ピクシブ百科事典

日本の第82代天皇。平安末期から鎌倉初期にかけて在位した。
生没年:治承4年7月14日(1180年8月6日) - 延応元年2月22日(1239年3月28日)
在位:寿永2年8月20日(1183年9月8日) - 建久9年1月11日(1198年2月18日)
諱は尊成(たかひら)。
退位後建久9年(1198年) - 承久3年(1221年)まで院政を開かれた。

概要

承久の乱鎌倉幕府に敗れ隠岐にお遷りになった上皇として有名であるが、悲劇の幼帝安徳天皇の異母弟であるということにはあまり触れられない。
安徳天皇が平家に奉じられて都落ちした際に三種の神器がないままで即位した経過があるため、その正当性が当時から指摘されたこともあり、御本人もそれをコンプレックスにしていたとする記述が史料からも読み取れる。
その反動で「強い上皇」を指向したとする説もあり、対幕府強硬政策や西面の武士設立はその現れであるとも言われている。

笠原英彦の『歴代天皇総覧』によれば、仲恭天皇の治世においては後鳥羽上皇が朝廷の実権を握り、上皇の第一皇子である土御門上皇、第三皇子であり仲恭天皇の父である順徳上皇は覇気に富んだ父の傀儡として即位しており、承久の乱は後鳥羽上皇の主導と反幕府志向の強かった順徳上皇の手によるものであったとされている。

政策面では軍事政策に精を出した反面、文化面では学識高い教養人として評価が高い。
特にその功績として名高いのが新古今和歌集の作成である。
新古今和歌集の作成は承久の乱後、隠岐に遷った後も自ら推敲したとされ、数百首削減された「新古今和歌集隠岐本」なるものが正統(完成版)であるとの院宣を出している。

関連タグ

後白河天皇:祖父。即位を主導した。
高倉天皇:父。
安徳天皇:兄。
藤原定家 式子内親王 西行 源実朝:新古今和歌集の代表歌人ら。
百人一首
:紋章に用いた。現在の「菊の御紋」の発祥となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「後鳥羽天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2297

コメント