ピクシブ百科事典

椿説弓張月

ちんせつゆみはりづき

『椿説弓張月』(ちんせつゆみはりづき)は、曲亭馬琴作、葛飾北斎画の長編伝奇小説(ライトノベル)。

概要

『鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月』は、曲亭馬琴(滝沢馬琴)作、葛飾北斎画の読本ライトノベルのようなもの)。江戸時代1807年-1811年刊行。全29巻。馬琴&北斎コンビでは4作目で代表作でもある。ジャンルは伝奇もの、異世界(?)和風ファンタジーバトルもの。

主人公はの名手として名高い源為朝。前半は『保元物語』を下敷きにした一代記、後半は『水滸後伝』を下敷きに、為朝が琉球に渡り琉球王国を再建するまでを描く。為朝自体がチートだが、それに輪をかけて、為朝が仕えた故崇徳院が眷属の天狗を駆使して為朝を助けるチートな活躍ぶりも見どころの一つ。石礫投げの名手や呪詛使いがいたりと異能バトルものの要素も強い。

連載当時人気を博し、絵師により数多くの武者絵が描かれ、歌舞伎化などメディアミックスも行われた。が、後に馬琴が発表した『南総里見八犬伝』に比べると現在では影が薄い。

関連タグ

源為朝 弓矢 平安時代
保元の乱 崇徳上皇 伊豆大島 琉球 琉球王国 舜天
曲亭馬琴 南総里見八犬伝 葛飾北斎 三島由紀夫

pixivに投稿された作品 pixivで「椿説弓張月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893

コメント