ピクシブ百科事典

西行

さいぎょう

平安時代末期の武士、僧侶。歌人として有名であった。
目次[非表示]

概要

西行(1118-1190)は代々朝廷に仕える武家藤原氏出身の武士であったが、わずか23歳にして出家し、源頼朝征夷大将軍となる2年前、73歳までの生涯を送った人物である。歌人として知られ、新古今和歌集に至る当時の歌壇に大きな影響を与えた。『小倉百人一首』にも次の歌が選ばれている。

なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
現代語訳例:私は恋人が冷たいと嘆く。それは月がそのような物思いに耽らせているのであろうか。いや、そうではない。月のせいにして流れるのだ、愚かなる私の涙が。


生涯

丁度平清盛と同年の生まれである。出家する前の名は佐藤義清という。藤原氏の生まれといっても、貴族摂関家ではなく傍流の出身。その祖先は平将門を討ち近江三上山の百足退治の伝説でも知られて武勇に定評ある武士藤原秀郷である。祖先の名声を引き継いで代々皇居の警護等を司る武士であり、祖父の代から佐藤姓を名乗る。各国の国司も務めており、諸国に多くの私有地を得て裕福な豪族でもあった。

義清もまた鳥羽上皇に仕えるエリートコース北面の武士の一員となった。武芸ばかりか有職故事にも詳しく学問があり、中でも和歌に優れており、将来を期待されていた。しかし理由は不明ながら23歳で出家し、すがりついて泣く4歳の娘を縁から蹴り落として家を出たという(生前から多かった西行に関する伝説説話を集めた鎌倉時代中期成立の『西行物語』が出典)。現代ならただの暴力オヤジであるが、中世的な観点から出典では、そこまでして出家したという美談として扱われている。

出家してからも京都近郊に滞在して俗世の人々と交流があり、また諸国を旅し、多くの和歌を詠んだ。歌壇に対しても影響力があり、当時新進歌人に過ぎなかった藤原定家を自らの和歌集『宮河歌合』にて登用して判を請うている。

その死も伝説に彩られており、かつて詠んだ
ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ
という歌の通り、の花が咲き乱れる陰暦2月16日(きさらきは二月、もちつきは十五日を示す)に弘川寺にて世を去った。この寺には西行桜と呼ばれる桜が今も残っている。

出家の動機

西行の謎と言えば、まず出家の動機であろう。藤原頼長は「家も富み、若くして、心に愁いなども無かろうに、とうとう出家してしまった。人はこれを驚き褒め称えた」等と記している(『台記』)。これほど恵まれた武士が何故出家したのであろう。

まず、『西行物語絵巻』は親しい友人の死が原因であったとする。『源平盛衰記』は高貴な女房への失恋が原因だったという。実際に西行は待賢門院につかえた女房達との交流があり、それに関わる歌も残されている。瀬戸内寂聴のように、待賢門院自身への失恋ではなかったかとする者もある。また窪田章一郎『西行の研究』は政治的な陰謀や恋愛の苦しみから解き放たれて和歌を詠み修行に励む新しい自分を求めていたのではないかとしている。

出家遁世に際して、縁ある人に送った歌
世の中を そむき果てぬと いひおかむ 思ひ知るべき 人はなくとも
(『山家集』)
世の中に背を向け果てて出家するのだと言うべきでしょう、私の真意を理解する人が仮にいなかったとしても、といった訳になろうか。「世の中」には「現世」という意味以外に「男女の仲」という意味もある。縁ある人というのが親しき友人だったのかそれとも失恋相手だったのか、西行の真意を理解した人はいたのかいなかったのか、史料は黙して語らない。


歌人として

先述の通り藤原定家が世に出る切っ掛けの一助をなしたばかりか、その父である当時の大歌人藤原俊成との関わりも深く、自歌合『御裳濯河歌合』の判は俊成に請うている。まさに野にあって歌壇の行く末に影響したと言えよう。後鳥羽上皇も西行を評して「生得の歌人」「不可説の上手なり」と絶賛している。

西行の歌に関する考え方は資料が乏しいが、『西行上人談抄』によると「和歌は麗しく詠むものである。古今集の歌風を手本として詠め。その中でも、雑部を常にみるのだ」とある。

よられつる 野もせの草の かげろひて すずしくくもる 夕立の空
現代語訳例:暑さに負けて細く萎れていた(夕立を運ぶ強風に縒り乱された、と解釈する場合も)野原の草に陰がさす。見上げれば涼しく曇った夕立の空であった

関連タグ

平安時代 武士 和歌
平清盛(大河ドラマ)(演じたのは藤木直人) 西行寺幽々子

pixivに投稿された作品 pixivで「西行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32987

コメント