2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

平時忠

たいらのときただ

平安時代末期の公家。平家全盛期を象徴する言葉、「平家にあらずんば人にあらず」を遺したとされる。
目次[非表示]

概要

平安時代末期の公家平清盛義弟平家政権全盛期を招来した人物の一人。正二位権大納言に昇り、その権勢の大きさから「平関白」の異名で呼ばれた。

堂上平氏こと桓武平氏高棟流の生まれで、平氏ではあっても血縁で見れば清盛との縁は非常に遠い。
同母姉に平清盛の正室平時子、異母妹に後白河上皇の寵姫平滋子があり、第81代天皇・安徳天皇の父帝である第80代天皇・高倉天皇(滋子の子)、安徳帝の母となる平徳子、清盛の嫡男である異母兄・重盛の死後、平家の棟梁となった清盛の三男・平宗盛、船弁慶と呼ばれた四男・知盛、堂々とした態度で敵将・頼朝を感嘆させた五男・重衡(いずれも時子の子)の叔父もしくは伯父にあたる。このような血縁関係を生かして権勢をふるった。
単純な血縁だけでなく、官吏としても辣腕の持ち主であったようで、頼朝は「智臣の誉ある」と評価している。

この頃、『平家物語』で彼が語ったとされる名言「平家にあらずんば人にあらず」(「此一門にあらざらむ人は、皆人非人なるべし」)は平家一門の権勢を表わしていることで有名である。
ただし、「人非人」とは、「宮中で出世できない人」と言う意味であったとされ、現代語で解釈すると少々誤解を招く。

後に源平合戦に敗れた平家一門に同行し、壇ノ浦の戦い源義経に捕縛された(後に娘を義経に差し出して自ら助命を願ったという)。
義経に接近して権力を保とうとするが、義経と頼朝の対立が深刻化し、結果として能登国に流罪とされ、同地で生涯を終えた。

また、時忠の息子時実も上総国に流罪になっているが、こちらは後に赦免されて京都に戻り、公卿になっている。

創作作品での平時忠

ドラマなどでの演者・声優

1972年NHK大河ドラマ『新・平家物語』…演:中村梅雀
1993年~1995年NHK人形劇人形歴史スペクタクル平家物語』…CV:石橋蓮司
2012年NHK大河ドラマ『平清盛』…演:森田剛
平家の密偵たる禿(かむろ)を率いる秘密警察長官みたいな役回りだが、そもそも禿の記述は平家物語にしか出典がないので史実性は薄く、また平家物語でも時忠が指揮していたという記載はない。あくまでも時忠のキャラを明確にする演出である。

関連タグ

公家 平家 平清盛 平時子 平滋子(滋子) 高倉天皇 平宗盛
大河ドラマ『平清盛』

関連記事

親記事

平家 へいけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「平時忠」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「平時忠」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26279

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました