ピクシブ百科事典

ニコン

にこん

カメラ・レンズを初めとする光学器械の製造で知られる会社名および同社のブランド名称である。
目次[非表示]

解説

日本における光学器械の生産を主力とするメーカーである。
一般にはカメラ(特に一眼レフ)で知られ、pixivでもカメラに関連したイラストが掲載されることが多いが、元来はレンズを初めとする光学器械の生産が主力である。双眼鏡やメガネ用レンズといった身近な物から、産業界では半導体の製造に必須である半導体露光装置の製造を手がけ、さらには天体・宇宙分野の各種観測機器の開発なども手がけている。

歴史

歴史は1917年(大正6年)の日本光学工業株式会社までさかのぼることができる。
発足間もない頃は官民共同で光学ガラスの製造研究を行い、光学器械の国産化を進めた。その後も航空写真のレンズや双眼鏡・望遠鏡及び測距儀を初めとした、主に官需品の製造が主力であったが、終戦に伴い民需品生産を主力として転換することとなり1945年(昭和20年)のレンジファインダー機のニコンI型から一般向けのカメラメーカーとしての歴史が始まった。

1917年(大正6年)7月25日付で日本光学工業株式会社として設立
1918年(大正7年)大井第二工場において光学ガラスの製造研究が開始される
1932年(昭和7年)現在もレンズのブランド名として使用されている「NIKKOR」を商標登録
1941年(昭和16年)戦艦大和・武蔵の測距儀が完成
1945年(昭和20年)終戦後の処理に伴い、制限会社に指定される
同年「Nikon」商標登録・ニコンI型発表
1950年(昭和25年)ニコンS型発売
1959年(昭和34年)ニコンF発売 同社の一眼レフカメラを代表する存在となる
1971年(昭和46年)アポロ搭載用のカメラをNASAより受注 以降宇宙用のカメラを提供する
1988年(昭和63年)社名を「株式会社ニコン」に変更する
1995年(平成7年)レンズ交換式デジタルスチルカメラE2/E2sを発売(富士写真フイルムと共同開発・現在のDシリーズとは別物)
1997年(平成9年)デジタルカメラCOOLPIX 100発売 現在のコンパクトデジタルカメラCOOLPIXシリーズの初代
1999年(平成11年)レンズ交換式デジタルカメラD1発売 現在のデジタル一眼レフカメラDシリーズの初代
2006年(平成18年)フィルムカメラ製品が大幅に整理され、以降デジタルカメラに注力する
2011年(平成23年)レンズ交換式アドバンストカメラ(いわゆるミラーレス機) Nikon 1シリーズを販売

詳細は同社サイトの企業年表を参照のこと。

宇宙・天体関連

1971年(昭和46年)のNASAからのカメラ受注以降、たびたび宇宙用のカメラをNASAに納品しており、アポロ計画の後のスペースシャトルや、現在運用中のISS(国際宇宙ステーション)内にも同社のカメラやレンズが多く搭載されている。
初めは宇宙用に多くカスタマイズされた専用品が使用されたが、現在ISSで使用されている製品は基本的に市販品と同等の物である。(ただし宇宙空間で使用する船外活動用のカメラは潤滑油をNASA指定品のものに置き換えている)



また、製品としてのカメラ以外にも、ハワイにある国立天文台のすばる望遠鏡に使用されている微光天体分光撮像装置(FOCUS)、HDS(高分散分光器)を担当したほか、以下のJAXA開発の衛星搭載の観測機械を開発するなど、宇宙・天文分野との関係は深い。

  • あかり(ASTRO-F)搭載の赤外線望遠鏡
  • だいち(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)光学系

詳しくは技術フロンティアのページを参照のこと。

ライバル

主に一眼レフのシェアにおいてキヤノンとの競争は国内外でもよく語り草になり、某掲示板でも「ニコ爺」「キャノネット」などと言い合う場面は珍しくない。(もっとも某「ゲハ」に比べればだいぶマシではあるが)
ジャンルによってどちらが主流かは傾向も違い、報道(パパラッチ含む)はニコンが多く、スポーツ取材はキヤノンが多いと言われているがこれも新製品や両社の営業の動向で変動が多少はある。ニコンの方が所謂「カリカリ」の仕上がりになることが良い題材(建物の風景写真等)向きとは言われているが、これもカメラマンの腕次第である。
特にオリンピックの場面においてカメラマン席の「白レンズ(キヤノン)と黒レンズ(ニコン)の割合」は大会の度に国内外の掲示板やフォーラムでも話題になる。

そういった事情を反映しているわけではないが、二社のカメラでは次の操作をするときに、ダイヤルや操作リングなどの回転方向が全て逆方向となっている。

  • フォーカスリングの最短距離→無限遠の回転方向
  • ズームレンズで広角端→望遠端にズームするときの回転方向
  • カメラ本体とレンズを脱着する時のレンズの回転方向
  • 露出補正時のダイヤルの回転方向 (※デフォルト設定時)

いくらライバルだからといっても、ここまで反目することは...と思われるが、実は両社がカメラを作り始めたとき、ニコンがCONTAXの流儀に、キヤノンがLeicaの流儀にあわせたのが発端である。ドイツの老舗カメラ二社の因縁が図らずも未だに日本で受け継がれる形となっているのは興味深い。


関連タグ


参考リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコン」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80286

コメント