ピクシブ百科事典

北条泰時

ほうじょうやすとき

北条泰時とは、鎌倉時代の武将・政治家。鎌倉幕府の第3代執権として、「御成敗式目」の制定や「評定衆」による合議政治の確立に当たるなど、その人柄と併せて北条氏の中興の祖として知られる。(1183年-1242年)
目次[非表示]

概要

生没年:寿永2年(1183年)~仁治3年6月15日(1242年7月14日)

 鎌倉幕府第2代執権・北条義時と、その側室の阿波局(出自は定かではないが、御所の女房であったと伝わる)の間に庶長子として生まれる。幼名は金剛、また元服当初は烏帽子親を務めた源頼朝の偏諱を受けて「頼時」と名乗っている。
 弟に北条朝時(名越流北条氏初代)、北条重時(極楽寺流北条氏初代)、北条政村(政村流北条氏初代、第7代執権)、北条有時(伊具流北条氏初代)、北条実泰(金沢流北条氏初代)ら、孫に北条経時(第4代執権)、北条時頼(第5代執権)兄弟がいる。
 
 泰時が執権となった頃、鎌倉幕府は承久の乱での勝利で朝廷に対し優位な立場となった一方、父・義時や叔母・政子、それに大江広元など幕府草創期を支えた世代が相次いで他界し、世代交代の時期を迎えつつあった。
 こうした状況にあって泰時は、武家政権としては初となる法令「御成敗式目(貞永式目)」の制定によって政権、ひいては武家社会全体の規範を定めた他、執権を補佐する「連署」や有力御家人達による政務機関「評定衆」の設置を通して、それまでのような将軍もしくは執権による専制政治から、集団指導体制による安定した政治の確立を目指した。

 政務面だけでなく、人格的にも優れたものを持ち合わせていたと評されており、泰時の死後数十年後にまとめられた説話集「沙石集」の中でも「道理に適った話を聞けば「道理ほどに面白きものはない」と言って感動して涙まで流す」「民の嘆きを自分の嘆きとし、万人の父母のような人である」という具合に、泰時をまことの賢人であると記している。
 鎌倉幕府が滅亡した後、北条氏に対する評価が厳しくなる中にあって、南朝側として北条氏と対立する立場にあった北畠親房でさえも、自身が著した『神皇正統記』において泰時とその施政に対して肯定的な評価を与えている程である。

生涯

前半生

 建久5年(1194年)、13歳の時に元服を迎え、前述の通り鎌倉殿である頼朝の偏諱を受けている。元服に際して三浦義村の娘との婚約を仲介したり(頼朝没後の建仁2年(1202年)に結婚)、またとある御家人による泰時への「非礼」を巡っての逸話など、幼い頃より頼朝からは特に目をかけられていたようである。
 とはいえ庶長子という立場上、当初の泰時は嫡男とは見做されておらず、正室所生の異母弟・朝時が北条氏を継ぐ立場にあったと見られている。しかし建暦2年(1212年)、将軍御台所の官女に対する不祥事を巡り、朝時が将軍・源実朝の怒りを買った事から父・義時は朝時を義絶し、駿河への蟄居を命じるという事態が起きている。翌年に和田義盛とその一族との間で発生した和田合戦に際して朝時の蟄居は解かれているものの、この一件が後に泰時が北条氏本家の家督を継ぐ上での重要な転換点となった事は確かであろう。

 その後も建保6年(1218年)に侍所別当に任命され、翌承久元年(1219年)には従五位上・駿河守に任官されるなど、着々と幕府内での地位を固めつつあった泰時は、承久3年(1221年)に発生した承久の乱では幕府軍の総大将を務め、京側の軍を打ち破って入京を果たすと、戦後に京に設置された幕府の出先機関・六波羅探題の北方に就任。同じく南方となった叔父・時房と共に、朝廷に対する監視や西国の御家人たちの統括を担う事となる。

執権就任

 貞応3年(1224年)に父・義時が急死したのに伴い、泰時も鎌倉に帰還する事となったが、この時継母に当たる伊賀の方による政変の企てが発覚。この企てを挫くべく、泰時の伯母に当たる尼将軍・北条政子は泰時を執権に任命、泰時は42歳にして北条氏本家の家督を継ぎ、政子の後見の元で第3代執権として幕政を主導していく事となる(伊賀氏の変)。
 しかし執権任命からわずか1年の後、その政子や大江広元といった幕府草創期からの要人たちが相次いで逝去した事により、後ろ盾を失った泰時の政権運営は早くも岐路に立たされる事となる。未だ執権としての自らの立場や政治基盤も心許ない中、泰時はそれまでの将軍・執権による専制体制に代わり、集団指導制への移行を図る事でこの難局を乗り切ろうとした。

