父方の姓、羅梨沙が名前。本人は「羅生門」「梨」「沙悟浄」と打って変換して消している、とのこと。
なお、ブラジル人名(ポルトガル語名)(出生名)は、Larissa Takeda Tago(ラリッサ<ラリサ>・タケダ=タゴ)である。

中高時代よりデザインとイラストを得意としており、高校時代まではデザイン関係の進路を第一志望としていたが、声優好きであった部活の仲間に影響されて声優という職業に関心を持つようになる。
当時はデザイナーの道を第一希望としていたため、高校卒業後は名古屋モード学園に入学。同行在学中には、企業のデザインコンテストで何度か賞に獲得した実績を持つほどであった(参考リンクその1その2)。
しかし、声優業への関心も変わらず持ち続けていたことから、モード学園と並行して、日ナレの週一コースを履修し、休日を利用して苦労を重ねながらも声優のイロハを身に着ける。
その後アイム所属が決まった時期を境に東京へ移住し、所属が正式に決まった際には同時にデザイン事務所の最終面接まで行っていたものの、「苦しいときでも楽な道へ逃げたくない」という思いから事務所の内定を辞退し、本格的に声優の道に進む決意をする。

声優活動初期は中々仕事に恵まれず、端役での出演がほとんどであったが、徐々に名前のある役を演じる機会が増え、2017年9月25日、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の喜多見柚役への抜擢が発表されるや、その特徴的な名前もありTwitterトレンドに「武田羅梨沙多胡」というワードが浮上するなど話題となった。
同年11月19日、舞浜アンフィシアターで開催された『アイドルマスター シンデレラガールズ 6th Anniversary Memorial Party』にてアイマス関連イベント初出演。ライブパートでは終始笑顔を振りまき全身で精一杯表現するパフォーマンスがまさに柚そのものと大好評を得た。

人物

  • 好きなイラストレーターは黒星紅白
  • 前述の通り生徒会長を経験しておりこれと関連しているかは不明ではあるが、養成所基礎科のレッスンで印象に残っている事として「姓名の間で一拍おくと良い」と教わったことを挙げている。
  • 名前の区切りは武田・羅梨沙・多胡なのだがルゥティンに訊かれた際には「タケダラ・リサタゴです」と答えてルゥはすっかり信じ込んでいた。このネタは相手の心の素直さを測るテストとして長江里加などに使用されている。
  • デザイナーの道を断った後も、イラストの腕は健在であり、2018年1月5日から「武田羅梨沙多胡からのラリレター」で『ラジオどっとあい』73代目パーソナリティーを務め、ブログの年賀イラストやリスナーから募集したおたよりの朗読&イラスト化企画でイラストの腕前を披露した。同年3月30日の最終回では制作過程動画も同時に配信。また、オススメマンガ紹介コーナーでは時間内に紹介しきれないほどの広範な知識とマンガ趣味の広さを披瀝した。


主な出演作

アニメ

有山雫僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件ソナタバミューダトライアングル〜カラフル・パストラーレ〜宮崎すみれハッピーシュガーライフ
雫姉
ソナタちゃん!
すーちゃん
鯱頭アオイ焼肉店センゴク(Webアニメ)アナ蜘蛛ですが、なにか?
アナ


イラスト未確認


ゲーム

喜多見柚アイドルマスターシンデレラガールズマーブルヘッドアズールレーン洩矢諏訪子東方ダンマクカグラ
もうちょっとだけ特別な日
センシティブな作品
湖底に沈む


イラスト未確認


ドラマCD

イラスト未確認


出演ラジオ・動画番組


関連タグ

声優 女性声優 アイマスガールズ
岡崎城西高等学校......彼女の母校
ニトロ爆弾......同級生(?)
木村昴......同じく日本以外の出生名(ドイツ人名)がある声優

外部リンク

事務所によるプロフィール
本人Twitter

関連記事

親記事

アイムエンタープライズ あいむえんたーぷらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「武田羅梨沙多胡」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「武田羅梨沙多胡」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7822

コメント