ピクシブ百科事典

沖縄戦

おきなわせん

主に沖縄本当で行われた地上戦を刺す言葉。
目次[非表示]

沖縄本土決戦

太平洋戦争において硫黄島の戦いに次ぐ日本本土での戦い※となったのが沖縄戦である。日本における史上最大の陸上戦で、戦いに巻き込まれた住民にも大勢の死者を出した。

沖縄戦は「第二次世界大戦における日本唯一の陸上戦」といわれることがあるが、アメリカ軍に対する防衛戦として他に硫黄島の戦い、ソ連に対しての防衛戦として樺太防衛戦・占守島の戦いが行われたため正確な言い方ではない。正確には、「現在も日本が実効支配している地域において、唯一の住民を巻き込んだ地上戦」といった方が正しい。

概要

地上戦の始まる前、昭和19年8月22日には沖縄から長崎へ疎開する学童を乗せた貨物船対馬丸が撃沈され、同年10月10日には那覇市を中心に南西諸島全域が大空襲に見舞われた。地上戦に限定すれば昭和20年3月26日にアメリカ軍が慶良間諸島に上陸したことで始まり、4月1日には沖縄本島に上陸、日本軍の組織的な抵抗は6月20日ないし6月23日に終了した。アメリカ軍の目的は日本本土攻略のための航空基地・補給基地の確保であった。日本軍の目的は、米軍の占領を領域を出来る限り少なくした状態での降伏条件の模索である。
「時間稼ぎに利用した」「見捨てた」「勝手に戦争に巻き込んだ」等、戦後になって好き勝手に罵られている日本軍ではあるが。
日本軍の行った疎開で16万人の命が助かった事
民間人の死者は戦後の餓死者、病死者、事故、老衰も含まれており正確ではない事
3万人近い兵士が見捨てる予定の沖縄の為に本土からやって来て、戦って死ぬわけがない事
戦争に負けた後でなら何とでも言える事

を…踏まえる必要がある

第32軍はサイパンの戦いなどで失敗した水際防御を避け、ペリリューの戦い・硫黄島の戦いで行われた内陸部に誘い込んでの持久戦を基本方針として戦い、特に首里(現・那覇市の一部)北方で激戦となった。海上では大本営の決戦構想に基づき特別攻撃隊を中心とした日本軍航空部隊が攻撃を繰り返し、戦艦「大和」などの日本海軍残存艦隊と連合軍艦隊の間で海戦が行われたほか、飛行場制圧のため陸軍空挺部隊から抽出されたコマンド部隊も投入した反撃が試みられた。上陸後2ヶ月経った昭和20年5月末に連合軍は首里を占領し、日本軍は南部に後退したが6月下旬までに組織的戦力を失い、掃討戦は終戦まで続いた。南西諸島の日本軍が降伏文書に調印したのは、昭和20年9月7日のことであった。

陸海空において日米の大兵力が投入され、両軍最高指揮官が戦死するなど第二次世界大戦における最激戦地のひとつとなった。使用された銃弾・砲弾の数は、アメリカ軍側だけで2,716,691発。このほか、砲弾60,018発と手榴弾392,304発、ロケット弾20,359発、機関銃弾3,000万発弱が発射された。また、地形が変わるほどの激しい艦砲射撃が行われたため、この戦闘を沖縄県では「鉄の雨」や「鉄の暴風(英:Typhoon of Steel)」などと呼ぶ。残された不発弾の処理は、陸上自衛隊第101不発弾処理隊と海上自衛隊沖縄基地隊の手により、現在も継続中である。

沖縄での両軍及び民間人を合わせた地上戦中の戦没者は20万人とされる。日本側の死者・行方不明者は18万8千136人でそのうち3万6千956人が民間人と言われている。
近年は不正確な数字が発表され、民間人の被害を多く見積もり反戦運動に利用する動きが有るので注意。
日本側の負傷者数は不明。アメリカ軍側の死者・行方不明者は12,520人で、負傷者72,012人であった。


背景

日本軍の戦略
アメリカ軍の沖縄上陸作戦計画図
昭和19年に入りトラック島空襲などアメリカ軍の太平洋正面での反攻が本格化してくると、マリアナ諸島などを前線とする絶対国防圏での決戦を構想していた当時の日本軍は、後方拠点として南西諸島の防備に着手した。
昭和19年2月に日本陸軍は沖縄防衛を担当する第32軍を編成、司令官には渡辺正夫中将が任命された。もっとも、この時点での第32軍の主任務は飛行場建設であり、奇襲に備えた警備程度の兵力であった。同年4月には、海軍も沖縄方面根拠地隊を置いたが、その司令官は九州・沖縄間のシーレーン防衛を任務とする第4海上護衛隊司令官を兼務し、防衛戦力というより後方組織としての性格が強かった。

日本軍が本格的に沖縄地上戦の準備に取り組んだきっかけは、昭和19年7月に絶対国防圏の要であるサイパン島が陥落したことであった。(ミッドウェー海戦)
大本営は、捷二号作戦を立案して沖縄周辺海上での航空決戦を企図するとともに、陸上の第32軍の増強にも着手、本土や台湾への民間人疎開も開始した。
沖縄本島に3個師団(甲編成は7,000~9,000人、乙編成は6,000人程度)・1個旅団(4,000人程度)を置いたほか、宮古島などにも1個師団・4個旅団が展開した。軍首脳部の人事も一新して新司令官には牛島満中将を任命、砲兵を統括する第5砲兵司令部も置かれ、その司令官には砲兵の権威だった和田孝助中将が充てられた。第32軍は敵上陸時に主力を機動させての決戦を目論見、砲兵部隊に援護された精鋭3個師団で水際からアメリカ軍を追い落とせると自信を深めた。ただ、増援の独立混成第44旅団が乗った軍隊輸送船「富山丸」がアメリカ潜水艦に撃沈され、4000人近くが死亡、到達したのは約600人という、先行きを不安視させる事件も起きた。

昭和19年10月レイテ島の戦いが起きると、状況は変わった。
11月13日、大本営および第10方面軍司令部は、レイテに転用された台湾駐留部隊の穴埋めのため、第32軍の反対を押し切って沖縄から1個師団を抽出することを決めた。
その結果、第32軍で最も練度の高い第9師団が昭和19年12月中旬から翌20年1月中旬にかけて台湾へ移動し、第32軍は兵力の三分の一近くを失った。大本営は、昭和20年1月22日に補充のため第84師団の沖縄派遣を内示したが、宮崎周一作戦部長の判断で翌日には撤回した。こうした経緯から第32軍は大本営に不信感を抱き、その後の作戦に支障をきたした。他方、大本営の戦略的見地から見ると、当時の状況からは台湾を経由しての中国南部上陸も予想されており、台湾の喪失はひいては南方との考えうる唯一の補給線にも影響するため、台湾の防衛も重要だった。また、補充部隊を送るにも海上輸送中に消耗する危険が大きく、本土決戦用に温存すべきとの見解も強かった。

第9師団の抽出を受けて、第32軍は昭和19年11月に作戦方針を大転換し、機動決戦を断念して本島南部での持久戦を行うことにした。本島中部に配置されていた第24師団を南部に移動し、北部・中部の飛行場は小部隊による遅滞防御と砲撃による利用妨害程度にとどめることを決めた。
昭和20年1月下旬には南部にさらに戦力を集中させている。一方、大本営は天一号作戦を定めて、沖縄へ来攻するアメリカ軍を航空戦力主体で迎撃して大打撃を与え、終戦に持ち込もうとする全く異なった戦略を考えていた。そのため、大本営は飛行場確保を重視して第32軍に作戦変更を要求したが、第32軍は応じないままアメリカ軍を迎えることになった。

なお、南部での持久戦構想を固めた第32軍は、昭和20年に入って沖縄上陸が必至の情勢となった時点で、島内に残っている老幼婦女子を非戦闘地域と予定した北部山岳地帯へ半強制的に疎開させようとした。その目的は、非戦闘員が戦闘の支障にならないようにすることと、民間人を巻き込んだ玉砕を防ぐことにあった。多くの人々はわずかな食糧と身のまわりの品を持って避難をしたが、それでも激戦地となるであろう中南部には数十万人の住民が避難せず踏みとどまっていた。これは、台湾沖航空戦における「大勝利」の誤報による影響が大きいとされる。

沖縄戦の経過

昭和19年7月 サイパン陥落
昭和19年8月22日 沖縄から長崎へ向けて航行していた疎開船団のうち、対馬丸が撃沈
昭和19年10月10日 那覇市を中心に大空襲(10・10空襲)
昭和20年3月26日 アメリカ軍が慶良間諸島に上陸
昭和20年4月1日 アメリカ軍が沖縄本島に上陸
昭和20年6月23日 日本軍の組織的な抵抗が終了するも、各地で戦闘が続く
昭和20年6月26日 アメリカ軍が久米島に上陸
昭和20年8月15日 ポツダム宣言受諾
昭和20年9月2日 日本が降伏文書に調印
昭和20年9月7日 南西諸島の日本軍が降伏文書に調印、沖縄戦が正式に終結

