ピクシブ百科事典

小野小町

おののこまち

平安時代初期の女性歌人。


概要

日本平安時代初期(9世紀ごろ)の女性。
生涯について詳しいことは明らかになっていないが、絶世の美女であったとの伝承が残る。
そのため、生誕の地がいくつか地方にあったり、言葉は悪いが彼女が野たれ死にをし、朽ち果てていくまでの絵画がいくつか残されている。

歌人でもあり、古今和歌集百人一首に彼女の和歌が採録されている。
出生地は当時の出羽国、現在の秋田県湯沢市とされる。秋田新幹線こまち」、秋田県を中心に作付けされるの品種「あきたこまち」はこれに由来する。

クレオパトラ楊貴妃と並び「世界三大美人」の一人、日本においての代表とされる。

関連タグ

美人 小町
小野妹子 小野篁
九相詩絵巻

pixivに投稿された作品 pixivで「小野小町」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509330

コメント