ピクシブ百科事典

源義朝

みなもとのよしとも

平安時代の武士。源頼朝の父であり、清和源氏の棟梁。一族郎党を率いて保元・平治の乱を戦った。
目次[非表示]

概要

源義朝(1123-1160)は、平安時代末期の武士である。源為義の長男で、弟に為朝行家らがおり、八幡太郎源義家の曾孫(一説に孫)にあたる。源頼朝源範頼源義経ら兄弟の父、源義仲は甥にあたる。義家の死後衰退を続けていた源氏を立て直した棟梁であり、関東に勢力を築いて息子の頼朝が鎌倉幕府を開く基盤を整えた。官位は従四位下播磨守に至っている。

生涯

源氏の衰退

為義と藤原忠清の娘との間に生まれる。源氏と言えば、頼義・義家父子の時代には前九年の役後三年の役に勝利して武勇をとどろかせていた。しかし、義家の嫡男である源義親が九州、続いて出雲にて官吏を殺害して追討を受けて敗死する。また代わって後継者となった義忠が暗殺されて一族が下手人として討伐されるなど、当時の源氏は混乱と衰退の時代を迎えていた。これに対して、ライバルである平家の棟梁・平忠盛が西国において受領を歴任して武力・財力を蓄え、日宋貿易で得た利益を白河鳥羽両院に献じて昇殿を許され一門の地位を挙げていった。一方で源氏の棟梁となった義朝の父為義は検非違使のまま官位が伸びず、源氏は完全に平氏の活躍に圧倒されていた。

東国の雄

義朝は少年時代に関東へ下り、上総氏の庇護を受けて育ったとされる。やがて当地の武士団間の勢力争いに介入し、三浦義明大庭景義らを傘下に加える。相模の豪族波多野氏の娘との間に次男・源朝長を設けるなど、縁戚関係からも勢力を拡大した。伊豆の流人に過ぎなかった頼朝が関東武士団を従えられた理由において、これらの義朝の活動は無視できないであろう。鎌倉に屋敷を構えて本拠地とし、これも頼朝に引き継がれた。

後に上洛し、熱田大宮司家藤原季範の娘由良御前と結婚して嫡男の頼朝(全体としては三男)が生まれる。熱田大宮司家は北面の武士や院の女房を輩出しており、義朝の強い支援勢力となった。かくして義朝は一族の支援と東国の勢力を背景として鳥羽上皇藤原忠通に仕え、従五位下・下野守と父・為義を越えた官位につく。

保元の乱

1158年、鳥羽法皇の死後、皇位をめぐって後白河天皇崇徳上皇の対立が表面化し保元の乱が勃発する。この乱において義朝は藤原忠通藤原信西信西)、平清盛とともに後白河天皇につき、崇徳上皇藤原頼長についた父・為義や源為朝をはじめとするほかの兄弟たちとは敵対することになる。為義と決別した理由は不明である。一説には、義朝が庶長子・源義平に命じて武蔵国に勢力を広げていた異母弟・源義賢を討ち滅ぼしたが、弟を東国に送っていたのは父・為義の意向だったともいう。なお、義賢の子が信濃国に逃れて、後の木曽義仲となっている。保元の乱の中での義朝の働きとしては、天皇方として夜襲を提案し、源為朝の武勇の前に苦戦する味方を他所に敵の本拠白河北殿に火をかけて上皇らを逃走に追い込み、勝利を決定づけた。上皇は讃岐(香川県)に流罪、頼長も流れ矢が頸部に刺さることによる傷がもとで死亡した。かくして義朝の功績は大きかったが、父・為義は義朝の助命嘆願も空しく一族もろとも死刑となり、源氏全体としては深刻な損害を蒙った。自らによる刑の執行を命ぜられた義朝にとってもその痛手は大きく、『愚管抄』によると「親の首を刎ねた不孝者」と世評で謗られたという。為義は最期まで義朝が親殺しの汚名を受ける悲哀を案じたとされる(NHK大河ドラマ「平清盛」紀行23)。

平治の乱

1160年に起きた平治の乱においては藤原信頼藤原経宗とともに対立する藤原信西を殺害し、後白河上皇二条天皇を軟禁、優位に立つ。しかし、上皇・天皇は女性用の牛車を用いるという奇策で脱出に成功、形勢は逆転した。信頼らと対立していた藤原忠通平清盛はこの機に乗じて逆襲に出、清盛の軍と京中での合戦となるが、同族の源頼政の離反もあり敗北を喫した。なおも再起を図って東国へ敗走するも尾張(愛知県)で在住の家人長田忠致の裏切りに遭う。『平家物語』では入浴中に忠致らに襲われて「ここに木刀の一本でもあれば!」と叫んで絶命する(それゆえ愛知県野間大坊にある義朝の墓には多数の木刀が供えられている)。『愚管抄』では郎党の鎌田正清と共に湯浴みを勧める忠致の裏切りを察し、正清に自らの首を討たせて世を去っている。正清も直ちに主君の後を追ったという。なお、深手を負っていた次男・朝長は父に介錯され、長男・義平は斬罪に処されたが、三男・源頼朝は逃亡中に清盛にとらわれ伊豆に流罪、九男・牛若丸(後の源義経)は母・常盤御前の助命嘆願で成人後、出家するという条件で生命を救われた。

なおこの平治の乱の原因については、長らく

  • 源義朝が保元の乱で最大の活躍をしたにも関わらず右馬権頭(恩賞に不満を述べて左馬頭)となっただけで、播磨守となった平清盛よりも官職が抑えられていた(『平治物語』)
  • 信西が『学者の子は武家の婿には相応しくない』と己の子と義朝の娘との縁談を断りながら清盛の婿としての縁談は承知した(『愚管抄』)
といった義朝の怨恨説が唱えられていた。しかし近年の元木泰雄の研究(『治承・寿永の内乱と平氏』『保元・平治の乱を読み直す』)により、
  • 保元の乱前の義朝の官位は従五位下野守兼右馬助にすぎず一族の多くが上皇方の謀反人として処刑される中での、乱後の左馬頭となって内昇殿を許されるという報酬はむしろ破格。左馬頭は全国の馬の管理全て、言い換えれば武士の生命線たる騎馬の編成に関する全権を持ち、都の治安維持に出動する権限もあり、有力な院近臣が任ぜられる要職である。内昇殿に至っては義家すら許されていない河内源氏初の栄誉であった。内昇殿とは内裏清涼殿殿上の間に昇る権利であり、この権利を持つ人は殿上人と呼ばれ、持たない地下人とは同じ貴族でも明確に身分上区別されたとされる。義家は白河法皇の院御所には昇殿する権利(院昇殿)があったが、院政では身分が低くとも才能次第で院御所への昇殿を許した為、一般には内昇殿の方が格上とみなされていたらしい。さて一方の清盛は乱前から遥かに高位(間には従五位上、正五位下、正五位上、従四位下、従四位上と六段階もの昇進が必要)の正四位下安芸守であり、院方として義朝同様に活躍している。義朝が清盛に匹敵する官職を要求したとは考えにくい。
  • 院側近として公卿(従三位以上)に準ずる信西の子と四位にある平清盛の娘とでは家格の釣り合いがとれているが、五位に過ぎない義朝が持ち出した縁談には元々無理があった。
  • 藤原信頼は奥州藤原氏や平氏とも縁戚関係にあり、父藤原忠隆も従三位にあった実力者、義朝の意のままには出来ない。信頼に味方した源季実源光保らは義朝の部下ではなく、それぞれに源氏の有力者として独立した判断で乱に加勢している。
といった異論が出てきている。少なくとも義朝には、通説の怨恨以外に別の思うところがあって挙兵に参加した可能性はあるといえよう。

関連タグ

源氏 源為義 源頼朝 源義経 源頼政
藤原頼長 藤原信頼 藤原忠通 藤原信西
平家 平清盛
平安時代

NHK大河ドラマ平清盛: 清盛青年期以来のライバルにして宿敵である源氏の棟梁。玉木宏が演じた。

pixivに投稿された作品 pixivで「源義朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17335

コメント