ピクシブ百科事典

三菱

みつびし

菱形を3つ三角形に並べたマーク(スリーダイヤ)。三菱グループ、三菱鉛筆などが企業ロゴに使用。
目次[非表示]

曖昧さ回避


三菱グループ

日本企業グループ
戦前は日本経済において大きな勢力をなした財閥であり、三井住友とともに三大財閥に数えられる。

三井や住友が江戸時代からの古い歴史を持つのに対し、こちらは明治時代に創業された比較的新しい財閥。
土佐藩出身で低い身分に生まれた岩崎弥太郎が商才を発揮してのし上がり、明治維新後に三菱商会を設立し、海運や鉱山経営などに進出。持ち前のリーダーシップで、徒手空拳からたった一代で財閥の基礎を作り上げた。

三菱マークは前身の九十九商会船旗号として採用した三角菱が原型。これは岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」に由来し、後に社名を三菱と定める機縁となった。

構成企業はいずれも一流で業種も幅広い。
個人消費レベルでも、例えば…

明治安田の生命保険に入ったあるサラリーマンの通勤のアシは東京海上の自動車保険を掛けたeKワゴン。仕事帰りにはENEOSで給油しDCカードでお支払い。家に帰ったらビーバーエアコンの備え付けられたお部屋でローソンで買った一番搾り片手にREALレッズの試合を観て、バーベイタムのBD-Rに録画する。休みの日、お出かけ先ではCoolpixで記念撮影。」

…日本中どこの家庭にあってもおかしくない光景である。
つまり日本で暮らす以上三菱から逃れることは不可能といって過言ではない。
キリンニコン東京海上、旧DCカード日本郵船JXローソンなどのように他系列とくっついたり何らかの経緯でグループ入りしたりするなど三菱ブランドを冠さないグループ企業もある。
pixiv上では自動車メーカー三菱自動車または三菱ふそうを指すタグとしての使用が多い。
政商から世界有数の巨大コングロマリットとなり、軍需産業にも深く関わっていたため死の商人扱いされる事もあった。(→三菱重工爆破事件

デジタル関連のグループ企業
三菱ケミカルメディア(旧名称は三菱化学メディア)(アイ・オー・データ機器と販売代理店として契約している)
光ディスクなどのメディア、ストレージ製品はバーベイタムと言う自社ブランドで販売している。のちに2020年以降には販売権、自社の各種(ストレージメディアのみ)特許を株式会社バーベイタムに移管されバーベイタムブランドは独立した。


「三菱」の商標

鉛筆製造の三菱鉛筆、熊本県の弘乳舎が販売していた三菱サイダーは「三菱」の名前とロゴを使用しているが、三菱グループとは、一切の資本・人的関係がない。
これは、三菱グループが商標登録するよりも早くからこの商標を用いており(鉛筆が1903年、サイダーが1919年)、三菱グループにはその使用を差し止める事が出来ないためである。

なお、三菱グループではホームページ上で「三菱」が社名につく会社の一覧(外部リンク)を公開しており、この一覧表はグループ内で「三菱」がつく会社を、子会社・孫会社等・海外合弁会社にいたるまで漏れなく表示している。つまり、この表にない「三菱」がつく企業はグループ外である。

「城東交通株式会社」として設立された大阪府のタクシー会社は、三菱グループのブランド・イメージにタダ乗りする形で「三菱タクシー株式会社」に商号を変更して1960年に営業開始。1970年、「三菱ハイタク事業協同組合」を設立し、三菱タクシーグループを形成。
2010年、訴訟では争えないと判断した三菱グループが、三菱タクシーグループに社名変更の対価2億円を支払い、「未来都タクシー」に社名変更した。

関連イラスト

ミツビシミテカラ!



関連タグ

ミツビシ MITSUBISHI表記揺れ
財閥 岩崎弥太郎 三菱グループ
キリンホールデングス(キリンビール/麒麟麦酒キリンビバレッジ協和発酵キリン)
三菱重工業
三菱自動車(←三菱重工) - 浦和レッズ/浦和レッドダイヤモンズ
三菱ふそう(←三菱自工←三菱重工)
三菱東京UFJ銀行 三菱UFJニコス(旧DCカード・旧UFJニコス) 明治安田生命(旧明治生命)、東京海上日動火災保険(旧東京海上)
JXTGホールディングス(JXホールディングス←ENEOS←日石三菱←三菱石油)
三菱電機 ニコン(旧日本光学) アイ・オー・データ機器 JVCケンウッド(現在は、株式会社バーベイタムと販売契約) Vrbaitme(かつての三菱ブランド)
三菱商事 日本郵船 丸の内 ローソン

関連記事

親記事

企業 きぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「三菱」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「三菱」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1245330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました