ピクシブ百科事典

北条時政

ほうじょうときまさ

鎌倉時代初期の人。北条氏初代執権
目次[非表示]

概要

保延4年(1138年)生まれ、建保3年1月6日(1215年2月6日)死亡。
平安時代末期~鎌倉時代の人。伊豆の流人であった源頼朝の挙兵を義父として支え、鎌倉幕府の成立に貢献する。後に、北条氏初代執権となった。しかし、3代将軍・源実朝の代に、頼朝と同じく娘婿となった平賀朝雅を将軍にしようとして失敗、引退に追い込まれた。

家系

輩行名で北条四郎とも呼ぶ。河内源氏嫡流・源頼朝の正室・北条政子 、2代執権・北条義時、初代連署北条時房の父。一応「平氏」の流れとなっているが、平清盛を輩出した伊勢平氏は平貞盛の四男・維衡の子孫、北条氏は貞盛の次男・維将の子孫となっており、遠くはあるが血縁関係があることになっている(太平記等では北条氏嫡流も「平家」と呼ぶ)。血がつながってるのかは微妙であり、京の都で栄達し、朝廷の実権を握った平家は官僚系で、北条氏をはじめとする地方領主(自分で畑を耕している)系なので血のつながりはないという見方もある。

業績

 前半生はよくわかっていないが、平治の乱で敗れた源義朝の嫡男・頼朝が、永暦元年(1160年)3月、14歳で伊豆国・蛭ヶ小島に流された時から歴史は動きはじめる。
 この時、時政は伊東祐親とともに頼朝の監視役を命じられ、嘉応2年(1170年)4月には、伊豆大島に流されていた源為朝(保元の乱で敗れた源為義の八男、頼朝の父・義朝の異母弟)が反乱を起こし、追討軍に加わったとされている。

 治承元~2年(1177~78年)ころ、時政は京都大番役勤仕のため、在京していたが、このころ、娘・政子と流人・頼朝との間に長女・大姫が誕生していた。このことが平家の耳に入ることを恐れた時政は当然、ふたりの仲を認めたくはなかったが、政子が頼朝のもとへと逃れたため、しぶしぶ認めたという。
 
 治承4年(1180年)5月、後白河法皇の第三皇子・以仁王源頼政が反平家の兵を挙げるがすぐに鎮圧され自刃、しかし、以仁王の発した「平家追討」の令旨が源行家によって木曽義仲や伊豆の頼朝のもとにももたらされる。
 同年8月、頼朝、伊豆で挙兵、時政も長男・宗時、次男・義時らとともに挙兵に加わって伊豆国目代・山木兼隆を討ち取るが、相模国石橋山で平家方の大庭景親に敗れ、長男・宗時は落ち延びる途中で伊東祐親軍に囲まれ討ち取られた。

 以後、頼朝は参集してきた異母弟・範頼義経兄弟や梶原景時らに木曽義仲追討、平家追討をまかせ、みずからは鎌倉を拠点に新たな武家政権を作ろうと政治に専念し、時政・義時父子も政権の構築に協力したと思われる。

 文治元年(1185年)3月21日、壇ノ浦の戦いにおいて平家が滅亡すると、頼朝・義経兄弟に対立が生じ、同年10月、義経が頼朝追討の院宣を得ると、11月、頼朝は時政を京に派遣、義経の追捕、義経にくみした後白河院近臣の処分、京の治安維持にあたった。(頼朝はこの時、義経を問えるための「守護・地頭」の設置を朝廷に認めさせ、これが鎌倉幕府成立のひとつの根拠となっている)

 文治5年(1189年)、奥州藤原氏にかくまわれていた義経が頼朝の圧力に屈した藤原泰衡に討たれると、恭順の意を示している泰衡討伐に頼朝とともに出陣、奥州藤原氏を滅ぼす。
 このころ(文治年間)以降、伊豆・駿河守護についていることが推測されている。
 建久3年(1192年)7月、頼朝、征夷大将軍に任じられる。(鎌倉幕府成立のもうひとつの根拠)

 正治(1199年)正月、頼朝が53歳で亡くなり、嫡男・頼家が19歳で河内源氏の家督を継ぎ(将軍職に任じられるのは3年後)、「鎌倉殿」の称号を帯びるが、乱行に人望を失って権限を剥奪され、時政・義時、和田義盛ら13人による合議が始まる。

 建治3年(1203年)8月、頼家危篤により弟・実朝が将軍職に就き、外祖父である時政は侍所別当となる。体調を回復した頼家は正室の父・比企能員に北条氏追討を命じるが反撃されて比企一族を滅ぼされ、9月に伊豆・修善寺に幽閉される。(翌元久元年(1204年)、頼家死去、北条氏に刺客を放たれたといわれている)
 一方、将軍職を継いだ実朝は和歌の名手として知られ、『吾妻鏡』に「武家の本分は武芸ではなく和歌になってしまった」と嘆かれるありさまだったという。(その一方で義時の意見を拒否し、みずから裁定を行うなど、必ずしも政治に無関心ではなかったともいわれている)
 元久4年6月、息子の義時・時房兄弟の反対を押し切り、武蔵の畠山重忠を謀反の疑いで滅ぼす。 
 同年閏7月19日、将軍・実朝を廃して娘婿・平賀朝雅を将軍に立てようとしたが、娘・政子・次男・義時の反撃にあい失敗、出家し伊豆国北条に隠棲した。

 建保3年正月6日、日ごろ患っていた腫物が悪化して死去、享年78歳。
 

いろいろ

 鎌倉時代 鎌倉幕府 執権 北条政子 北条義時 北条時房
 NHK大河ドラマ、『平清盛』では、遠藤憲一が演じた。

pixivに投稿された作品 pixivで「北条時政」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 972

コメント