ピクシブ百科事典

概要

平安時代末期の第80代天皇。諱は憲仁。
応保元年(1161年)~治承5年(1181年)、在位:仁安3年(1168年)~治承4年(1180年)。

建春門院滋子後白河上皇の三男で平清盛の甥に当たる。清盛の娘、平徳子建礼門院)を中宮に迎えて言仁親王(後の安徳天皇)を儲ける。また、藤原殖子七条院)との子である尊成親王が後に後鳥羽天皇となって、現在の皇室につながる。

誕生直後から、憲仁王を皇子のいない二条天皇の後継者にしようとした平時忠藤原成親らが解官されるなど、波乱の人生を歩む。二条帝の死後、後白河院の院政の下で即位。治承三年の政変(1179年)によって後白河院が幽閉されると、翌治承4年(1180年)2月、高倉帝は3歳になる安徳天皇に譲位して自ら治天の君となる。清盛の傀儡であったのか、自ら後白河院に代わって政治を行う意思があったのかは諸説ある。ほどなく、福原遷都の失敗と全国各地での源氏を中心とする反乱の勃発のさなかに、21歳で早世してしまった。
美男で有名でその寛大な人柄は周りの人々から慕われるほど。


関連タグ

天皇 後白河天皇後白河法皇 平清盛

関連記事

親記事

歴代の天皇 れきだいのてんのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高倉天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2661

コメント