ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

平安時代末期の第74代天皇鳥羽天皇の退位後の呼称。

在位:嘉承2年~保安4年(1107年~1123年)。御名宗仁。


堀河天皇の第1皇子で、在位中は祖父白河法皇院政を執っていた。

譲位後の1127年に白河法皇が崩じると院政を開き、1156年に崩御するまで自らの子である3代(崇徳・近衛・後白河)の天皇の上に立ち政治の実権を握った。1142年に出家法皇となる。


祖父・白河法皇との関係が噂された藤原璋子待賢門院)所生の第1皇子・顕仁親王(→崇徳天皇・崇徳上皇)を疎んじ、寵愛する藤原得子美福門院)所生の体仁親王(→近衛天皇)に譲位させたが、近衛天皇が夭折したため璋子所生ながら皇子の守仁親王(→二条天皇)が得子の養子となっていた第4皇子・雅仁親王後白河天皇として即位させた。

上記の行動が崇徳上皇派と後白河天皇派の対立を激化させ、法皇崩御直後に保元の乱が発生する原因となる。


関連タグ

天皇 皇室

鳥羽 鳥羽院

平忠盛 平清盛 藤原忠実 藤原忠通 藤原頼長

三上博史:2012年大河ドラマ平清盛」で演ずる。

関連記事

親記事

鳥羽天皇 とばてんのう

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16256

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました