ピクシブ百科事典

中村朝定

なかむらともさだ

鎌倉時代の御家人。源義経と正妻の郷御前の一子。伊達家初代の伊達朝宗の養子。
目次[非表示]

概要

源義経と正妻の郷御前の一子。幼名は千歳丸、経若。藤原秀衡の命を受けた常陸坊海尊が伊達家初代となる伊達朝宗千歳丸を託した。伊達朝宗が亡くなると長男の伊佐為宗によって養育され、中村蔵人義宗と名乗り、後に改めて中村左衛門尉朝定と名乗った。伊達朝宗が築城した中村城の第4代城主となる。

中村朝定の中村城主時代は領民に良く中村領における治水に励み、下野衣川(現在の鬼怒川)よりの水路を勝瓜口(現在の栃木県真岡市勝瓜近辺)より領内への用水路開拓を自らの治世に尽くした。中村の領民は朝定が亡くなった後に中村城近くに朝定を慕い朝定を土人(この地で育ち生きた人という愛慕の意味を込めた)として『中村大明神』を建立し祀った。

晩年は鎌倉幕府が義経の血筋を恐れ伊佐為家の鎌倉舘預かりとし鎌倉の監視下に置いた。中村朝定やその子は八幡宮に奉納するほどの弓の遣い手であった。

関連イラスト

中村朝定に関するイラストを紹介してください。

イラストの再投稿2
チョビマンガ



別名・表記ゆれ


関連タグ

源義経 義経

この記事のカテゴリ

コメント