地域別の状況

沖縄本島

昭和20年4月1日に中部西海岸からアメリカ軍が上陸、島を南北に分断する形で侵攻し、1カ月でそのまま北部を制圧した。その後、首里の防衛ラインで最も激しい戦闘が繰り広げられ、日米双方に多大な損害が出た。
第32軍参謀八原博通大佐主導のこの陣地に篭っての守備に徹した持久戦戦法はアメリカ側を大いに梃子摺らせ、また沖縄で初めて組織的で大規模な日本軍の砲撃を受けた事も兵士達に大きなショックを与えたという。対して日本側でも矢面に立つ第62師団の損失ペースが予想を上回る激戦であり、ジリ貧状態に陥る焦燥を覚えた第32軍参謀長長勇中将主導の一大反攻に繫がったとも言う。
しかしその反撃は失敗に終わったばかりか、今まで予備で健在であった第24師団が壊滅状態となり、更には砲兵の弾薬大半を消費する事となり、首里防衛ラインでの日本軍の抵抗を衰えさせる結果となった。
その後、首里の陥落が決定的になると日本軍は司令部を南部の糸満市摩文仁に移して抵抗をつづけた。

慶良間諸島

沖縄本島での戦闘が始まる前、昭和20年3月26日にアメリカ軍が阿嘉島と座間味島に上陸、翌27日には渡嘉敷島に上陸した。慶良間諸島では住民の集団自決が発生した。
「自決は日本兵が強制した」とする声もあるがその証拠は無く、それどころか「無かった」とする証言の方が多く出ている。
東京で無慈悲に民間人を殺害したアメリカを見るに、捕虜になる事がどれだけ恐ろしかったかは想像に難くなく、これが主に原因と考えられる。
【日本よ悪しかれ】の戦後プロパガンダを信じる人は未だに多い。

久米島

沖縄本島での日本軍の組織的な抵抗が終了した後、昭和20年6月26日にアメリカ軍が上陸した。大規模な戦闘は発生しないままにアメリカ軍は占領を完了した。久米島での戦闘においては日本軍による住民虐殺が他地域に比べて際立っていたことが挙げられる。この住民虐殺についてはポツダム宣言を受諾した8月15日以後も行われていた。当時久米島を守備していた日本軍の隊長は戦後の取材でこの事件について認めており、また、この事件に関しては、「良心の呵責もない」と述べている。

先島諸島

宮古島や石垣島などの先島諸島では、アメリカ軍は上陸せず、地上戦は行われなかったが、イギリス艦隊による艦砲射撃が猛威を振るった。また住民はマラリア発生地へ強制疎開させられたため、戦闘よりもマラリアで命を落とす住民が数多く発生した。

沖縄戦終結・米軍統治下の時代から本土復帰まで

太平洋戦争終結後、日本は連合国の占領下におかれたが、サンフランシスコ講和条約で独立を回復した。しかし、琉球列島は小笠原諸島と共に日本の施政下から切り離されることとなる。琉球列島のうち、奄美群島は1953年に本土復帰、また小笠原諸島は1968年に本土復帰を果たす。

沖縄戦終結直後の沖縄は焦土と化した状態で、社会インフラはことごとく破壊された。沖縄戦を生き残った人たちは自らのことを「艦砲ぬくえぬくさー(艦砲の喰い残し、つまり自分たち以外は全て破壊されてしまったという意味)」と呼んだ。米軍統治下の沖縄ではインフラの復興が急速に進められたものの、米軍基地拡張のため土地接収も行われた。
県民は被害者面をしているが、戦争に負けたので当然である。日本が勝てばアメリカに同じようにしたであろうに。

米軍統治下の沖縄は当然、日本国憲法の及ばない地域だった。また、朝鮮戦争、ベトナム戦争といったアジア方面でのアメリカ軍の作戦のため、沖縄各地にあった(沖縄戦中に日本軍の基地を占領して建設した)米軍基地は強化され続けた。沖縄の米軍基地は戦地へと出撃するための、最前線に最も近い基地であり、特にベトナム戦争時には軍人の数は激増した。アメリカ軍は沖縄を「太平洋の要石」と位置付けていた。

アメリカ兵の犯罪や事故が急増し、凶悪犯罪を犯した兵士も裁判で無罪や軽い罪になることがほとんどであり、沖縄の人々の人権はまさに蹂躙されているありさまだった。そんな中、本土復帰を実現するための運動が繰り広げられた。そのような運動が実り、1972年5月15日、ついに沖縄は本土復帰を遂げた。しかし、米軍基地の多くは残されたまま(当時の復帰運動は、米軍基地を全面返還したうえでの本土復帰を目指したものだった)となり、これが現在まで続く問題となっている。

沖縄県の特に年配の人で、自衛隊が嫌いというのは沖縄戦の日本軍のイメージ、アメリカ軍が嫌いというのは米軍統治下における時代の影響がとても強い。
…と言うのは戦後作られた印象で、実際は年配の人程日本兵を実に尊敬し、アメリカとの関係の前進を好ましく受け取っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「沖縄戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20135

コメント