 その手始めとして、泰時はまず在京の叔父・時房を鎌倉へ呼び戻すと、執権補佐として新たに設けた「連署」に就任させ、事実上の複数執権態勢を布いた。さらに三浦義村を始めとする有力御家人らや、幕府の事務官僚ら11人からなる政務決定機関「評定衆」を設置。政策・人事・訴訟・立法をこの評定衆が一手に担う事となった。
 さらに将軍独裁からの脱却、および合議的な執権政治の確立をより目に見える形で示すべく、嘉禄2年(1226年)の九条頼経の征夷大将軍就任を期して、泰時はそれまでの大蔵御所から宇都宮辻子へと幕府を移転。移転に当たっての最初の評議で泰時は、以後の賞罰全てを自らが決定する事を宣言した。この幕府移転により、その頂点に立つべき将軍は名目上の存在となったものの、泰時自身はあくまで将軍あっての執権である事を強調し続け、以降も自ら率先してその主従関係の範を示していく事となる。
 政治体制だけでなく、鎌倉の都市機能の整備にも泰時は力を入れた。1232年(貞永元年)には勧進聖で土木技術にも精通していた往阿弥陀仏らによる、和賀江島とその港の建築を後援している。同時期には後述の「御成敗式目」の編纂も行われており、政権初期こそ前述した逆風に見舞われたものの、逆にそれを好機に転ずる形で体制の刷新を図る事に泰時は成功したのである。

 承久の乱を経て、鎌倉幕府も朝廷や寺社勢力に対する影響力を強めつつあったこの頃であるが、泰時もその流れをより推し進める施策を取っている。嘉禎元年(1235年)に石清水宮と興福寺、そして延暦寺間での抗争に際しては武力をもってこれを鎮圧し、平安期より続く僧兵勢力の跳梁に対しても断固たる姿勢を示した。
 また仁治3年(1242年)に四条天皇が崩御し皇位継承問題が持ち上がると、順徳天皇の皇子である忠成王を推す流れに対して、かつて承久の乱を主導した首謀者の子である事を理由に反対の意を強く示し、弟で六波羅探題北方の重時らと共に邦仁王(土御門上皇の皇子)の擁立を画策。邦仁王を擁立した背景には、外戚・土御門定通に泰時の妹が嫁いでいた事から、その縁を通じて朝廷内部への影響力を強められるという思惑もあった。この皇位継承問題で11日間もの空位期間が発生したものの、神託と武力とを背景に反対意見を押し切ってこれを即位させた。

 このように幕府並びに執権体制の安定と、朝廷などへの影響力の強化に努めていった泰時であったが、この前後より日頃の過労から体調を崩しがちになっており、皇位継承問題による心労もそれに拍車をかける形で同年6月15日、60年の生涯に幕を下ろした。後継者と目されていた長男の時氏、それに次男の時実も既に早逝しており、北条氏本家の家督と執権職は時氏の長男・経時が継承する事となる。

御成敗式目

 「貞永式目」とも呼ばれる51箇条からなる法典であり、日本における最初の武家法典としても知られる。前述した集団指導体制を布く上での指針として、また承久の乱の後に頻発化した地頭の振る舞いや収入を巡る紛争の解決を図るものとして、貞永元年に制定されたものである。
 それまで基準としていた、頼朝時代からの「先例」が膨大化した上に現状に即さぬものも少なからずあり、また全国への統治を進める中で倫理観や慣習が地方によってまちまちであったため、泰時らは式目の編纂に当たって先例を取り入れつつも「道理」に重きを置き、土地などの財産や守護・地頭などの職務権限を明文化する事で、より明確かつ統一的な武家社会の基本たる法典を目指したのである。
 
 制定後も不備の補充や状況の変化に応じて追加の法が制定される事もあり、幕府滅亡後も江戸期に「武家諸法度」が制定されるまでの間、武家社会の基本法として用いられた他、優れた法先例として有職故実の研究対象や、庶民の習字手本などとして広く社会に浸透していった。


関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 執権 連署 北条義時 北条時頼

関連記事

親記事

執権 しっけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「北条泰時」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2114

コメント