ピクシブ百科事典

源為義

みなもとのためよし

源義親の四男または弟。保元の乱を崇徳上皇方に属して戦い敗れて刑死した。
目次[非表示]

概要

河内源氏・源義親の四男とされるが弟という説もある。通称は陸奥四郎。左衛門尉の官に就いていたことと六条朱雀の屋敷に住んでいたために「六条判官」と呼ばれた。また為義が棟梁だった時期の河内源氏を六条源氏と言ったりすることもある。

少年期

河内源氏は源義家の死後、四男・源義忠が棟梁となっていた。しかし義忠の継承に不満を持っていた叔父の源義光に暗殺されてしまったため為義がわずか14歳で新たな棟梁となった。棟梁となった為義は義光に唆され義光の兄の源義綱を滅ぼしている。

青年期~中年期

成人した為義は検非違使に就くが犯人を隠匿したり、自ら争いを起こしたりしたために出世できなかった。ある時、海賊征伐に為義か平忠盛のいずれを差し向けるかとの議論が出た際に鳥羽天皇に「為義を差し向ければ西国が壊滅する(意訳)」とまで言われてしまう。その後も伊勢平氏の躍進を尻目にうだつが上がらぬ日々を送った。

壮年期~保元の乱前

鳥羽院の信頼を失った為義は藤原忠実藤原頼長父子の世話になり、その手足として働くことになる。しかしそれでも出世することが出来ず、その間に関東で力を蓄えた長男・源義朝に押されるようになる。義朝を牽制するために次男・源義賢を送るがこれが義朝と藤原信頼(当時武蔵守だった)を刺激し義賢は義朝の長男・源義平に討たれてしまう(大蔵合戦)。
さらに八男の源為朝は勘当先の九州で大暴れしたために、為義は官位を解かれてしまった。

保元の乱

鳥羽法皇の没後、崇徳上皇方と後白河天皇方に別れての戦いすなわち「保元の乱」が発生した。
為義は丁度九州から上京していた為朝や頼賢らの息子たちとともに崇徳方で戦うが、義朝が属した後白河方に敗北してしまう。
その後、為義は義朝の助命嘆願も叶わず信西の命令もあり処刑された。享年は60歳とされる。

関連タグ

小日向文世…2012年大河ドラマ平清盛
為義を演じた。

この記事のカテゴリ

源氏

関連記事

親記事

源氏 げんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「源為義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21

コメント