ピクシブ百科事典

ニコンF

にこんえふ

日本光学が1959年に発売した同社初の一眼レフカメラ
目次[非表示]

概要

レンジファインダーカメラのニコンSシリーズのセールスは好調であったが、レンジファインダーカメラには構造上超望遠レンズや近接撮影に難があった。一方で一眼レフカメラはミラーを内蔵するが為にレンズの設計に大いに制約がかかることがあった。
1954年、ドイツのエルンスト・ライツは新しいレンジファインダーカメラのM3を発表。その精緻なる構造はニコンを含め日本のカメラメーカーをレンジファインダーが撮れないものが撮れる一眼レフへと方向転換させるには充分すぎるものだった。
日本光学はレンズ設計上の制約や当時の一眼レフにおいて嫌われる要因であった脆弱性などを克服し1959年に同社初の一眼レフカメラとしてニコンFを発売した。

構造

先に発売されていたレンジファインダーカメラのニコンSPのボディを半分に切断しミラーボックスを埋め込んだものと言われている。シャッターダイヤルの周囲や理不尽な場所にあるシャッターボタン、完全に外れる裏蓋などをそっくりそのまま継承し、逆にそれ以外の場所にはあまり手が加えられた形跡がない。
ファインダーやスクリーンは脱着可能で撮影条件に応じて最適なものに交換できた。AF全盛の現在では想像し辛いかもしれないがレンズの焦点距離や明るさによってスクリーンを交換できることは大いに助かることである。
レンズは交換式で新たにニコンFマウントが設計された。これは現在までニコンの一眼レフカメラに採用され続けられる規格となった。

評価

ニコンFは優秀なレンズ群と豊富なオプションによって、従来プロの現場で用いられていた中版、大判カメラを追いやるに至った。特に東京オリンピックやベトナム戦争の最前線で活躍しその名を大いに轟かせ、職業写真家=一眼レフのイメージの形成に成功した。
しかしながら、使用者の評価は別れるところで、前述のとおり理不尽な場所にあるシャッターボタンやストロボを外さないと操作できない巻き戻しクランク、完全に分離してしまう横開き式より明らかに不便な裏蓋など今ひとつ煮詰まっていない点が無いわけでもなかった。
それでも、堅牢性や豊富なオプションによる拡張性は良好と皆評価が一致するところであり1971年に後輩たるF2が発売されるまで、あらゆるクレームに耐えながらも改良を続け12年もの間販売された。

関連イラスト



別名・表記ゆれ

Nikon・F NikonF

関連タグ

一眼レフ カメラ ニコン

この記事のカテゴリ

カメラ 機械 道具

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコンF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183

コメント