ピクシブ百科事典

源為朝

みなもとのためとも

平安時代末期の河内源氏の武将。古今無双の弓の名手として知られる。
目次[非表示]

プロフィール

生没:1139年~1170年?
河内源氏の流れを汲む源為義の八男。、母は江口(現在の大阪府大阪市東淀川区にあった歓楽街)の遊女だったとされる。

後述のように桁外れの逸話を数々残し日本史上最強の武士の呼び声も高く、まさに「あんたほんとに人間ですか!?(汗)」と言いたくなるレベルである。

このためか、ネット上ではジャパニーズ呂布とか平安時代のモビルスーツと呼ばれている。

生涯

九州の暴れん坊

幼少期から暴れ者だったが、その乱暴狼藉に手を焼いた父の為義に13歳の時に勘当され豊後国に追放されてしまう。
現地で「鎮西総追捕使」を勝手に名乗り、わずか3年の内に九州を平定する。現地の武士を従えて「鎮西八郎為朝」の通称を奉られる。「筑紫の八郎」と言われることもある。(鎮西も筑紫も九州の別称)。

保元の乱

この蛮勇が香椎宮の宮司によって知らされたことで、朝廷から出向命令を下される。当初は突っぱねていたが、父が自分の蛮勇で職を解任されたと聞き、九州の猛者た28騎のみ引き連れて京へと帰参した。
帰京した時に丁度保元の乱が勃発したことから父と共に崇徳上皇側につき、後白河天皇側に付いた異母長兄・源義朝伊勢平氏平清盛と対戦し鬼神の如き活躍をみせる。しかし、戦には破れ逃亡中に病気になり湯治していたところを捕縛されてしまう。父や他の兄弟たちと違い死罪にならず流罪で済まされ伊豆大島に島流しされた

伊豆大島配流後

九州時代同様に島々で暴れまわり、代官の婿となって伊豆七島を支配する。しかし高倉天皇の時代に追討令を受け北条時政ら関東武士を中心とした追討軍を差し向けられ、長男・為頼を殺害後に自害したと言う。その後、加藤景廉(子孫に遠山金四郎景元がいる)に首を取られた。
日本史上、最初に切腹で果てた武将とも語られている。

為朝、琉球伝説

その一方で、琉球における伝承では実は伊豆から琉球に逃れ、琉球王朝の始祖となったと言われている。
そのため沖縄には為朝ゆかりの地が各地に点在し、彼が運を天に任せて伊豆から辿り着いた港はその逸話から『運天港』と名付けられている。

琉球の正史『中山世鑑』によると、初代琉球王・舜天がこの為朝だという。

これについて、編纂者の羽地朝秀が清和源氏を名乗っていた当時の琉球支配者・薩摩藩の歓心をかおうと執筆したという説もあるが、実はこの中山世鑑は薩摩の琉球遠征前に記された『琉球神道記』(重要文化財)をかなり参考にして編纂されている。

琉球神道記は、陸奥国(福島県)出身の浄土宗袋中上人が、那覇港における信徒に琉球には独自の伝記が無いことから制作を依頼され、琉球各地を周り歴史や伝承を調べ上げて記したものであり、これには為朝が舜天の父であると記述されている。

更にそれ以前にも、京都建仁寺南禅寺などに住した臨済宗の僧・月舟寿桂が、琉球出身の僧である鶴翁智仙から聞いた琉球の情報など記した『鶴翁字銘井序』などの文献に、為朝が琉球に渡り建国の主となるという記述があるという。

これらのことから薩摩が琉球を支配する以前より、琉球には源為朝を始祖とする伝承が存在していたことになるため、彼が琉球王朝の始祖という説は信憑性が高いとされている。

ちなみにこれらのエピソードを曲亭馬琴が翻案した小説が「椿説弓張月」である。

エピソード

主に「保元物語」でいろいろ語られている。

  • 成人男性の平均身長が160センチ前後の時代に身長2mを越えていた。
  • 目尻が切れていて非常に眼差しは鋭かった。
  • 腕も左だけ四寸(12cm)長いと言われ、これが為朝を無双の弓取りとした強さの秘密と云われている。
  • 膂力もずば抜けており大人四人で弓を曲げ残り一人が弦をかける「五人張りの弓」を使用。
  • 清盛の家人・伊藤忠直を射た矢が突き抜け後ろにいた兄の伊藤忠清の袖に刺さった。
  • 射撃精度も高く源義朝の兜の星を射た。
  • 義朝配下の大庭景能の膝を粉砕したが、後年景能は為朝の矢を食らって生き延びたことを自慢のタネにしていた。
  • 天皇方は為朝一人のために攻めあぐね、信西も義朝が提案した火攻めを許可した。
  • 配流時に二度と弓が引けなくなるよう腕の腱を切って力が入らないようにしたにもかかわらず、その後三人張りの弓を引けるまでに快復、しかも腕がさらに二寸ほど伸びてより弓を引きやすくなっていたらしい。
  • 伊豆討伐軍に攻められた時、矢の一撃で300人が乗れるほどの軍船を轟沈させた。
  • 後年織田信長徳川家康に為朝が使用した矢の鏃を贈ったが、家康は槍に仕立てた。ちなみにこの槍はのち中津藩主・奥平家の家宝となり現存している。

フィクションなどでの演者

公式HPの人物紹介で「平安時代のモビルスーツ」と書かれる、以後為朝の代表的キャッチフレーズとなった。また、演じた橋本が大柄なのもあって現場での橋本の通称が「ガンダム」だったとか。ちなみに放つ矢はビームライフル並である。
 

関連タグ

日本史 平安時代 武士 源氏
リアルチート
呂布項羽…前者は弓の達者という点からも例えにされやすい。また保元物語における為朝28騎については、項羽に最後まで従っていた兵が28人だったことによるともされる。

関連記事

親記事

源氏 げんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「源為朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111422

コメント