ピクシブ百科事典

対馬丸

つしままる

対馬丸とは、かつて日本にあった貨物船。
目次[非表示]

日本郵船が所有していたT型貨物船で、1912年に進水。
1941年に日本陸軍に徴傭されている。

日本では太平洋戦争中の学童疎開船として使われ撃沈された悲劇で知られている。

事件の概要

1944年に政府から来る本土決戦に備え沖縄の子供達を日本の内地に疎開させるよう沖縄県知事に指示がでていた。同年8月20日、対馬丸は他の輸送船和浦丸・暁空丸、護衛艦の宇治・蓮とともに那覇を出港し長崎に向かっていた。
乗っていたのは多くが国民学校(現在の小学校)の生徒やその介助者などの一般人1600人余りであったが、軍属も多数乗船していた。また、この船団は学童疎開の第1陣だった。
8月22日の深夜22時すぎ、悪石島付近の海域でアメリカ海軍の潜水艦「ボーフィン」に魚雷攻撃を受け、老朽化していた対馬丸は速度が出せなかったため逃げ切れずに直撃され、わずか11分後に爆発して沈没してしまった。

同じ船団の他の船は二次災害防止の観点から救助を諦めて先に逃げ、避難する時間も限られていたため多くの乗客が脱出できず死亡。また折悪しく天候も悪く海も荒れており船外に脱出した者も多数が死亡し、かろうじていかだに乗って助かった者達は付近の島等に流れ着き、最長10日漂流した者もいた。また近辺の漁船に救出された者もいたが、結局乗員・乗客合わせて名前が判明しているだけで1,476名が死亡した。出港直前になって乗船を取りやめたり、その逆に乗船を決めた人もいたため、正確な乗船者と犠牲者の数は不明である。
救助された者の一部は沖縄に返され、軍から箝口令が敷かれたが徐々に噂が広まり知られるようになっていった。

戦後遺族会が組織され1997年に海底に沈んでいた対馬丸本体が発見されたが引き揚げは困難な場所であった。また、ボーフィン号の乗組員と対馬丸の生存者が2004年に対面しており、その時にボーフィン号の乗組員側は子供が乗船していたことを知らなかったと語っている。

太平洋戦争中に南西諸島付近の海域で撃沈された輸送船は兵員輸送や定期客船航路も含めて数多い。ただ、政府や沖縄県が主導した疎開(民間人が独自に行ったものは含まない)では撃沈されたのは対馬丸のみである。

作品化

アニメ

  • 対馬丸 さようなら沖縄

大城立裕原作。1982年にシネマワークにより制作。但し登場人物の設定は実在の証言を元にしたフィクションであり、一部原作者が事実関係などを間違えていた部分が訂正されず映像化されている(対馬丸の行き先が鹿児島になっている。正しくは前述の長崎。対馬丸の塗装が戦時警戒色となっていないなど)ため注意。

キャラクター


関連タグ

みんなのトラウマ 太平洋戦争 海難事故

外部リンク

対馬丸記念館

pixivに投稿された作品 pixivで「対馬丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7616

コメント