ピクシブ百科事典

一眼レフ

いちがんれふ

カメラの一種。二眼レフやファインダーが別となっているカメラと異なり、ファインダーに写る像は撮影用レンズからの像となっている。

撮影用レンズからの像をファインダーにも写すカメラ。その機構ゆえにレンズの交換が容易に利き、ピント合わせや絞りの調節の状態がわかり易い。一般に高級機に多い。

従来はシャッターを切る際に、像をファインダーに導く鏡がそのままではフィルムや撮像素子に像が写らないため、シャッターを切っている間のみ鏡を畳んでいたが、近年はファインダーに像を導く鏡をハーフミラーにしたり、デジタルカメラでは撮像素子からの映像をファインダー内の超小型モニタに写すもの(ビデオカメラのファインダー(本体に畳んであるモニタのほうではない)と同じようなもの)があり、シャッターを切っても像が消えないものがある。

銀塩、デジタル一眼共に、一眼レフの特徴ゆえフルオートでは望んだ撮影ができないこともあるため、撮影機能には大抵マニュアル機能(手動設定が可能)が装備されていることが多い。

フィクションでは、学園もので写真部新聞部がよくぶら下げている光景を目にする。ただ決して安いものではないので(10万円を超えるものは珍しくない)、現実世界では必ず備えてあるとは限らない。

関連タグ

カメラ デジタルカメラ

pixivに投稿された作品 pixivで「一眼レフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499009

コメント