ピクシブ百科事典

琉球王国

りゅうきゅうおうこく

現在の沖縄県と奄美群島にあった国。
目次[非表示]

概要

 この国は1429年より1879年まで東アジアの琉球列島( 現在の沖縄県鹿児島県奄美群島 )に存在した国。
 正式国名は琉球國

先史

 琉球においては12世紀ごろから稲作・畑作を中心とした農耕社会に移行、それに伴い農業に適した地に移動するようになった。また、豪族( 按司と呼ぶ )が石垣で囲まれた( グスクと呼ぶ )を築き小国家を形成したとされる。
 なお、伝説の上では天孫氏舜天王統英祖王統などが存在したとされる。
 14世紀においては、これらの小国家が次第に統合され、察度王統が治める中山王国、帕尼芝王統が治める北部の北山王国、大里王統が治める南部の南山王国の3つの国および諸勢力が鎬を削る状況となった。

歴史

 15世紀初めごろ、中山王国の按司であった尚巴志武力によるクーデターにより察度王統を滅亡させ、父親を王位につけ、遷都( 現在の那覇 )を行う。その後北山王国を討伐し、さらに父親の死後南山王国を討伐。これにより沖縄が統一された。
 この王国はそれまで各国が行っていた交易により栄えたものの、王族や按司の勢力が強く、内乱がたびたび発生している。
 その後北方の奄美群島にも手を伸ばすものの、特に喜界島の無理な征伐により王国の力は弱まった。
 1462年、重臣であり、隠棲していた金丸王位簒奪( ただしこれは本人の意思か他の貴族等の意向かは不明 )し、第二尚氏王統に移行。
 この王朝においてはそれまで地方にあった按司を首里に移住および集住させることにより、その力をそぐことに成功している。
 中華王朝のの册封国( 形式上の従属国 )として日本中国東南アジアの貿易拠点の役割を担い繁栄するが、16世紀末には、ポルトガルの影響により東南アジアの貿易が衰退し苦しくなるも、中国との貿易は継続した。
 また、南方の先島諸島( 宮古島等を含む宮古列島石垣島西表島を含む八重山列島尖閣諸島などの総称 )にも積極的に征伐に入り、16世紀初めにはほぼ勢力に収めた。また、北方の奄美群島においても支配を教会している。

薩摩藩

 1609年に徳川幕府との外交上の問題から薩摩藩による征伐( 琉球侵攻 )を受け、その結果として薩摩の附庸国( 実質上の属国 )とされ、さらに奄美群島が王国の支配から切り離される( 奄美にはその後も王府から役人が派遣されていたが、これは明および、あるいは朝鮮向けの表向きなものである )。
 この支配下に置いて支配下、羽地朝秀蔡温らの各種改革により、サトウキビ栽培などの地場産業が発達、空手琉歌( 短詩型の叙情歌謡、、一般的には8・8・8・6の30音からなる形 )などの琉球文化が成熟した。
 現在多くの人がイメージする伝統的な沖縄の文化は、この頃に形成されたものである。
 ただし、これが良い方向に動かなかった面も見られる。
 1853年にペリー来航、その翌年、条約を締結し、那覇は開港される。

琉球藩

 廃藩置県では、いったん鹿児島県の管轄とされたが、その後1872年に日本の「琉球藩」とされたのち、1879年に沖縄でも廃藩置県が行われ( 琉球処分 )、沖縄県が設置された。その際国王は清朝への冊封停止および東京への上京を求められた。ところが国王は拒否したため、日本国は強引にこれ行った。
 これをもって王国の終了とみなす。

関連タグ

沖縄 琉球 琉球征伐

参照

wikipedia:同項目および各種リンク先。

pixivに投稿された作品 pixivで「琉球王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10905

コメント