ピクシブ百科事典

市女笠

いちめがさ

市女笠は、笠の一種。

スゲ)などで編み、中央に高く巾子(こじ)という突起を作った
平安時代中期以降、公家の女性の外出用として広く用いられた。
市女笠から垂れ下がる白い薄い布は「虫の垂衣」と言い、顔を隠すだけでなく日除け・虫除けとしても機能した。
元々は市女(市場で商いをする女性)が被っていたことからこの名がある。

関連タグ

平安時代 公家 壺装束 小袖

pixivに投稿された作品 pixivで「市女笠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513647

コメント