ピクシブ百科事典

平忠盛

たいらのただもり

平安時代末期の武将。平清盛の父である。
目次[非表示]

概要

 武門で有名な伊勢平氏の棟梁。
白河院の寵臣、鳥羽上皇の近臣として活躍し、数々の朝廷への寄進・造営によって武士として初めて院の御所への昇殿を許された人物。
最終官位は正四位上刑部卿。
北面武士・追討使をし、諸国の受領を歴任、日宋貿易にも力を入れて巨万の富を得、平家繁栄の基礎をきずいた。(嫡男・清盛は後に父・忠盛の政策を受け継いで「大輪田泊」(現在の神戸)を築き、日宋貿易の拠点としている)
 「富累百万、奴僕満国、武威軼人」と言われる一方で、歌人としても知られる。
和歌を好み、多くの歌会・歌合に参加し、「久安百首」や家集『平忠盛集』などを遺す。
以上の事から、文武両道の肝のすわった大人物であったようである。
 『平家物語』では、序盤に登場している人物でもある。

関連人物

平正盛 - 父。
平忠正 - 弟。
藤原宗子(池禅尼) - 妻(正室)。
平清盛 - 嫡子。
平家盛 - 次男。
平経盛 - 三男。
平教盛 - 四男。
平頼盛 - 五男。
平忠度 - 六男。

関連タグ

日本史 歴史創作 源平 平安時代
2012年度・NHk大河ドラマ平清盛(大河ドラマ)では中井貴一が演じている。

pixivに投稿された作品 pixivで「平忠盛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13016

コメント